新見藩

関家

美作宮川より 1万8千石
外様 柳間 陣屋

美作津山にあって、のち播磨赤穂に名跡復活した森家の家老だった家だが、関成次が森忠政の娘を妻とし、忠政に実子がなかったため、関成次の子長継が関家から入って森宗家を継ぎ、森長継となったことから、関家は一門格となる。
さらに関家は森長継の子が継ぎ関長治となったため、関家は森家の分家のような性格を帯びる。
関長治は実父である津山藩主森長継から美作国内で1万8千石の分知を受け、大名となった。

その後、本家は無嗣断絶となり、関家も含め、播磨三日月に移った分家森家も美作の所領を失い、関家は備中新見に替地を賜った。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

関長治(ながはる)

従五位下 備前守
美作津山藩主森長継の九男、関長政の嗣となる。

二代

関長広(ながひろ)

従五位下 但馬守
関長治の実兄播磨三日月藩主森長俊の二男

三代

関政富(まさとみ)

従五位下 播磨守
関長広の長男

四代

関政辰(まさとき)

 なし
関政富の五男

五代

関長誠(ながのぶ)

従五位下 備前守
関政富の長男、庶出のため嫡を外れていたが弟早世で継ぐ。

六代

関長輝(ながてる)

従五位下 備前守
関長誠の長男

七代

関成煥(しげあきら)

従五位下 備前守
関長輝の二男

八代

関長道(ながみち)

従五位下 備前守
関長誠の二男関長義の長男

九代

関長克(ながかつ)

従五位下 備前守
関長輝の三男関長吉の長男

備中の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る