平成15年3月の主要日程
変更あります

 

3月の主要日程表へ

2003年 1月 2月 3月 4月 5月 トップ Page
2002年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月

☆グリーンロード推進協議会主催掃除

3月31日 (月曜日)

静かな中で厳粛に 

おはようございます。今日は3月晦日。毎日忙しい時間が過ぎています。
明日からは当たり前ながら4月です。その4月は判断を仰ぐことになります。
このてのひら日誌も議会最終日からは何とも表現のしようもない気持ちで書いています。

議会活動と選挙活動の違い、境界線がなかなか判断が難しいホームページの世界です。現在の毎日の活動がこのホームページに掲載出来ないもどかしさ。あくまでも「議会活動の内容しか書けない」そういうことだからです。
そう言うこともありますが、とにかくあと20日間、毎日の日誌は何としても書き続けます。世の中の大きな変革を見据えて、またその先駆する者としての試行錯誤で。

ということで今日は昨日撮影の春のひとこまを。


3月30日 (日曜日) 小平の市民の誇りがまたひとつ

にごりのない、透き通った、きれいな音色。それが昨日の小平3中吹奏楽部の演奏会でした。今年も感動の3時間でした。

一瞬一瞬のみんなの音が一つになるんです。そしてその音は観客席に大きく広がってまた一つになります。

「たった一握りの感動のため、そして、心に残る音楽を残すため、みんなで音楽を創りあげた時間は、つらくもあったが、有意義なものだった。」と指導者が感想を書いているページを見つけました。
生演奏の音楽はまさに一瞬のうちに過ぎ去っていきます。後は心の中に残るだけです。大きな感動が。

--------- 金賞 ------------------
1・「第50回全日本吹奏楽コンクール全国大会」では中学校の部において、金賞を受賞。
2・全日本アンサンブルコンテスト 中学校の部 小平市立小平第三中学校 金賞を受賞。
打楽器六重奏 セレブレイションとコラール(ポンテ) 
  バレエ音楽「ガイーヌ」より 友情の踊り、アイシェの目覚めと踊り、収穫祭(ハチャトゥリアン作曲)

-中学校の部  小平市立 小平第三中学 校吹奏楽部 金賞獲得-

---------------------------

環境省、HPでスギ花粉飛散量を即時公開
http://www.asahi.com/health/kafun/guide/kanto.html
環境省は28日から関東地方のスギ花粉の飛散量を測定し、リアルタイムに同省のホームページで公開する。関東7都県の都市部と山間部に10カ所ずつ設置された自動計測器で空気中の花粉の数を測定し、1時間ごとに表示する。


3月29日 (土曜日) ・3中吹奏楽定期演奏会6時 ・事前審査 ・

グリーンロードの桜いよいよ咲きはじめました。
昨夜のグリーンロード添いは、薄暗い中にほのかなかおりとともにぼんやりと白いはなびらが浮かび上がってとても幻想的でした。こういう借景はどこでも味わえるとは思えません。小平市の大きな財産です。

このところの時間が経つのが速いこと、速いこと。もう今日は土曜日ですね。
時の流れは世界中で等しくないような気がします。時としてそれは止まってしまうこともあります。人の命は永遠でありませんが地球はそうあって欲しい。が、人間の
欲はそれを許さない。
表現難しいといつも思いながら書いています。今日も・・・・・・。

小平市の議会は各議案がそれぞれ可決され終わったばかりですが、近隣市の議会は以下のように様々な内容になっています。与党系、野党系の割合もありますが首長との関係も影響してきます、議会です。

国分寺市議会 ⇒ 新年度予算案を否決 
国分寺市議会は本会議で、新年度一般会計当初予算案を賛成少数で否決した。
来月に同市議選を控えており、市側は直ちに、四月分の暫定予算案を提案、可決された。

小金井市議会 ⇒ 予算修正案再議へ
再議の場合、可決するためには出席議員の3分の2以上の賛成が必要。修正案は25日の本会議で賛成12、反対11の賛成多数で可決しており、再議では否決されそうだ。修正案が否決されると、原案が採決されるが、野党が多数のため原案も否決される見通しだ。このため、市は暫定予算案の策定を進めている。

東村山市議会 ⇒ 再議も可決
東村山の保育所巡る修正案 東村山市議会は26日、新年度予算案から、開設を目指していた2カ所の認可保育所に対する運営経費約3800万円を減額した修正案を賛成多数で可決した。細渕一男市長は再議権を行使したが、議会側は出席議員の3分の2以上の賛成で修正案を再び可決したため、減額が確定した。

東大和市議会 ⇒ 市議政治倫理条例案を可決
東大和市議会は二十七日、市議の地位を利用した金品授受の禁止などを盛り込んだ市議政治倫理条例案を全会一致で可決した。来月一日から施行される。

東久留米市議会 ⇒ 人権侵害防止決議
 東久留米市議会が28日開かれ、自分の活動報告ビラに小学校長の住所を掲載、運動会での国旗掲揚に抗議を呼びかけた市議に対し、陳謝と再発防止を求める陳情四件が賛成多数で採択された。また、議員提出された「議員の行き過ぎた活動における人権の侵害を防止するための決議」も賛成多数で採択した。


3月28日 (金曜日) シルバー人材センター総会 2時〜  ・なごみ理事会 

おはようございます。
天気はいいのですが、風が強い日が続いています。花粉症で身近な方がとても困ってました。特にこういう日はつらいということでした。

シルバー人材センター総会の模様です

  表彰されましたみなさんです。
------------------------------------------------------

下記のお知らせが届きました。給食費の値下げについてです。
---------------------------
平成15年3月27日 小平市教脊委員会  教育長 坂井康宣
--
-------------------------
中学校給食費の値下げについて

下記のとおリ実施する運ぴになりましたのでお知らせいたします.

