長府藩

毛利家

分知 5万石→3万8千石→4万7千石→5万石
外様 柳間 城主→陣屋→城主格

毛利輝元にはなかなか実子ができず、毛利元就の四男穂井田元清の子、従兄弟にあたる毛利秀元を、養子として、嫡子とするつもりでいた。しかし、輝元に実子秀就が誕生するに至って、毛利秀元は嫡を辞退する。

一旦は嗣子に擬していたこともあり、毛利輝元は従兄弟の秀元に気を遣い、山口20万石を与えていた。しかし、関ヶ原の敗戦によって、秀元の所領も圧縮余儀なく、長府5万石に入り、以後長府藩として存続する。

五代毛利元矩が嗣子無く没し、清末藩主だった毛利匡広を迎えた時に城主から陣屋に、3万8千石に落ちる。のち4万7千石になり、十代毛利匡広の時に、5万石、城主格に復した。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

毛利秀元(ひでもと)

正三位 参議
毛利元就の四男穂井田元清の子

二代

毛利光広(みつひろ)

従四位下 和泉守
毛利秀元の二男

三代

毛利綱元(つなもと)

従四位下 甲斐守 侍従
毛利光広の長男

四代

毛利元朝(もととも)

従四位下 佐渡守
毛利綱元の長男毛利吉元の長男

五代

毛利元矩(もとのり)

 
毛利綱元の四男

六代

毛利匡広(まさひろ)

従五位下 甲斐守
長門清末藩主毛利元知の五男

七代

毛利師就(もろたか)

従五位下 主水正
毛利匡広の五男

八代

毛利匡敬(まさたか)

従五位下 甲斐守
毛利匡広の十男、宗家を継ぎ毛利重就となる

九代

毛利匡満(まさみつ)

従五位下 能登守
八代毛利匡敬後の宗藩藩主毛利重就長男

十代

毛利匡芳(まさよし)

従五位下 甲斐守
八代毛利匡敬後の宗藩長門萩藩主毛利重就の五男、九代毛利匡満の弟

十一代

毛利元義(もとよし)

従五位下 甲斐守
毛利匡芳の長男

十二代

毛利元運(もとゆき)

従五位下 甲斐守
毛利元義の三男

十三代

毛利元周(もとちか)

従五位下 左京亮
毛利元義の長男毛利元寛の三男

十四代

毛利元敏(もととし)

従五位下 甲斐守
毛利元運の六男

長門の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る