徳山藩

毛利家

分知 4万5千石→3万石→4万石
外様 柳間 陣屋→城主格

長門萩藩主、毛利秀就は弟の毛利就隆に周防のうち、4万石を分知、当初は下松に藩庁を置いて立藩した。のち、徳山に居所を移した。

三代毛利元次は、治世に功績のあった藩主だったが、宗藩萩藩との間で松の木一本を巡って領地争いを起こし、幕府の裁決を仰ぐ事態を起こす。
結果、「本家に対して非礼である」、「些事を大げさな争いにした」ことを罪とされ、所領を宗藩へ没収。毛利元次は出羽新庄藩戸沢家に預けとなって、徳山藩は一旦、改易となる。
その後宗藩の取り成しなどもあり、元次二男の元尭に再興がゆるされるが、石高は3万石とされる。

八代毛利広鎮は民政に功績を残し、城主格を認められ、4万石へ高直しを認められた。

最後の藩主毛利元蕃は、鳥羽伏見の戦いなど、一連の戊辰戦争で、宗家の名代として前線に立ち、指揮にあたった。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

毛利就隆(なりたか)

従五位下 日向守
毛利輝元の二男

二代

毛利元賢(もとかた)

従五位下 日向守
毛利就隆の五男

三代

毛利元次(もとつぐ)

従五位下 飛騨守
毛利就隆の四男

四代

毛利元尭(もとたか)

従五位下 日向守
毛利元次の二男

五代

毛利広豊(ひろとよ)

従五位下 山城守
毛利元次の三男

六代

毛利広寛(ひろとも)

従五位下 志摩守
毛利広豊の二男

七代

毛利就馴(なりよし後たかよし)

従五位下 石見守
毛利広豊の十一男

八代

毛利広鎮(ひろしげ)

従五位下 日向守
毛利就馴の二男

九代

毛利元蕃(もとみつ)

従五位下 淡路守
毛利広鎮の七男

周防の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る