1.但下げ額 5円(1.8%)
※ 現行1食単価275円を270円に改定する。
 1食当たリ5円の保護者負担減。
 1生徒当たり年間860円の保護者負担減。
2.実施時期
平成15年度よリ実施する。
3.値下げの理由
@デフレ経済の今日、物価が下落傾向にあること。
A単独校と違い大量購入のため、1食単価が低廉になること。
B14年度実績でも質の低下を招かず献立を作成していること。
4.決定までの手続き
3月18目(火)共同調理場運営委員会で委員の賛同を得た。
3月26日(水)教育委員会3月定例会へ報告した。
4月上旬、学校と保護者へ文書によリ周知する。
5.その他
※ 今後の変動要因としては、物価の大幅上昇・学校牛乳に対する
※ 国庫補助金の減額や食品構成の見直し(都)がある。

---------------------------

今年も見事咲いてます

3月27日 (木曜日) ・都知事選告示

現在午前1時30分です。
26日、私にとりましては長い一日が終わりました。しかし充実度は人生の中でも多分5本指には入る一日でした。それほど嬉しい、また感激の一日でした。残念ながら全部を伝えることは出来ませんが、いつの日かしっかりお伝えは出来ると思います。それまで
は我慢します。

一つ、昨日の小学校卒業式を是非ともお話しします。
それは、君が代を参加者の殆どの皆さんが歌ったのです。卒業生の皆さんも全員です。この4年間の入学式、卒業式で、私には見られなかった光景です。
式次第も粛々と進み在校生、卒業生の皆さんの一人一人の発言も聞いていてとてもすがすがしかったです。そして卒業生を送るとき、「蛍のひかり」を在校生の皆さんが伴奏し送り出しました。久しぶりにこういう場で聞くこの「蛍の光」には私は弱いです。・・・・涙が・・・・・。
戦後の教育が決して良くないとかは思いません。私も多分現場ではご苦労なされた教職員の皆さんがたくさんいらっしゃったと思います。しかし、今日の卒業式のありようはやはり、私は良いと思います。一つの歌に託されたものがそれぞれの時代の方達の思い入れはあるのでしょうが、日本のありようを今さまざまな方向性から考えるべきところにきていると思います。

あるメルマガで発信されています文章を少しご紹介致します。イラク攻撃開始と日本の現状についてです。
---------------------------
・・・・・・・・ 日本社会の雰囲気がアメリカとこれほど違うとは思ってもみませんでした。街に国旗がない、その一点だけで社会が平静に見えるのも驚きです。そして、人々の表情の穏やかなこと。「不況慣れ」とか「あきらめ」というのとは違うと思います。社会の崩壊に苦しむアメリカの雰囲気に比べて、そこには複雑な社会を生き抜く知恵を見る思いでした。

TVを中心としたメディアのバランス感覚は、アメリカとは全く異なる健全なものです。空爆開始後も、国内外の反戦運動は報道されていますし、アメリカ政府要人のコメントにも客観的な解説がつきます。ブッシュ演説に優等生的な同時通訳が付くのは、語気や人格のお粗末さ加減が伝わらないもどかしさがありますが、それ以外は、各局とも良く準備のされた報道ぶりでした。

ドラマなども見てみましたが、この時期にニュース報道の背景を扱った「美女か野獣」が人気を博しているというのは、とても面白いと思いました。お話自体は荒唐無稽にしても、「悪を暴く」ジャーナリズムや女性のリーダーシップへの期待感が新鮮でした。「 Good Luck!!」の描く無邪気な空への憧れに至っては、いまだ911の悪夢やメガ・キャリアの経営危機に沈むアメリカとは別世界です。どちらも、演出や脚本に技術的な甘さがあり、子供っぽい印象を与えるのですが、分裂に病んだアメリカ文化と比べればはるかに健全であることは間違いありません。

---------------------------
「日本」、こういう観点からもみることも時には必要ですか。


3月26日 (水曜日) ・小学校卒業式

昨日午後6時20分、無事3月議会終わりました。。.。o○
最後は今回勇退される6人の議員さんが最後の別れの挨拶をしました。それぞれの議員として過ごした議会生活の思いを語られました。いずれの皆さんも3期、4期以上ですから経験もひとしおだと思います。しっかりと聞かせて頂きました。これからもどうぞ市民として、市政を見守って下さい、と言いながら当然私も4月には審判があります。
この4年間、本日挨拶いただいた先輩議員のように満足とまではいきませんが、精一杯やらせて頂いたことは確かですのでその結果はしっかり受け止めたいと思います。

さて、花小金井北口の現時点でのプランが発表されましたので添付します。


3月25日 (火曜日) ・・本会議最終日午前9時〜  ・議会報編集委員会

本会議終了しました。

「平成15年度予算可決されました。
一般会計予算は、前年度比5%増。特別会計予算との総額は870億円に」

平成15年3月定例会議事日程(最終日

第 1 諸報告
第 2 議案第 1 号 平成14年度小平市一般会計補正予算(第5号)
 ⇒ 可決
第 3 議案第 2 号 平成14年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)  ⇒ 可決
第 4 議案第 3 号 平成14年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)  ⇒ 可決
第 5 議案第 4 号 平成14年度小平市下水道事業特別会計補正予算(第3号)  ⇒ 可決
第 6 議案第13号 小平市職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例  ⇒ 可決
第 7 議案第14号 小平市介護保険条例の一部を改正する条例  ⇒ 可決
第 8 議案第15号 小平市立障害者福祉施設条例の一部を改正する条例  ⇒ 可決
第 9 議案第18号 小平市国民健康保険条例の一部を改正する条例  ⇒ 可決
第10 議案第19号 小平市立公園条例の一部を改正する条例  ⇒ 可決
第11 議案第 5 号 平成15年度小平市一般会計予算 ⇒ 可決
第12 議案第 6 号 平成15年度小平市国民健康保険事業特別会計予算  ⇒ 永田政弘討論 ⇒ 可決
第13 議案第 7 号 平成15年度小平市老人保健特別会計予算  ⇒ 可決
第14 議案第 8 号 平成15年度小平市介護保険事業特別会計予算  ⇒ 永田政弘討論 ⇒ 可決
第15 議案第 9 号 平成15年度小平市下水道事業特別会計予算 ⇒ 可決
第16 議案第10号 平成15年度小平市受託水道事業特別会計予算  ⇒ 可決
第17 請願第15号 公共工事における賃金等を確保する条例制定に向けた検討について ⇒ 取りさげ
第18 請願第16号 公共工事における賃金等を確保する条例の制定に向けた検討について ⇒ 取りさげ
第19 請願第23号 公共工事における賃金等を確保することの検討について ⇒ 採択
第20 請願第24号 公共工事における賃金等の確保に関する検討について ⇒ 採択
第21 議員提出議案 第73号 公共工事における賃金等の確保に関する意見書提出について ⇒ 採択
第22 請願第25号 小平霊園のさいかち窪湧水池復活を求める意見書の提出について ⇒ 採択
第23 議員提出議案 第74号 小平霊園のさいかち窪湧水池復活を求める意見書提出について ⇒ 採択
第24 議員提出議案 第75号 患者負担増の凍結・見直しを求める意見書提出について ⇒ 継続
第25 都市基盤整備調査に関する調査報告について
第26 公共交通網整備調査に関する調査報告について
第27 常任委員会の閉会中継続審査の申し出について


