備中松山藩

池田家→水谷家→安藤家→石川家→板倉家

造園で著名な小堀遠江守政一が改易となったあと、池田長吉の長男池田長幸が6万5千石で、入部。
次ぎの長常で無嗣改易。

関東常陸の戦国武将の裔、水谷(みずのや)家が入るが水谷勝美の急逝で、末期養子として、従兄弟の水谷勝阜を申請するが認められず、無嗣改易。勝美の弟の水谷勝時に3千石で旗本としての名跡継続が認められるが、大名としては断絶。

上野高崎より、安藤重博が入り、次ぎの安藤信友は美濃加納へ。

山城淀より、石川総慶が入り、伊勢亀山へ。

伊勢亀山より、板倉勝澄が入り、以後板倉家の支配で明治に。

幕末の板倉勝静は老中となって、困難な政局運営に尽力した。


歴代藩主

池田家

因幡鳥取より 6万3千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

池田長幸(ながよし)

従五位下 備中守
因幡鳥取藩主池田長吉の長男

二代

池田長常(としまさ)

従五位下 出雲守
池田長幸の長男

無嗣改易

水谷(みずのや)

備中成羽より 5万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水谷勝隆(かつたか)

従五位下 伊勢守
水谷勝俊の長男

二代

水谷勝宗(かつむね)

従五位下 左京亮
水谷勝隆の長男

三代

水谷勝美(かつよし)

従五位下 出羽守
水谷勝宗の長男

無嗣改易
水谷勝美弟、水谷勝時に3千石旗本として名跡存続

安藤家

上野高崎より 6万5千石

譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

安藤重博(しげひろ)

従五位下 対馬守
安藤重長の二男安藤重之の子

二代

安藤信友(のぶとも)

従四位下 対馬守
安藤重博の長男

美濃加納へ

石川家

山城淀より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川総慶(ふさよし)

従五位下 主殿頭
石川憲之の長男石川昌能の子石川勝之の長男

伊勢亀山へ

板倉家

伊勢亀山より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉勝澄(かつずみ)

従五位下 周防守
板倉重治の長男

二代

板倉勝武(かつたけ)

従五位下 美濃守
板倉勝澄の長男

三代

板倉勝従(かつより)

従五位下 隠岐守
板倉勝澄の二男

四代

板倉勝政(かつまさ)

従五位下 周防守
板倉勝澄の七男

五代

板倉勝ラ(かつあき)

従五位下 周防守
板倉勝政の四男

六代

板倉勝職(かつつね)

従五位下 周防守
板倉勝ラの長男

七代

板倉勝静(かつきよ)

正四位 伊賀守
陸奥白河藩主松平(久松)定永の八男

八代

板倉勝弼(かつすけ)

従五位
板倉勝ラの弟板倉勝喬の四男

備中の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る