足守藩

木下家

新知 2万5千石
外様 柳間 陣屋

ねね北政所の甥たちは関ヶ原で伏見城守備を逃げ出して、隠棲した長兄の長嘯子木下勝利。
叔母の北政所のアドバイスを聞かずに西軍について、改易となる木下利房。
そして、歴史に決定的な汚名を残してしまった小早川秀秋など、あまり評判がよくないのだが、その改易された木下利房が大坂の陣で功をあげ、備中足守2万5千石を与えられた。

木下利房の父、木下家定はねねの兄で、杉原家次の二男。身よりの少ない秀吉はねねの実家杉原家や、ねねの養家浅野家のものを積極的に取りたて、利房にも木下姓を与えられた。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

木下利房(としふさ)

従五位下 宮内少輔
木下家定の二男

二代

木下利当(としまさ)

従五位下 淡路守
木下利房の長男

三代

木下利貞(としさだ)

従五位下 淡路守
木下利当の長男

四代

木下公定(きんさだ)

従五位下 肥後守
木下利貞の長男

五代

木下利潔(としきよ)

従五位下 兵部少輔
木下利貞の二男金森藤栄の二男

六代

木下利忠(としただ)

従五位下 宮内少輔
木下利潔の長男

七代

木下利彪(としとら)

従五位下 淡路守
木下利忠の二男

八代

木下利徽(としよし)

不詳
木下利彪の二男

九代

木下利徳(としのり)

従五位下 肥後守
伊勢津藩主藤堂高嶷の五男

十代

木下利愛(としよし)

従五位下 肥後守
木下利徽の二男

十一代

木下利恭(としゆき)

従五位下 石見守
木下利愛の二男

備中の諸藩に戻る

中国の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る