岡田藩

伊東家

新知 1万石
外様 柳間 陣屋

この伊東家は日向飫肥藩の伊東家と遠祖は同じだが、伊東長次は豊臣秀吉、秀頼に仕え、大阪の陣まで豊臣方、七手組の一手の大将であった。
大阪城から出陣し、城に帰るも徳川方の兵に包囲されていて近づけず、入城を諦め、高野山にのぼって、自害しようと検使を待っていたが、罪を許され、備中、美濃、摂津、河内などに合わせて1万石を与えられた。

大坂の陣まで豊臣方で、江戸大名として存続したのは、他に摂津の青木家がある。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

伊東長次(ながつぐ)

従五位下 丹後守
伊東長久の長男

二代

伊東長昌(ながまさ)

従五位下 丹後守
伊東長実の二男

三代

伊東長治(ながはる)

なし
伊東長昌の長男

四代

伊東長貞(ながさだ)

従五位下 信濃守
伊東長治の長男

五代

伊東長救(ながひら)

従五位下 播磨守
伊東長貞の長男

六代

伊東長丘(ながおか)

従五位下 若狭守
伊東長救の長男

七代

伊東長詮(ながとし)

従五位下 伊豆守
伊東長丘の三男

八代

伊東長寛(ながとも)

従五位下 播磨守
伊東長詮の長男

九代

伊東長裕(ながやす)

従五位下 若狭守
伊東長寛の

十代

伊東長 (ながとし)

従五位下 播磨守
伊東長寛の十五男
伊東長としの「とし」は「卆」の左下に「百」、右下に「千」を書く。

備中の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る