3月24日 (月曜日) ・・議案配布

いよいよ明日は私の一期目最後の本議会です。
今日はその議案配布がされます。

振り返りますとあっという間の4年間になりました。議会のあり方、進め方、会派のありかた、市民の皆さんの要望受け入れ等々、現実に動き積み重ねた内容は相当の内容になります。また自身におきましては未消化の部分も多々あります。確かに行政の分野は常に動いており、とどまることはありませんのでこれで終わりということはないわけです
議会では28分の1の力ですが、それぞれの後ろには市民の皆さんがいつもついているわけです。自分のスタンスも大事になってきます。


3月23日 (日曜日) 北多摩少年軟式野球大会・西武ドーム 8時30分 ・会合

 

本日、「平成15年度北多摩少年軟式野球大会」総合開会式が午前9時から西武ドームで開催されました。
ひとことご挨拶させて頂きました。

この北多摩少年軟式野球協会は中等部20チーム、学童部56チームの大所帯です。行進曲に乗って選手の皆さんは元気よくドームの中を入場行進です!!
これだけの規模になりますと関係者の皆様方のご苦労は並大抵ではないと思います。でも今日のように子ども達の喜んだ顔を見ますとその苦労も吹っ飛ぶでしょうね。
私も子どもの頃は朝から暗くなるまで野球をやっていた野球小僧でしたが、その当時こんなりっぱな球場で経験させてもらえたら、さぞ興奮してしまったでしょう。

これから6月にかけてトーナメント方式で進んでいくわけですが、どうぞ日頃の練習の成果を力一杯発揮されますよう祈念します。


3月22日 (土曜日) ・会合 ・入社式出席

おはようございます。
現在午前4時を過ぎました。

連日のイラクへの攻撃を見ていますと無力感さらに感じます。人間の繰返されているさまざまな戦いの中で死をも持った戦いが一番きついものです。自分の国を守る事が別の次元で論議されている日本も世界からみれば不思議に見えることでしょう。

大きな事が起っている現在、現実との落差に入力も鈍りますが、ただ言えることはどういう時でも「自分のやれることをやるしかない」ということだと思います。
そういうことで本日もやれることを黙々と頑張ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 FC東京 2ー1 

『FC東京』さいさき良いスタートをきりました。
昨日開幕しましたJ1シリーズで地元のFC東京が勝利しました。近所から子供さん達が応援に行きましたが、帰ってきてからの興奮した話しぶりにはこちらも思わずその模様がしっかり伝わってきました。
今年こそ優勝を
!! ガンバレ FC 東京!!
応援してます。


3月21日 (金曜日) ・春分の日

巨大風車が小平よりいちはやく稼働へ!! (^ ^)

昨年一般質問で環境に優しい新エネルギー利用活用で小平市全体の活性化構想ができないかについてしました。
@新エネルギー開発利用の普及をどうとらえているか 
A現在市内での太陽光発電、風力発電、地熱活用等、自然のエネルギーを活用の実施状況はどんなか。
B小平市全域を、一大クリーンシティ構想を掲げ新エネルギーの開発、活用、利用を目指し全市をあげて、農業、商業、建設業、工業、市民等と広い分野を含めた環境に優しいまちづくり施策ができないか。
C京都議定書による小平市への影響は、例えば炭酸ガス減割り当て 等の数値目標は設定されているのか
D国が積極的に、環境に優しい自然エネルギー施策を進めているが、小平市はこれまで検討したことがあるか。

以上の内容ですが、その時点ではまさか東京都が風力発電を創るとは考えもしませんでしたね。この風車は臨海部の埋め立て地に建設されたものですが愛称は「東京風ぐるま」。
これは都が建設・運営にあたる民間事業者を公募し、大都市で初めて実現した風力発電事業です。高さ70mで、一基につき三枚の羽根があり、計年約250十万キロ・ワット時(一般家庭約800世帯分)を発電し、東京電力に売却するものです。

尚この事業は、2001年5月の「知事と議論する会」で都民代表から「東京湾に風車を」との提案を機にスタートしたそうで、公募による民間事業者二社が施設の建設・運営会社を共同設立し、デンマークから風車の羽根を取り寄せるなどして事業を進め、都も設置場所の提供や固定資産税の減免などで協力しているそうです。

私は環境問題からも、自然エネルギーを使った活用はこれからの時代とても大切だと考えていますので、小平市にも太陽光熱活用、小型風力発電等をも含めてこういったことが出来ないか、これからも提言していきたいと思ってます。


3月20日 (木曜日)  ・中学校卒業式 10時00分  ・都料飲食組合 ・会合

おはようございます。
今日は朝からいい天気ですが、米大統領の対イラクへの開戦宣言が午前10時の期限切れとともに発せられる可能性が大になりました。

昨日小泉首相は、米英などを全面的に支持する意向を鮮明にし、日米同盟の重要性を踏まえた決断であると思いますが、常に争い事を繰り返している人間は一体どうなるのでしょうか。
日本の置かれている現状と共に先行きが心配です。こういった時の地方議員としての役割を特に考えます。

---------------------------

朝 : いよいよ小平市の卒業式が始まります。
今日は中学校の卒業式です。26日は小学校です。
ここ4年間、議員の立場で学校の状況をこれまでとは違った観点から見てきました。子供が育つ環境が大きく変わっていく中での現状を見たとき、これからも私が出来ることでの参加していきたいと思います。

終わって :
粛々とした中で卒業式次第が進んでいきました。
まず君が代斉唱。今年はピアノ伴奏がありました。今年も生徒の方からは声が聞こえませんでした。一つの歌で一つになる。昔当たり前のように何でもなく歌ったこの歌が、今変だ。しかし、このままではなく少しずつ変わっていくと思います。
一人ずつ壇上に上がって校長先生から卒業証書を渡され、来賓者の前で礼をしてくれますが、今年も198名全ての卒業生に私も頭をさげ心の中で「がんばれよ」と投げかけることが出来ました。
送る言葉、別れの言葉、全員合唱と最後の歌の方にはキラリと光る涙が方々で見られ、私も思わずジーーンと来ました。この頃は涙腺がもろくなって困ります(^ ^)

今年も、私の中学校時代へタイムスリップし、当時を思い浮かべ、オーバーラップさせることしばしでした。
最後までしっかり進められた卒業式と参加者の皆さんの式典に対しまして感謝。

