萩藩(長州藩)

毛利家

36万9千石
外様 大広間 国主

中国地方を制覇した戦国のヒーロー毛利元就の三矢の教えは有名だが、3人の子の結束は固かったが、孫の代になって、その三矢が破綻する。

嫡孫毛利輝元は関ヶ原で、西軍の総大将に奉り上げられ、もう一本の矢を引き継いだはずの吉川広家は家康に内通し、毛利家の存続を図ろうとし、軍を動かさない。
さらに養子とは言え、3本目の矢である小早川秀秋は、よりにもよって、関ヶ原現場での寝返り。
毛利家崩壊の立役者となる。

毛利家は関ヶ原敗戦の責で改易、一旦は吉川広家に周防長門二州があたえられるが、毛利家安泰を図ったつもりだった広家は狼狽し、その防長二州を返上して、毛利家の領地とすることで収拾を図る。

吉川広家は毛利家を36万余石とは言え、残した功労者だが、本家からは主家を売った内通者としての烙印を押され、岩国6万石吉川家は幕府は藩として公認し、参勤交替も行っているのだが、萩藩毛利宗家が、独立の藩と認めず、形式上は陪臣という状態になる。

200万石とも言われた、山陰山陽11カ国から周防長門36万9千石に押し込められた、萩藩はその後、新田開発はもとより、ありとあらゆる殖産興業に勉め、幕末には内高は100万石を超える状態になっていたという。

幕末、山口に政事堂を構え移転するので、毛利敬親以降は山口藩として別項を立てるべきかも知れないが、幕府の認可を得た居所移転ではなく、煩雑でもあるので、萩藩として、一括して掲載した。

七代毛利重就は、当初「しげなり」の読みであったが、将軍世子が徳川家斉となるにおいて、「なり」の音が重なるのをはばかり、「しげたか」と読ませるよう、変えた。

十三代毛利敬親は将軍家慶の片諱を得て、慶親と名乗るが、禁門の変の長州処罰で、慶の字を取り上げられ、初名の敬親に戻す。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

 

毛利輝元(てるもと)

 
毛利隆元の長男

初代

毛利秀就(ひでなり)

従四位下 長門守 右近衛権少将
毛利輝元の長男

二代

毛利綱広(つなひろ)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利秀就の四男

三代

毛利吉就(よしなり)

従四位下 長門守 侍従
毛利綱広の長男

四代

毛利吉広(よしひろ)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利綱広の二男

五代

毛利吉元(よしもと)

従四位下 長門守 侍従
長門長府藩主毛利綱元の長男

六代

毛利宗広(むねひろ)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利吉元の六男

七代

毛利重就(しげなり)
(読をしげたかに改む)

従四位下 式部大輔 侍従
長府藩主毛利匡広の十男で、当初長府藩主毛利匡敬となるが宗家を継ぐ

八代

毛利治親(はるちか)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利重就の四男

九代

毛利斉房(なりふさ)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利治親の長男

十代

毛利斉熙(なりひろ)

従四位下 大膳大夫 侍従
毛利治親の二男

十一代

毛利斉元(なりもと)

従四位上 大膳大夫 左近衛権少将
毛利重就の六男毛利親著の長男

十二代

毛利斉広(なりとう)

従四位下 大膳大夫
毛利斉熙の二男

十三代

毛利敬親(たかちか)
はじめ慶親(よしちか)

従四位下 大膳大夫
のち、従二位 権大納言
毛利斉元の長男

十四代

毛利元徳(もとのり)

従三位 参議
周防徳山藩主毛利広鎮の十男

長門の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る