浜田藩

古田家→松平(松井)家→本多家→松平(松井)家→松平(越智)家

浜田藩は中国地方ではめずらしく転封の多かった藩である。

古田家が家中騒動し、改易。

播磨山崎より、松平(松井)康映が5万石で入り、四代継ぐが、下総古河へ。

本多忠敝が下総古河より、5万石で入り、忠盈、忠粛と継ぐが、三河岡崎へ。

三河岡崎より、松平(松井)康福が6万石で再度入り、康定、康任と継ぎ、康任は老中も勤めた。しかし康任は、竹島を介して朝鮮と密貿易をしていることが発覚して、罰せられ、次ぎの康爵は陸奥棚倉に左遷。

下野館林より、家門親藩の名門、松平(越智)斉厚が6万1千石で入り、以降は松平(越智)家の支配で、維新に至る。

最後の藩主松平(越智)武聡は徳川慶喜の実弟だが、長州征伐では、長州軍の破竹ぶりに、藩主以下、城を捨てて、逃げ出し、浜田は長州勢に無血占領されて、家門名門親藩の最後にミソを付けた。


歴代藩主

古田家

伊勢松阪より 5万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

古田重治(しげはる)

従五位下 大膳大夫
古田重則の三男

二代

古田重恒(しげつね)

従五位下 兵部少輔
古田重治の兄古田重勝の長男

無嗣改易

松平(松井)家

播磨山崎より 5万石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康映(やすてる)

従五位下 周防守
松平(松井)康重の二男

二代

松平(松井)康官(やすのり)

従五位下 周防守
松平(松井)康映の三男

三代

松平(松井)康員(やすかず)

従五位下 周防守
松平(松井)康官の長男

四代

松平(松井)康豊(やすとよ)

従五位下 周防守
松井松平家分家松平金七郎康郷の長男

五代

松平(松井)康福(やすよし)

従四位下 周防守 侍従
松平(松井)康豊の長男

下総古河へ

本多家

下総古河より 6万1千石 
譜代 帝鑑間 城主 


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠敝(ただひさ)

従五位下 中務大輔
本多忠良の二男

二代

本多忠盈(ただみつ)

従五位下 中務大輔
信濃松代藩主真田信弘の六男

三代

本多忠粛(ただとし)

従五位下 中務大輔
本多忠敝の長男

三河岡崎へ

松平(松井)家

三河岡崎より 6万1千石  
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康福(やすよし)

従四位下 周防守 侍従
松平(松井)康豊の長男

二代

松平(松井)康定(やすさだ)

従五位下 周防守
前田房長の三男で、松井松平家分家300石松平(松井)康敬の嗣子となるが、宗家松平(松井)康福の嗣子となる。

三代

松平(松井)康任(やすとう)

従四位下 周防守 侍従
分家松井松平康道の長男

四代

松平(松井)康爵(やすたか)

従五位下 右近将監
松平(松井)康任の二男

陸奥棚倉へ

松平(越智)家

上野館林より 6万1千石  
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越智)斉厚(なりあつ)

従四位上 右近将監 少将
松平(越智)武寛の長男

二代

松平(越智)武揚(たけおき)

従四位下 右近将監
讃岐高松藩主松平(水戸)頼恕の三男

三代

松平(越智)武成(たけしげ)

従五位下 右近将監
美濃高須藩主松平(尾張)義建の子

四代

松平(越智)武聡(たけあきら)

従四位下 右近将監 侍従
常陸水戸藩主徳川斉昭の十男

石見の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る