P.S.
全員合唱「大地讃頌(だいちさんじゅ)」を歌っている時間帯に、皮肉にも遂にイラク攻撃が始まりました。大地を汚してしまう戦争。この歌の重みがやけに響きます。

母なる大地のふところに
われら人の子の喜びはある
大地を愛せよ
大地に生きる 人の子ら
その上に立つ地に感謝せよ
平和な大地を
静かな大地を
大地をほめよ
たたえよ 土を
・・・・・・・・・

---------------------------

公選法改正案・不在者投票についての報道です。
それは投票日までに亡くなった人も有効にするというものです。 

 政府は19日の事務次官会議で、不在者投票制度の見直しを柱とする公職選挙法改正案を内定し、不在者投票をした人が本来の投票日までに亡くなった場合でも、その投票を認め、電子投票の導入も可能とするなどの内容です。本日閣議決定し、今国会に提出するということです。
 現行では、不在者投票をした人が投票日までに死亡したり、地方選で区域外に引っ越した場合は投票を無効とし、開票から除外している。電子投票は地方選に限って昨年から導入されましたが、こうした区分けができないこともあり、不在者投票は対象外とされています。 今回の改正では、国政選挙・地方選挙を問わず、不在者投票のあった時点でその投票を認める「期日前投票制度」を創設。不在者投票の開始時点も、現行の公示日・告示日からその翌日に遅らせ、候補者がそろった時点で行われるよう改める。これにより、技術的にも電子投票の条件が整い、地方選では法定的にも導入を認めることになるものです。


3月19日 (水曜日) ・KSNC

速報です 18日の幹事長会議資料です。

1 財政援助団体等監査の結果及び例月現金出納検査の結果について
2 仮称小平市第三次長期総合計画の策定について
3 小平市商業振興基本計画について
4 小平市ごみ処理基本計画について
5 小平市新地域保健福祉計画について
6 小平都市計画公園延命寺公園にかかる整備検討会の開催について
7 用途地域等の見直しについて
8 生産緑地地区の追加指定について
9 墓地の新設について
10 小学校給食回数の増に伴う給食費の変更について
11 花小金井駅北ロ都市基盤整備事業に伴う東部市民センター等の移転について
12 マンホールヘの転落事故のその後について

13 職員の名札の変更について

3月18日 (火曜日) ・幹事長会議  ・政和会 ・議定締切   ・中学生体験学習受け入れ ・会合

このところ、毎日が充実の時が流れていると感じます。これまで4年間の政治活動の数々の内容が問われていることが、多くの皆様との会話の中で特に感じるからです。
議員としての一期目の活動、二期目の活動、三期目の活動とそれぞれの立場で議員は動くわけですから、私は一期目の活動が問われることになるわけです。
これまでどれだけの事が出来たのか、振り返ってみるには私の場合はこのホームページがその証になります。議員になってすぐに開設し、議員が何をしているのか、行政側はどういう考えであるのか、そしてどうしようとしているのか等々それまで市民の皆さんになかなか伝わらなかった情報を伝えて来ました。当然なことに全てを伝えることは出来ませんが毎日発信することの大切さ、継続の重みを思いながら続けているわけです。

当然他の議員が私の動きと同じということはあり得ません。それぞれのスタンスで活動するわけですから。そのうち多くの議員の皆さんがこうやってホームページを通して様々な方向性から市民の皆さんとの受発信をするようになると思います。
そうなった時初めて、開かれた議会、行政の姿が見えてくると信じています。

ということで今日は幹事長会議の後、政和会が開かれ議会最終日へのまとめへと進んでいきます。
15年度予算の討論(賛成、反対)、各委員会の討論が出し合われまして、各議員へ分担しそれぞれ本会議場での発言となります。

午後は中学生の職場体験学習の受け入れです。
今年度はこれまでにない各学校の生徒さんにお話をしました。少しでも職場の楽しさ、厳しさを知ってもらい各生徒さんの人生の糧にしてもらえば、と思いながらパソコンとプロジェクターをフルに使ってのひとときです。
さあ、今日はどんなときが得られるでしょうか。乞うご期待。


3月17日 (月曜日) ・NPO

雨が降っています。
昨日のクリーンデイは「たかの台駅」から「じょうすいこばし」までの区間の掃除でした。グリーンロード推進協議会に関係している団体の人達が参加しての作業です。私も以前活動部会の部長をやっていました。
周りの景色をデジカメで撮影しながら歩きました。ごみはいろいろな物が捨ててあるもので最終地点では相当量の袋の数になりました。グリーンロードの冬景色と草花と合わせて写真をアップします。

 


3月16日 (日曜日) ・瀬沼元市長本葬 ・グリーンロード推進協議会主催掃除

放置自転車の売却による再生利用がいよいよ始まりましたのでお知らせ致します。

市民及ぴ市議会より要望のあった放置自転車の再生利用について、小平輪業組合、杜団法人シルバー人材センタ、リサイクル推進課及び交通安全課で協議を重ねてきた結果、平成15年3月下旬頃から実施できる見込みとなったものです。

事業の概要

1 目的
「小平市自転車等の放置防止に関する条例」の規定に基づき引取りのない自転車が処分される前に売却することにより再生利用され、放置自転車の延命措置が図られることから、資源の有効活用の促進による環境にやさしい循環型社会が形成されるとともに、廃棄処分費用の軽減並ぴに物の大切さを広く市民及び自転車利用者に訴え、放置防止意識の高揚を図る。

2 売却及び再生利用す,る自転車
(1)「小平市自転車等の放置防止に関する条例」第10条第3項に、「告示の日から2ヶ月間経過しても引取りのない自転車等にっいては、当該自転車等を売却し、その売却した代金を保管することが.できる」の規定に基づき、小平輪業組合及び杜団法人シルバー人材センターへ売却する。
(2)条例に基づき撤去・保管した自転車で、利用者に通知したにもかかわらず引き取りのない自転車及び防犯登録がなく利用者の不明な自転車(3)保管期間2か月以上を経過した自転車で、廃棄等の処分をするもののうち、再生利用に耐える自転車

3 再生利用する自転車の売却台数及び売却方法等
(1)売却台数'月20台程度とする。(年240台程度)
(2)売却方法等
@古物商許可を取得している小平輪業組合加盟の自転車販売店及び許可をを取得している会員を有する社団法人シルバー人材センターが、市が指定する放置自転車の中から自転車を選定する。
A売却金額は、鍵の交換及び安全運転上必要な点検だけで使用できるもの(新品同様)を1台1,000円、錆ぴ落とし、部品の交換、鍵の交換及び安全運転上必要な点検で使用できるものを500円とする。

