清末藩

毛利家

分知 1万石
外様 柳間 陣屋

清末藩は、長府藩からの分知で誕生したので、長州宗藩から見ると孫支藩のような藩である。

長府藩主毛利光広は遺領のうち1万石を弟の毛利元知に分知し、別家として立藩。
当初は長府に居所があったが、のち元知は清末に居所を移したので清末藩となる。

二代毛利元平の時、清末藩の直属の宗藩である長府藩に嗣子が無く、元平が毛利匡広となって長府藩を継ぎ、清末藩は長府藩に併合され、廃藩となる。
その後、匡広は二男の政苗に清末1万石を再分知、清末藩は復活する。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

毛利元知(もととも)

従五位下 刑部少輔
長門長府藩主毛利秀元の三男

二代

毛利元平(もとひら)

従五位下 讃岐守
毛利元知の二男 長府藩を継ぎ毛利匡広となる。

三代

毛利政苗(まさなり)

従五位下 讃岐守
毛利元平の七男

四代

毛利匡邦(まさくに)

従五位下 讃岐守
毛利政苗の七男

五代

毛利政明(まさあき)

帯刀
伊勢長島藩主増山正賢の二男 増山正賢の父増山正贇は清末藩二代毛利元平=長府藩毛利毛利匡広の九男

六代

毛利元世(もとよ)

従五位下 讃岐守
近江堅田藩主堀田正敦の六男

七代

毛利元承(もとつぐ)

従五位下 出雲守
長門長府藩主毛利元義の十一男

八代

毛利元純(もとずみ)

従五位下 讃岐守
豊後日出藩主木下俊敦の四男

長門の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る