八戸藩


南部家

2万石 
外様 柳間のち大広間 陣屋のち城主格

宗家盛岡藩の南部重直が継嗣を定めずに亡くなり、本来絶家となるところ、幕府は家柄を考慮して、重直の二人の弟、重信と直房に、盛岡10万石を8万石と2万石に分割して相続させた。

南部直房は八戸に居所を定めて、八戸藩が成立する。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

南部直房(なおふさ)

従五位下 左衛門佐
盛岡藩主南部利直の七男

二代

南部直政(なおまさ)

従五位下 遠江守
南部直房の長男

三代

南部通信(みちのぶ)

従五位下 遠江守
盛岡藩主南部重信の四男

四代

南部広信(ひろのぶ)

従五位下 甲斐守
南部通信の長男

五代

南部信興(のぶおき)

従五位下 左衛門佐
南部広信の長男

六代

南部信依(のぶより)

従五位下 甲斐守
南部信興の長男

七代

南部信房(のぶふさ)

従五位下 伊勢守
南部信依の長男

八代

南部信真(のぶまさ)

従五位下 左衛門尉
南部信依の四男

九代

南部信順(のぶゆき)

従四位下 遠江守 侍従
薩摩鹿児島藩主島津重豪の五男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る