4 再生利用する自転車の整備及ぴ販売等
(1)小平輪業組合については、加盟店(すべて有資格者:安全整備士及び組立整備士資格有り)において、整備、安全点検及び防犯登録後に販売する。
(2)(杜)シルバー人材センターについては、現時点では、有資格者がいないため、同輪業組合と同センターが協定を締結し、,上記加盟店の最終点検を行ってから販売する。
(3)販売価格については、この事業の性格から適性かつ低廉な価格で販売する。
.(4)販売にあったては、製造者責任法(PL法)を遵守し、安全運転上必要な点検整備を行い、防犯登録や自転車への記名、販売名簿への記載等を義務付ける。,

5 実施に向けての今後の日程
(1)幹事長会議説明2月17日(月)
(2)契約書・協定書締結2月下旬(小平輪業組合及ぴ社団法人シルバー人材センター)
(3)自転車商組合等へ売却3月上旬
(4)市報掲載3月20日
(5)市民等へ販売3月下旬
なお、市民等への販売については、3月下旬を予定しているが、手続きが終了次第販売を実施する。


3月15日 (土曜日) ・会合  ・土屋正忠市長を励ます会

 ニュース2題
いずれも現在の日本がかかえている、また各自治体がかかえている大きな課題です。
イラク問題が大きく展開、緊張していく中での日本の取るべき言動が問われているはずですが、世界⇒日本⇒東京⇒小平との繋がり、そして様々な審議への過程。頭の中の整理がつきません。やるべきことをしっかりやる。今はそれ。

『倒産負債総額、2月は戦後最悪
民間信用調査機関の帝国データバンクが14日発表した2月の全国企業倒産集計(負債1000万円以上)によりますと、負債総額は前年同月比20・6%増の1兆5329億円となり、2月としては戦後最悪となった、との報です。
内訳は倒産件数1586件で、2月としては戦後3番目の高水準となった。倒産件数を業種別に見ますと、建設業が
481件で最も多く、卸売業が291件、小売業267件の順だった。ゴルフ場経営業者の倒産は12件で、5か月連続で12件以上の高水準となっており、苦境ぶりが鮮明となっている。
原因でみると、
販売不振や売掛金回収難など「不況型倒産」が占める割合が、月別ベースで過去最高の78・9%に達した。
この傾向は「業績の回復見通しが立たない中で、年度末を挟んで倒産は増加傾向で推移する可能性が高い」としている報道もなされています。

統一選調査の結果』は
「雇用や景気など地域経済活性化」が最多に掲げられています。
ある新聞社が実施した「統一地方選挙」に関する全国世論調査(面接方式)によりますと、有権者が選挙戦で取り上げて欲しいと思う問題は、長期不況を反映して、
「雇用や景気など地域経済の活性化」(50%)が最も多かったそうです。

☆====================
☆ 土屋正忠市長を励ます会でのタイトルに『動いている、生きている 武蔵野市政』とありました。
日本全国の自治体、特に三多摩地区の各自治体に常に影響を及ぼす政策を提言、引っ張っている土屋正忠市長の功績はすごい、いつも話しを聞く度に思います。 

『ムーバス新路線、0123はらっぱ、テンミリオンハウス、セカンドスクール、市民の森公園、土曜学校、レモンキャブ、介護保険の改革』と今なお動いている施策が武蔵野市、そう感じながらのひとときでした。


3月14日 (金曜日) ・建設委員会

厚生委員会の審議結果

平成15年3月13日(木)午前9時〜 第1委員会室
第1 議案第 2 号(15.2.25付託)
 平成14年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号) ⇒ 可決
第2 議案第18号(15.2.25付託)
 小平市国民健康保険条例の一部を改正する条例 ⇒ 可決
第3 議案第 3 号(15.2.25付託)
 平成14年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) ⇒ 可決
第4 議案第14号(15.2.25付託)
 小平市介護保険条例の一部を改正する条例 ⇒ 可決
第5 議案第15号(15.2.25付託)
 小平市立障害者福祉施設条例の一部を改正する条例 ⇒ 可決
第6 請願第20号(14.12.3付託)
 ウイルス肝炎患者に対する心身障害者福祉手当復活について ⇒ 継続
第7 陳情第10号(11.6.9付託)
 難病患者の闘病生活支援対策について ⇒ 継続
第8 陳情第99号(12.9.6付託)
 介護保険制度の充実を求めることについて ⇒ 継続
第9 請願第27号(15.2.25付託)
 乳幼児医療費助成制度の所得制限廃止について ⇒ 継続
第10 陳情第29号(11.6.9付託)
 児童館の建設について ⇒ 継続
第11 陳情第39号(11.9.8付託)
 小平市立学童クラブの充実を求めることについて ⇒ 継続
第12 陳情第40号(11.9.8付託)
 小平市の保育園待機児を解消し、保育園の充実を求めることについて ⇒ 継続
第13 請願第21号(14.12.3付託)
 小平市に中学・高校生たちの集える場所を確保することについて ⇒ 継続

--------------------------------------------------------------------------------
児童館についての記事がありました。 厚生委員会が終わった後見つけました。
入場者3万人突破 
昨年2月1日にオープンした小平市営花小金井南児童館(花小金井南町3丁目)の来館者が3万人を突破した。同市で初めての児童館の利用が1年余りで大台に達したことについて、市は「地域の子どもや親たちに支持してもらえた結果」と喜んでいる。同児童館は、2階建ての花小金井南地域センターに併設されている。児童館は2階部分にあり、広さは約320平方メートル。遊戯室や工作室、集会室、図書コーナーなどを備える。建設費は地域センターを含め約2億9千万円。乳幼児が保護者と遊んだり、学校から帰った子どもたちがゲームなどを楽しんだりするほか、小中学生向けのパソコン大会などの行事にも利用されている。今月29日午後2時からは小学生対象のオセロ大会が開かれる。
 市児童課によれば、2月末現在の来館者は予想を上回る3万1329人。同課は「児童向けの専門施設がなかったことや、引率の大人が時間を過ごせる地域センターが一緒になっていることが大きいのでは」と分析している。
 市は今後の利用状況をみながら、市の中心部や西部地区での児童館建設を検討していく。3月13日朝日・多摩版


3月13日 (木曜日) 厚生委員会 会合

おはようございます。
本日は今期厚生委員会最後の審議になります。全部で13件が対象となります

---------------------------

他市の参考話題(永田政弘がこれまで提言してきた関連事項)

