飯田藩

小笠原家→脇坂家→堀家

下総古河から、小笠原秀政が入って、5万石を領し、飯田藩が立藩。
秀政は信濃松本へ。

幕領となったのち、伊予大洲より脇坂安元が5万5千石で入り、安政に継いで、播磨竜野へ。

下野烏山より堀親昌が2万石で入って、以降は十二代、堀家の支配となる。

飯田の堀家は豊臣大名、堀久太郎秀政の二男親良にはじまる。

大名としての堀家は、他に越後村松藩、信濃須坂藩、越後椎谷藩があるが、これら三家はいずれも堀秀政の家老であった奥田直政が堀姓を与えられ、その堀直政の子達に連なる藩で、堀宗家の流れを受け継ぐのはこの飯田の堀家だけである。一時は上杉家の後の越後一国を任された堀家も堀秀政の長男、堀忠俊は改易されてしまっており、二男親良の家系がこの飯田2万石に細々と残るのみとなるのである。

堀家十代の堀親しげは水野忠邦首班の幕閣で、外様ながら奏者番、寺社奉行、若年寄、老中格となり、辣腕を振るう。7千石の加増を受け、2万7千石となるが、この水野ベッタリが災いして、忠邦失脚の波をかぶって、1万石減らされ、1万7千石の元の黙阿弥以下となる。


歴代藩主

小笠原家

下総古河より 5万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原秀政(ひでまさ)

従五位下 兵部大輔
小笠原貞慶の長男

信濃松本へ

脇坂家

伊予大洲より 5万5千石  
外様→譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

脇坂安元(やすもと)

従五位下 淡路守
脇坂安治の二男

二代

脇坂安政(やすまさ)

従五位下 中務少輔
武蔵川越藩等藩主堀田正盛の二男

播磨竜野へ

堀家

下野烏山より 2万石→2万7千石→1万7千石
外様→譜代格 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀親昌(ちかまさ)

従五位下 美作守
堀親良の長男

二代

堀親貞(ちかさだ)

従五位下 周防守
堀親昌の長男

三代

堀親常(ちかつね)

従五位下 周防守
近藤織部重信の長男

四代

堀親賢(ちかかた)

従五位下 大和守
初代堀親昌の弟堀親知の子堀外記某の子

五代

堀親庸(ちかのぶ)

従五位下 若狭守
堀親賢の長男

六代

堀親蔵(ちかただ)

従五位下 大和守
堀親賢の二男

七代

堀親長(ちかなが)

従五位下 大和守
堀親蔵の長男

八代

堀親忠(ちかただ)

従五位下 山城守
堀親長の長男

九代

堀親民(ちかたみ)

従五位下 大和守
堀親長の四男

十代

堀親■(ちかしげ)

従四位下 大和守 侍従
堀親長の五男

十一代

堀親義(ちかよし)

従五位下 石見守
堀親しげの二男

十二代

堀親広(ちかひろ)

従五位下 美濃守
藩祖堀親良の三男の親泰の曾孫堀親因の子

十代ちかしげの「しげ」は第二水準外。ウ冠に「王」を書きその下に「缶」

信濃の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.