福山藩

水野家→松平(奥平)家→阿部家

関ヶ原後、福島正則は備後・安芸二ヶ国を得て、備後福山も広島藩領であったが、福島家が改易となり、大和郡山より、水野勝成が10万石で入った。五代継ぐが、無嗣断絶となる。

出羽山形より、松平(奥平)忠雅が入るが、すぐに伊勢桑名へ。

下野宇都宮より阿部正邦が10万石で入り、以後阿部家の支配。

阿部家からは度々幕閣の参政者を出し、三代正右、四代正倫、五代正精、七代正弘は老中となっている。なかでも阿部正弘は幕末の困難な政局を背負い、日米和親条約を結んだ。

阿部家の藩主は基本的に定府だったようだ。


歴代藩主

水野家

大和郡山より 10万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野勝成(かつなり)

従四位下 日向守
水野忠重の長男

二代

水野勝俊(かつとし)

従四位下 美作守
水野勝成の長男

三代

水野勝貞(かつさだ)

従五位下 日向守
水野勝俊の二男

四代

水野勝種(かつたね)

従五位下 美作守
水野勝貞の長男

五代

水野勝岑(かつみね)

なし
水野勝種の七男

無嗣除封

先祖の功を以って能登西谷〜下総結城に名跡取り立て


松平(奥平)家

出羽山形より 10万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠雅(ただまさ)

従四位下 左少将
陸奥白河藩等藩主松平(奥平)忠弘の長男清照の長男

伊勢桑名へ

阿部家

下野宇都宮より 10万石→11万石 
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

阿部正邦(まさくに)

従五位下 備中守
阿部重次の長男阿部定高の子

二代

阿部正福(まさよし)

従四位下 伊勢守
阿部正邦の四男

三代

阿部正右(まさすけ)

従四位下 伊勢守
阿部正福の二男

四代

阿部正倫(まさとも)

従四位下 伊勢守
阿部正右の三男

五代

阿部正精(まさきよ)

従四位下 備中守 侍従
阿部正倫の三男

六代

阿部正寧(まさやす)

従五位下 対馬守
阿部正精の三男

七代

阿部正弘(まさひろ)

従四位下 伊勢守
阿部正精の六男

八代

阿部正教(まさのり)

従四位下 伊勢守
阿部正寧の長男

九代

阿部正方(まさかた)

従五位下 伊勢守
阿部正寧の三男

十代

阿部正桓(まさたけ)

従五位下 主計頭
安芸広島藩主浅野重晟の四男浅野右京長懋(ながとし)の八男浅野式部懋昭の三男で浅野長勲の実弟

備後の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る