福井藩

越前福井藩はご家門筆頭。秀忠の兄、家康の二男結城秀康に始まり、将軍家にとっても、御三家から見ても兄筋にあたる親藩家門の重鎮である。

もともと北庄で、福井(最初福居)と名を改めるのは秀康の二男松平忠昌が越後高田から入ってからだが、当欄では便宜上、北庄時代から一括して福井藩として掲載する。

御家門筆頭と祭り上げられていたとはいえ、藩主に恵まれず、幕府から意図的に力を弱められた感もあるが、代々石高を減らしていく。福井藩史は、なかなか一筋縄ではいかない。

当初、結城秀康は長幼に順の通り、御三家を上回る68万石で封じられたが、綱昌の代に藩主病弱の故を持って、一旦所領を召し上げられ、吉品は25万石で再封される。その後、漸次加増はあるが、最終的に32万石。水戸藩の35万石を下回ったのは単なる偶然ではあるまい。

結城秀康は徳川家康の二男として生まれるが、容姿が醜いとして家康に嫌われ、認知を得られない。長じてから長男の信康の取り成しで、父子対面を果たす。

豊臣秀吉に請われて、秀吉の養子となり、片諱をもらって羽柴秀康と名乗る。関東の名族結城晴朝が嗣子を求めたので、秀吉は秀康に結城家を継がせ、結城秀康となる。
関ヶ原時の対上杉残留部隊責任者としての功を持って、越前北庄68万石に封じられた。長男の松平(越前)忠直から松平姓となる。この忠直については古典とも言うべき菊地寛の「忠直卿行状記」に詳しいが、乱行を尽し、豊後に配流となって、長男の光長は越後高田へ減転封される。
ただ、この「忠直卿行状記」に書かれた乱行の類は、中国の皇帝の話などに出てくるエピソードなど、残虐王様の所業が片っ端から出てきて、真偽は疑わしい。配流地の豊後ではつつましく生活していたようである。

替わって越後高田から、秀康の二男で、忠直の弟、松平(越前)忠昌が52万石で入り、地名を福井と改める。
忠昌の次ぎの光通は、脇腹ながら兄松平昌勝がいたが、正嫡の故をもって福井藩を継ぐ。兄の松平昌勝には越前松岡5万石を分知し、弟の昌親に、越前吉江2万5千石を分知し、福井藩は45万石となる。

光通は従兄弟の松平(越前)光長の娘国姫を正室として迎えるが、国姫の母は秀忠の娘で、その圧力で、婚姻以前に側室に生まれていた松平直堅を子として認知しない。
直堅は押し込めの危機を感じ、江戸に出奔する。結局国姫には女子は二人生まれるが男子が生まれず、国姫は母と夫の板ばさみを苦に自殺してしまう。光通もこれらの経緯を苦に、後を追って自殺し、後継を弟の昌親と遺言する。

昌親は分知されていた吉江2万5千石を併せて、宗家を継ぎ、福井藩は47万5千石となる。
だが、昌親襲封については、光通には、兄の昌勝もあり、唯一の実子直堅もある中で、自殺した上の遺言ということで、藩内は動揺し、必ずしも昌親の藩主就任を歓迎しない空気があった。
江戸に逃げた直堅を頼む家臣50名が、脱藩して江戸の直堅のもとに奔ったりした。そのため昌親は庶長兄の昌勝の子の甥の綱昌に家督を譲って早々に隠居する。

ところがこの綱昌が16歳と若く、幕府は引き続き昌親に藩政を見るよう指示するが、綱昌はその後も、突然理由無く近臣を斬ったり、行動不審な点が多く、幕府は大藩の仕置きままならずとして、領国を没収してしまう。

そして改めて先代の昌親に藩主として再勤を命じ、従来の半知の25万石で封じられ、昌親は改めて綱吉の片諱をもらって吉品となる。

昌親改め吉品は、嗣子に同じく兄昌勝の六男を迎え、松平吉邦とする。さらに次ぎの宗将も昌勝の三男で、松岡藩を継いでいたが、宗家を継ぎ、松岡藩は宗藩に吸収され、30万石となる。

結城秀康の血筋は次ぎの宗矩で絶える。

御三家は家康の孫の光友、光貞、光圀が、いずれもしっかりした人物で長命し、祖法を守り、藩の礎を築いたが、越前家は不遇な処遇はあったとは言え、忠直のご乱行、越後高田に移った子の光長も家中騒動を起こし、自壊していってしまう。

幕末の松平春嶽慶永については、ここでは詳しく触れないが、彼は田安家から入った出自を持ち、越前藩主としての立場もあるが、将軍家の一門としての自負と危機感からの行動であったと思う。

井伊直弼政権下で、慶永は隠居を命じられ、幕府の命で、越前系の一門の中でも最も微禄の越後糸魚川藩主松平(越前)直廉が松平(越前)茂昭となって、最後の藩主となる。


歴代藩主

結城家・松平(越前)家

下総結城より 68万石
親藩 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

結城秀康(ひでやす)

正三位 権中納言
徳川家康の二男

二代

松平(越前)忠直(ただなお)

従三位 参議
結城秀康の長男

越後高田へ

松平(越前)家

越後高田より 52万5千石→45万石→47万5千石→25万石→30万石→32万石
親藩 大廊下 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)忠昌(ただまさ)

正四位 伊予守 参議
結城秀康の二男

二代

松平(越前)光通(みつみち)

従四位下 越前守 左近衛少将
松平(越前)忠昌の二男

三代

松平(越前)昌親(まさちか)

従四位下 兵部大輔 左近衛権少将
松平(越前)忠昌の五男

四代

松平(越前)綱昌(つなまさ)

従四位下 越前守 左近衛少将
松平(越前)忠昌の長男松平昌勝の長男

五代
(再勤)

松平(越前)吉品(よしのり)
三代昌親の再勤

従四位下 兵部大輔 左近衛権少将
松平(越前)忠昌の五男

六代

松平(越前)吉邦(よしくに)

従四位下 伊予守 左近衛権少将
松平(越前)忠昌の長男松平昌勝の六男

七代

松平(越前)宗将(むねまさ)

従四位下 中務大輔 侍従
松平(越前)忠昌の長男松平昌勝の三男

八代

松平(越前)宗矩(むねのり)

従四位下 兵部大輔 左近衛権少将
結城秀康の五男松平(越前)直基の孫松平知清の二男

九代

松平(越前)重昌(しげまさ)

従四位上 越前守 左近衛権少将
徳川吉宗の子徳川(一橋)宗尹の長男

十代

松平(越前)重富(しげとみ)

正四位下 左兵衛督 左近衛権中将
徳川吉宗の子徳川(一橋)宗尹の三男

十一代

松平(越前)治好(はるよし)

正四位下 越前守 左近衛権中将
松平(越前)重富の長男

十二代

松平(越前)斉承(なりつぐ)

従四位上 越前守 左近衛権少将
松平(越前)治好の長男

十三代

松平(越前)斉善(なりさわ)

正四位下 越前守 左近衛権中将
十一代将軍徳川家斉の二十四男

十四代

松平(越前)慶永(よしなが)

従一位 大蔵大輔
徳川(田安)斉匡の八男

十五代

松平(越前)茂昭(もちあき)

従二位 越前守
越後糸魚川藩主松平(越前)直廉

越前の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.