美し国・取手宿美し国・取手宿物語>取手宿の賑わい
取手宿の賑わい

古の面影残す利根川小堀の渡し舟
Tone river and Ohori ferry.

寛文(かんぶん)年間(1661〜1673)には、利根川を利用した物資の水上輸送路が完成しました。銚子に到着した東北諸藩の船の積荷(年貢米や特産物)は、大型の高瀬舟(たかせぷね)に積み替えられて川を遡(さかのぼ)り、関宿(せきやど)から江戸川を経て江戸に到着します。江戸時代は取手宿と地続きだった小堀河岸(おおほりがし)は、水戸藩と諸藩の御穀宿(ごこくやど)、回船問屋が立ち並ぶ港町でした。

言わば川が高速道路だった当時、利根川沿岸の河岸(かし)は流通ターミナルとして栄えました。幾十隻もの高瀬船が大きな白い帆に風を捉え連なって川を進む様子が、美しい一幅の絵のように遠くからも見えたと語り継がれています。高瀬舟が別名「帆舞船(ほまいせん)」と呼ばれた光景ですが、情緒ある風情に魅かれた文人墨客(ぶんじんぼつかく)が取手に集い、文化花咲く宿場としても発展しました。

また取手の六斎市(ろくさいいち)は交通の要衝で開かれていたので、近在の農産物や銚子の海産物、帰り船が満載してきた江戸や諸国の珍しい品々が売られ、大賑わいでした。利根川に並行するように町並が形成され、船頭、船大工、鍛冶屋など船に関る職人たちも暮らしていました。米・雑穀商、醤油醸造、造酒(つくりざかや)屋、旅籠(はたご)、茶屋、川魚料理屋、蕎麦屋、干鰯(ほしか)屋、油屋、豆腐屋、呉服屋、髪結(かみゆい)、草履(ぞうり)屋など、江戸の後期には二百近くの商店が軒を連ねていたといいます。

このサイトについて 個人情報保護について お問い合わせ

(C) Copy Right TORIDESYUKU All Rights Reserved.

取手地場産品・水戸街道「取手宿」プロジェクト
[助成認定事業]
中小企業庁(経済産業省)茨城県商工労働部
地場産品等開発・高付加価値化支援事業
後援:取手市/取手市商工会