与板藩与板陣屋跡の様子 All Photo By Ken究所長

越後長岡藩主牧野忠成が子の牧野康成に1万石を分知し、与板に居を構え、与板藩が成立する。

牧野家は信濃小諸に移り廃藩となる。

上野安中、三河西尾、掛川掛川にあった井伊家が、井伊直朝のとき、乱心により収公されるが、先祖の功により、養子として届けてあった井伊直矩に名跡が許され、与板に立藩した。

この井伊家は四天王の井伊直政の長男でありながら、病弱のため家康の命によって、彦根藩を二男に譲った井伊直勝が、上野安中に別家を立てたものである。城主格だったが、遠江掛川藩時代の井伊直朝が乱心、改易収公、井伊直矩に再度名跡取立の際、陣屋に落とされ、井伊直朗が若年寄としての功労で、城主格に戻された。


歴代藩主

牧野家

分知1万石 
譜代 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

牧野康成(やすなり)

従五位下 遠江守
越後長岡藩主牧野忠成の二男

二代

牧野康道(やすみち)

従五位下 遠江守
牧野康成の長男

三代

牧野康重(やすしげ)

従五位下 周防守
常陸笠間藩主本庄因幡守宗資の四男

信濃小諸へ

<天領>

井伊家

名跡取立(遠江掛川より) 2万石
譜代 帝鑑間 陣屋→城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井伊直矩(なおのり)

従五位下 兵部少輔
宗家近江彦根藩主井伊直該の四男

二代

井伊直陽(なおはる)

従五位下 丹波守
井伊直矩の長男

三代

井伊直員(なおかず)

従五位下 丹波守
彦根藩家老木俣守吉の長男

四代

井伊直存(なおあり)

従五位下 伊賀守
伊勢桑名藩主松平(奥平)忠雅の五男

五代

井伊直郡(なおくに)

不祥
井伊直存の二男

六代

井伊直朗(なおあき)

従四位下 右京大夫
井伊直存の三男

七代

井伊直暉(なおてる)

従五位下 宮内少輔
彦根藩主井伊直幸の子直広を直朗の養子としていたが、早世し、その直広の子

八代

井伊直経(なおつね)

従五位下 兵部少輔
井伊直朗の七男

九代

井伊直充(なおあつ)

従五位下 兵部少輔
井伊直経の長男

十代

井伊直安(なおやす)

従五位下 兵部少輔
彦根藩主井伊直弼の三男

越後の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る