「はつらつワーク稲城」 55歳以上の無料就職相談 求職者殺到 
 「55歳からの職探し」を支援する無料職業紹介所「はつらつワーク稲城」が稲城市向陽台に今月3日オープン。
 この紹介所は、稲城市社会福祉協議会が運営。厚生省の許可を受け、稲城市と都から運営ノウハウや財政支援を受けて実現したものです。社福協が運営する無料職業紹介所は、今年1月6日開設の新宿区社福協に続き都内2番目。
 不況で厳しい雇用情勢が続き、リストラされたり、定年退職後も「まだ働きたい」と考える50代後半以上の市民が多く、稲城市社福協が「きめ細かい手助けをしよう」とオープンに動いたものです。

 対象は男女問わず55歳以上。 オープン3日間の相談者は75人に達した。
 相談理由は「まだ働けるのに働き口がない」、「リストラされた」「満員電車は体力的にきつくなったから」などさまざま。55歳以上でも経験や技術、意欲のある人材はあふれている。少しでも再就職支援の力添えになれば」との責任者の話しです。

↑→ ⇒ この事業は高齢者政策の一環として質問、提言したものです。
残念ながら小平市におきましては出来なかった事業ですが、機会がありましたら見てみたいですね。

---------------------------

 是非お出かけください!
KSNCパソコンでこんなこと出来るん展」
3
11()16()10001700
小平市中央公民館
1階ふれあいギャラリー


3月12日 (水曜日) 生活文教委員会

本日の生活文教委員会議事日程

第1 請願第18号 (14.9.26付託)
ルネこだいらを車いすでも使いやすく改善することについて

第2 議員提出議案 第 64 号 (14.9.26付託)
小平市立小・中学校のトイレ改善促進に関する要望決議について

第3 請願第19号 (14.12.3付託)
小平に30人以下学級の早期実現を求めることについて

第4 請願第10号 (14.2.28付託)
学校教育における子どもの安全を確保することについて

---------------------------

昨日の清掃の状況です。今回も多くの人が朝まだ冷え込んでいる時間、7時集合での出発です。
他のゴミは前より少なくなっている感じがしますが相変わらずたばこのポイ捨てが多いです。


おつかれさまでした

成果が少ない方がいいのですが

3月11日 (火曜日) 総務委員会 請願陳情締切 ・北商栄会クリーンデイ ・勉強  ・会合 

おはようございます。
今日も盛りだくさんの日程です。まずはこれから小平駅北のクリーンデイの掃除に行ってきます。
ということで更新開始。

---------------------------

是非お出かけください!
・「KSNCパソコンでこんなこと出来るん展」
3
11()16()10001700
小平市中央公民館
1階ふれあいギャラリー

昨日は花小金井南の「児童館」に行ってきました。児童館についてはこれまで厚生委員会で審議されていますが、その厚生委員会も今期はあさって一日となりました。どういう審議結果になるかわかりませんが、開館以来一年間の様子をパネルで伺いながらの訪問となりました。とてもいい雰囲気で時が流れていました。
お子様連れのお母さんから少し話しを聞かせて頂きましたが、週二、三回、午前中活用されているそうです。とても良いと喜んでいらっしゃいました。
午前中はそういう方々が多く利用しているとのことです。また休日とかはお父さんも加わって多く見られるそうです。雰囲気をちょっとご紹介致します(^ ^)

 こんなかわいいかざりも 。.。o○


地域センター利用者と児童館利用者が座ってつどえるコミュニティスペース

併設の地域センターでは
こんな募集もなされてい
ました。10人くらいの方
が参加なさっているそうで
す。


午前9時5分現在


3月10日 (月曜日)

高齢者政策について
今、私はいろいろなところで政策を市民の皆さんにお話ししていますが、特に高齢者政策については力が入っています。今日は、私が心配していました事が現実となりましたのでそれを挙げてお話ししてみたいと思います。
それは、この度ある方が定年を迎えて小平に戻って来られました。それは、小平市に社会的資源、財産が出来たことを意味すると私は考えました。
これから小平市でその財産を活用して頂ける、そう思っていたのですが残念ながら結果的にその活躍の場が現在の小平市にはなく他県への頭脳流出となりました。
考え方はいろいろあるでしょうが、私がいままで言ってきている事がマイナス方向で、現実として目の前に展開されますとここはみんなの知恵を出し合って、しっかり対策を立てるべきだと思います。ますます意を強くしてます。

「せっかく小平市に戻って来た『小平市の財産、社会資源』を外に出て使って頂くのではなく、小平市内で就業して頂く。そのた
めに機会創出を行政で政策としてやっていくことが必要だ」と言っているわけです。

-------追伸------------------
こんな写真が届きましたのでご紹介致します。
それはデジカメに望遠レンズを添えただけで、こんなにはっきりと「写るんです」ということだそうです。
これを見て昔、学生時代に三鷹の天文台で土星を見せてもらって、あの輪っかを感激して見たと同じくらいの今回でした。


月がこんなに近くに

土星

3月9日 (日曜日)  ・あおぞらまつり ・よさこい  

速報です

あおぞらまつり 


こげら合唱団

晴天・強風の中あおぞらまつりが開催されました。
私は「こだいらよさこい」には間に合いませんでしたが、着いてお抹茶とおいしいお菓子と一緒に頂きまして. .。o〇◯。
イヴェント最後のステージはもうおなじみになりました「こげら合唱団」です。いつも元気印の歌とアクションとが集った多くのみなさんに大喝采です!!
多勢のボランティアの皆さんの生き生き笑顔は(^^)(^^)(^^)(^^)(^^)でした。
また、今日の冷たい強風のもとで、外で案内して頂いてました皆様、本当にご苦労様です。ほほをピンクに染めて頑張ってました。
たくさんのエネルギー頂きました。

最後に本日の来場者は400人でしたと笑顔で報告がありました。大成功の一日ですね。\(^_^)/
(私の場合もそうですがイヴェントをやるときには、運営スタッフはどうしても参加者数とか喜んで頂いたとかが気にかかりますもんで、良かったなあ、と

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

おはようございます。
今日は天気良さそうですが風が強いようです。
春一番、二番、三番となかなかやまない今年ですが本日の小平風力の最大予報は11だそうです。風力発電が頭の中でぐるぐるまわります(^ ^)

この強風は日本の今を象徴しているようです。
その一つは7日の日経平均の終値が8,144円で引けたことです。これはバブル経済崩壊後の安値を更新したものです。いい方向への更新ならいいのですが、この頃のこの更新はよくありません。この数字の落ち込みは1983年3月15日以来の水準です。イラク情勢の緊迫化や他の要因が重なっているようですが、あまりにもマイナス要因が多い日本の図式です。

