飯山藩

皆川家→堀家→佐久間家→松平(桜井)家→永井家→青山家→本多家

家康は六男の松平忠輝に皆川広照を傅り役として付属させていたので、忠輝が信濃松代(川中島)に入封するに従って、皆川広照が信濃飯山に配され、立藩するが改易。

越後春日山-福島にあった堀家宗家の家老の地位を巡って堀直清、堀直寄の兄弟が争い、直寄が勝って、直大名として、信濃飯山に4万石を得る。越後長岡に転封。

近江小河から佐久間安政が入って3代継ぐが、無嗣改易。

遠江掛川から松平(桜井)忠倶が入って、忠喬に継ぎ、掛川に戻る。

播磨赤穂から、浅野家改易の後に赤穂に入っていた永井直敬が入るが、武蔵岩槻へ転出。

摂津尼崎から青山幸秀が入るが、丹後宮津へ。

越後糸魚川から本多助芳が入って、その後は本多家の支配で、幕末に至る。

本多家は数多くの大名家を出すが、本多忠勝系と、本多正信系は松平家随身以前に遡らないと家系は繋がらない。糸魚川の本多家の祖は本多広孝で、家系から言うと正信に近いが、有名な忠勝、正信とも別で、松平家への随身は非常に古く、家康の4代前の松平長親の代に本多秀清が仕えた。
本多広孝は家康の幼いときから付き従い、三河岡崎で5万石を得た。


歴代藩主

皆川家

1万石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

皆川広照(ひろてる)

従四位下 山城守
皆川俊宗の二男

松平忠輝に連座し改易、のち常陸府中に

堀家

新知 4万石  
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀直寄(なおより)

従五位下 丹後守
堀直政の二男

越後長岡へ

佐久間家

3万石  
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

佐久間安政(やすまさ)

従五位下 備前守
佐久間盛次の二男

二代

佐久間安長(やすなが)

従五位下 日向守
佐久間安政の二男

三代

佐久間安次(やすつぐ)

なし
佐久間安長の長男

無嗣改易

松平(桜井)家

遠江掛川より 4万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(桜井)忠倶(ただとも)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠重の長男

二代

松平(桜井)忠喬(ただたか)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠倶の子忠継の二男

遠江掛川へ

永井家

播磨赤穂より 3万3千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直敬(なおひろ)

従五位下 伊賀守
永井尚庸の長男

武蔵岩槻へ

青山家

摂津尼崎より 4万8千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山幸秀(よしひで)

従五位下 大膳亮
青山幸督の長男

丹後宮津へ

本多家

越後糸魚川より 2万石→3万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多助芳(すけよし)

従五位下 若狭守
当家先々代三河岡崎藩主本多忠利の子本多助久の二男。 本多助久は当家先代の遠江横須賀藩主本多利長の庶兄。

二代

本多康明(やすあきら)

従五位下 豊後守
本多助芳の三男

三代

本多助有(すけもち)

従五位下 伊勢守
本多助芳の四男

四代

本多助盈(すけみつ)

従五位下 相模守
旗本本多左京利紀の長男

五代

本多助受(すけつぐ)

従五位下 豊後守
本多助有の子助之の子

六代

本多助賢(すけとし)

従四位下 豊後守
美濃大垣藩主戸田氏教の二男

七代

本多助実(すけざね)

従五位下 伊勢守
本多助受の三男

八代

本多助成(すけしげ)

従五位 伊勢守
本多助実の長男

九代

本多助寵(すけたか)

なし
本多助実の八男

十代
(再勤)

本多助実(すけざね)

従五位下 伊勢守
本多助受の三男

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.