盛岡新田藩・七戸藩


南部家

1万1千石 
外様 柳間 城主格

盛岡藩五代藩主、南部行信は弟の政信に5千石を分知し、寄合旗本として別家を立てる。

当初は和賀郡、二戸郡の知行地だったが、のち蔵米支給となる。

南部政信から五代あとの南部信隣は盛岡藩11代藩主南部利敬から蔵米で6千石を加増され、合わせて1万1千石となって、諸侯に列する。

他の外様大藩の新田藩も同様だが、藩主は定府であった。

明治2年になって、南部信方が七戸にあった古城を修築し、藩庁を設置、七戸藩の呼称はこのときのものであり、基本的には、盛岡藩から蔵米支給を受ける新田藩であった。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

南部信鄰(のぶちか)

従五位下 播磨守
南部信喜の子

二代

南部信誉(のぶのり)

従四位下 丹波守
南部信鄰の長男

三代

南部信民(のぶたみ)

従五位下 美作守
南部信也の四男

四代

南部信方(のぶかた)

従五位
盛岡藩主南部利剛の三男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る


































.