 ⇒ 内閣府の「社会意識に関する世論調査」によりますと、景気が悪化していると答えた人が2000年の前回調査に比べると2割近くも増え、65.3%に達したことが分かったそうで、40歳代の男性や大都市部で7割を超えており、景気悪化の深刻さが浮き彫りになった、との発表が8日ありました。
どうなる日本。
---------------------------

厚生委員会日程です。
今回が今期最後の委員会になります。
一番時間をかけているものが(11.6.9付託)の二件があります。採決するには難しい案件です。

平成15年3月13日(木)午前9時〜 第1委員会室
第1 議案第 2 号(15.2.25付託)
平成14年度小平市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)
第2 議案第18号(15.2.25付託)
小平市国民健康保険条例の一部を改正する条例
第3 議案第 3 号(15.2.25付託)
平成14年度小平市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
第4 議案第14号(15.2.25付託)
小平市介護保険条例の一部を改正する条例
第5 議案第15号(15.2.25付託)
小平市立障害者福祉施設条例の一部を改正する条例
第6 請願第20号(14.12.3付託)
ウイルス肝炎患者に対する心身障害者福祉手当復活について
第7 陳情第10号(11.6.9付託)
難病患者の闘病生活支援対策について
第8 陳情第99号(12.9.6付託)
介護保険制度の充実を求めることについて
第9 請願第27号(15.2.25付託)
乳幼児医療費助成制度の所得制限廃止について
第10 陳情第29号(11.6.9付託)
児童館の建設について
第11 陳情第39号(11.9.8付託)
小平市立学童クラブの充実を求めることについて
第12 陳情第40号(11.9.8付託)
小平市の保育園待機児を解消し、保育園の充実を求めることについて
第13 請願第21号(14.12.3付託)
小平市に中学・高校生たちの集える場所を確保することについて

昨日の椎名誠さんの講演会です。
1944年生まれ、私より二才上だと知りましたが、驚いたのがその雰囲気です。若い!。

世界を駆け巡っているエネルギーを一杯受けました。


3月8日 (土曜日)  ・党総決起大会7時   珈好琲会  青少年健全育成講演会 13時30分開場・14時開演 福祉会館 ⇒ 作家「椎名誠さん」に〜〜かけがえのない君達へ〜〜

深夜の夜空は星が「さんざめく」とはいきませんが雨上がりの寒空にきらきらと輝いています。
皆様ご覧になりましたか・・・・・きれいですよ。

さて、新小金井陸橋の工事進捗と完成予想イメージ平面図です。
平成17年度末を目指して進んでいます。
(以前の報告では16年6月完成予定でした)

☆完成イメージ図
☆工事場所

3月7日 (金曜日)
おはようございます。
午前4時半現在、外はまだ雨が降っています。
6日は啓蟄(けいちつ)でした。「冬ごもりの虫がはい出る」という二十四節気ですが、悪天候で虫たちも地上に出るのは見合わるたことでしょう。しかし私はそんな状態ではなくフル回転です。

昨日の楽笑会は雨模様にもかかわらず、会場一杯のお客様をお迎え致しましてルネこだいら・レセプションホールで開催されました。地域の若い人が有志で続けているもので、今回は10年間で22回目です。日本の伝統文化の落語と講談を4人の若手の話し家を通して小平の(勿論他地域の人も歓迎です)皆様に聞いて頂くという素晴らしい継続です。
噺家の皆様もだんだんうまくなり、聞くのが楽しみになりました。真打ちになるまで頑張っていただきたいと思います。


春風亭昇乃進

桂うらら

春風亭柳之助

神田ひまわり

3月6日 (木曜日)  予算特別委員会(特別会計)    ・ビジネス取材  ・楽笑会

速報です

お疲れさまでした。。.。o○
午前0時をまわりました
もう昨日になりますが予算特別委員会で平成15年度小平市一般会計予算が賛成多数をもって
可決されました。
このあとは、最終日に本会議での採決を待つことになります。


---------------------------


3月6日(木曜日) 木戸銭無料
ルネこだいら レセプションホール 午後6時30分開場  7時開演
出演予定 ・春風亭柳之助 ・春風亭昇乃進 ・神田ひまわり ・桂うらら

この楽笑会も会長を引受けてもう22回目になるんですね。小平駅周辺の若い人達の会費で年3回ほどのペースで開催されています。出演者、お客様、スタッフがほのぼのとしたつながりでのひとときです。継続の素晴しさをみなさんしみじみ味わう、今の時代には貴重なひとときです。
春風亭柳昇師匠も駆けつけてくださったこともありました。

まだ夜は寒いですが、どうぞ是非お出かけ下さいませ。今回も笑いと感動でお待ち致します。

---------------------------

平成13年度9月議会議事録アップしました
(活字化出来たものから順次アップしています)
永田政弘の一般質問
「小平駅南口周辺の環境整備」
「こだいら情報交流プラザ」
「小平市電子政府構築化とIT活用について」

用水路に水がこんなにすてきに流れています\(^_^)/!!

---------------------------

業種別、資金別融資状況・参考資料です。

運転資金
(件数)
設備資金
(件数
製造業
建設業 52 10
商業 49
サービス業 24 10
その他
142 37
179

3月5日 (水曜日) ・予算特別委員会(一般会計)三日目

現在午前2時です。
予算二日目は午後11時45分終了でした。
連日の長時間の審議になりますがこの状態が果たしていいのか、考えてしまいます。一般質問の日程が2日から3日になったように、この予算特別委員会(決算特別委員会)も一日多くとることもありでは、と。また一つには職員の皆さんの中には遠くから通勤している人もいることもあります。個人的には今後の課題と受け止めてます。

本日の日程は一般会計予算の最終日になります。
全質疑が終わりますと各会派によります、市長への総括質疑になります。ついで採決へと入ります。

========================= 

三日目審議日程

11・学校教育部、理事(指導課長事務取扱)
庶務課・参事(施設計画)・学務課・指導課

12・社会教育部
社会体育課・文化財課・体育課・公民館・図書館

総括質疑 

討論 

採決


3月4日 (火曜日) ・予算特別委員会(一般会計)二日目

早朝 : 強い風が吹いています。
今日は春二番ですね。

本日は二日目。下記の日程で進みます。
環境部での質問ですが、この強風は強烈に後押しとなります。なにしろ風力発電には風力が足りないと以前言われましたから。・・・・多分「年間トータルしますと話しになりません・・・」とか言われるんでしょうね(^ ^)。
『 環境問題 ⇒ やさしい自然エネルギー ⇒ クリーンエネルギー ⇒ 風力発電 ⇒ 太陽光熱発電⇒ 小平市のイメージアップ 』
 めざそう こだいら !!!

