(岩国藩)

吉川家

6万石
外様 無席 城主

吉川元春の三男吉川広家は関ヶ原にあたって家康に内通し、毛利軍を動かさず東軍勝利の功績をあげる。

吉川広家は毛利家旧領安堵の約定を得ていたというが、実際に下された裁定は、毛利宗家は改易、防長二州を吉川家に、というもので、驚愕した広家は、吉川家に下された防長二州を毛利宗家に、ということで収拾を図る。

毛利宗家からは、家を売った裏切り者として白眼視されるに至る。

そのため、吉川家は徳川幕府からは、岩国六万石の宛がいを正式に得、参勤交代もしているが、毛利宗家が独立の大名と認めず、陪臣として扱ったため、正式の大名とは言えない微妙な地位となる。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

吉川広家(ひろいえ)

 
吉川元春の三男

二代

吉川広正(ひろまさ)

 
 

三代

吉川広嘉(ひろよし)

 
 

四代

吉川広紀(ひろのり)

 
 

五代

吉川広逵(ひろみち)

 
 

六代

吉川経永(つねなが)

 
 

七代

吉川経倫(つねとも)

 
 

八代

吉川経忠(つねただ)

 
 

九代

吉川経賢(つねかた)

 
 

十代

吉川経礼(つねひろ)
   

十一代

吉川経章(つねあきら)
   

十二代

吉川経幹(つねもと)

従五位下 駿河守
吉川経章の長男

十三代

吉川経健(つねたけ)

正四位 駿河守
吉川経幹の長男

周防の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る