大聖寺藩

前田家

分知 7万石→10万石
外様 大広間 城主

加賀金沢藩主の前田利常は三男の利治に分封を願い出て許された。

三代利直の時に弟の利昌に新田1万石を分封するが、勅旨接待役となった前田利昌は同役の大和柳本藩主織田秀親に恥辱を与えられたとして、刺殺してしまう。利昌は切腹したが、咎は大聖寺藩には及ばず事無きを得た。織田秀親は体格優れ、剣も達者だったというが、織田家の裔がかつての子飼いの前田家の裔に刺されるとは、天上の信長、利家は如何に思ったか。

九代前田利之は10万石への高直しを行う。新田1万石と、加賀藩からの援助で10万石の待遇を得た。これは大広間詰めの大名の中で10万石以下が大聖寺藩だけで、参勤交代の帰国の際に上使の挨拶を派遣されないは自分一人であったことを苦にした対面上のものだったというが、格式に従って出費も増え、藩財政を圧迫した。十一代利平はこの10万石の格式を返上しようとしている。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

前田利治(としはる)

正四位下 侍従
加賀金沢藩主前田利常の三男

二代

前田利明(としあき)

従四位下 飛騨守
加賀金沢藩主前田利常の五男

三代

前田利直(としなお)

従四位下 飛騨守
前田利明の三男

四代

前田利章(としあきら)

従四位下 備後守
加賀金沢藩主前田綱紀の五男

五代

前田利道(としみち)

従四位下 遠江守
前田利章の長男

六代

前田利精(としあき)

従四位下 備後守
前田利道の二男

七代

前田利物(としたね)

従四位下 美濃守
前田利道の三男

八代

前田利考(としやす)

従四位下 飛騨守
前田利精の長男

九代

前田利之(としこれ)

従四位下 備後守 侍従
前田利物の長男

十代

前田利極(としなか)

従四位下 駿河守
前田利之の三男

十一代

前田利平(としひら)

従四位下 備後守
前田利之の五男

十二代

前田利義(としのり)

従四位下 備後守
加賀金沢藩主前田斉泰の三男

十三代

前田利行(としみち)

不祥
加賀金沢藩主前田斉泰の五男

十四代

前田利鬯(としか)

正二位 飛騨守
加賀金沢藩主前田斉泰の七男


加賀の諸藩に戻る

北陸甲信の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.