岩村田藩

内藤家

武蔵赤松より 1万5千石  
譜代 菊間 陣屋→城主格

内藤忠政の三男内藤正次は別家を立て、当初500石からスタートし、家綱の傅役となって度々加増あって2千5百石、さらに5千石となった。子の内藤政勝(まさかつ)が1千石、さらに1万石を加増され、諸侯に列し、当初武蔵赤松に立藩した。正勝の子の正友の時、信濃岩村田に転封となって、岩村田藩が成立する。

内藤正友は一旦、大坂定番となって近畿に所領を移されるが、子の政敬が戻った。

六代の内藤政縄は老中水野忠邦の実弟であった関係で、伏見奉行となって、その功労で陣屋を城主格に上げられた。

徳川譜代大名となった内藤家は内藤義清の子、清長、忠郷の兄弟から出ており、岩城平→日向延岡、湯長谷、三河挙母、越後村上の各藩の祖は清長、信濃高遠、信濃岩村田の内藤家は忠郷に繋がる。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤正友(まさとも)

従五位下 式部少輔
内藤正勝の子

二代

内藤正敬(まさゆき)

従五位下 下総守
内藤正友の長男

三代

内藤正弼(まさすけ)

従五位下 美濃守
内藤正敬の長男

四代

内藤正興(まさおき)

従五位下 志摩守
内藤正弼の長男

五代

内藤正国(まさくに)

従五位下 美濃守
肥前唐津藩主水野忠鼎の四男

六代

内藤正縄(まさつな)

従五位下 豊後守
肥前唐津藩主水野忠光の三男 水野忠邦の実弟にあたる

七代

内藤正誠(まさあきら)

従五位下 志摩守
内藤正縄の子正義の子

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.