行ってきます ( )/~

========================= 

深夜 : 先ほど帰ってまいりました。
3日一日目の終了は午後11時半前でした。
やはり長丁場となりました。(午前9時〜  )
周りの人達は、我々議員がこんなに遅くまで審議をやっているとは思ってないでしょうが事実です。
つい最近まで私の周りもそうでした(^ ^)

クリーンエネルギー質問 ⇒ やはりだめでした。でもめげません。

========================= 
二日目審議

6・環境部
リサイクル推進課・環境保全課・下水管理課

7・児童女性部
児童課・参事(保育指導)・参事(青少年・女性施策調整)

8・健康福祉部 福祉計画課・高齢者福祉課・介護保険課・
障害者福祉課・生活福祉課・健康課

9・建設部   道路管理課・土木課・建築課

10・都市整備部 総合計画課・参事(都市整備)・開発第一課・
開発第二課・公園緑地課・用地課


3月3日 (月曜日) ・ひなまつり ・予算特別委員会(一般会計)一日目

予算特別委員会(一般会計)一日目は下記の日程で9時から審議が進んでいきます。時間は長丁場になります。
本会議場での答弁形式とは違ってこの委員会は各課の課長さんが殆ど答弁していきます。側には、議員の質問に対してすぐに答弁できるようにと分厚い書類を用意して係長さん達がスタンバイします。(早く、検索を素早く出来るパソコン活用実現を望みたいですね)
議員と相対して向い側にずらりと並んでのやりとりは、議員になって最初の時はとまどいました。今は懐かしい思い出です。
各課に対しての質問も決まりました。重複しなければ順次質問していきます。何しろ13人の大所帯ですから最後の方は準備していた質問項目が残らないときがあります。(同種の質問が先に出たときは関連質問としてその時聞くことになります)

1時を過ぎましたが、あと一息です。

=== 日程 ==================== 

1・議会事務局

2・企画財政部・監査事務局
企画課・行政管理課・財政課・広報公聴課・情報システム課・会計課

3・総務部・選挙管理委員会事務局
庶務文書課・秘書課・職員課・参事(労務)・管財課・検査課

4・市民部・
市民課・市民税課・資産税課・収納課・保険年金課

5・生活文化部、農業委員会事務局
市民生活課・文化振興課・産業振興課・防災対策課・交通安全課


3月2日 (日曜日)

外は冷たい強い雨足が依然として屋根をたたきつけています、午前一時の状況です。
でも今日は天候も回復に向かうそうですから、そろそろ止むのでしょう。

今日は一般質問しました中のホームページと選挙についての質問内容をアップします。「文書図画」との解釈ですから、いずれにしましてもまだ解禁ではありませんので、選挙管理委員会の考えをお聞ききし試行錯誤しながらの進み方になります。先だってやる者の悩みです。

☆確認したいこと 

@選挙に関するホームページ
さて、今回の市議選にもおおいに影響があると思われます「ホームページ広報」は現段階でどう解釈していいのか、確認させてもらいます。
小平市も各議員さんがそれぞれのスタンスでホームページを開設しています。
そのホームページの広報に関してまだはっきりしていないところがありますので、お聞きしたいと思います。

2002年4月、政府は選挙期間中のホームページ利用を全面解禁する方針を固め、2004年参議院議員選挙での新制度導入を目指す方針を出しました。 現行の公職選挙法の規定では、選挙運動に使える「文書図画」をビラなどに限定し、インターネットの活用は禁止しています。ということですから現下では「文書図画」として考えるべきだということです。
そこでネットでの選挙運動に関して
@何が問題となるのか
A何が利用可能なのか
Bホームページをどのように利用するとどのように現行の公職選挙法に抵触するのか

これからは一つの見方として行政をふくめて(選挙公報掲載等)ホームページを広報として使わないのは、逆に有権者の知る権利を阻害する要因にもなりかねないかもしれません。公平、不公平という考え方が、これまでは「操作を出来ない人がいるから出来ない、やらない」といった答弁がありました。しかし、今後この理由でまたこの段階で行政側が広報として活用しないでストップしてしまった場合、実はその考え自体が不公平であるのではないのかと考えますが、どうでしょうか。
だから、というわけではありませんが、少なくとも各施設へのインフラ整備は早急にやるべきだと思います。

ということで選挙がもたらす情報化社会への対応をどうやっていくのか、私のこれまで4年間の積み重ねを見てもらって考えて頂ければと思います。
話題、課題いろいろな波及効果を期待します


3月1日 (土曜日)    ・ブレンドの会

「はるやよい」、この言葉を聞きますと思わずうきうきしてきます。
天気も晴れて、といきたいところですが雨模様のスタートになりそうです。
議会の方は一般質問が終わり、これから予算特別委員会、常任委員会へと移っていきます。

3月議会初日に市長から「 平成15年度小平市一般会計予算」の説明がありました。活字化できましたのでアップします。
以下、小平市長の施政方針です。

最初に、予算編成に関わる市を取り巻く環境について申し上げます。
わが国の経済は、平成15年に入ってもなお回復の基調は見られず、デフレからの脱却が急務となっております。市の経営を取り巻く環境、特に財政環境の厳しさは、この経済状況を反映して年々その度合を増しています。

私は、景気回復を願いつつも、現在のこの状態が普通の状態なのだと割り切り、回復に期待を寄せた市政運営ではなく現在のような状況の下でも健全な小平市の経営が継続できるよう全力を尽くしその上で景気が良くなったら大いに喜ぼう、とのスタンスで市の経営に携わって参りました。

そして、市政運営にあたっては、調和と均衡の採れた、公平で安定した市政を基本に据えて、さらに継続した努力をして参りたいと存じます。 続き ⇒




必見!!
・飯田勲さん(教育委員会・情報)のホームページです


平成15年3月の主要日程
変更あります

1 ○ ・ブレンドの会
2  ・会合
3  予算特別委員会(一般会計)
4  予算特別委員会(一般会計)
5  予算特別委員会(一般会計)
6  予算特別委員会(特別会計)  ・楽笑会  ・ビジネス取材
7  会合
8  ・党総決起大会7時   ・珈好琲会
青少年健全育成講演会 13時30分開場・14時開演 福祉会館
作家「椎名誠さん」に〜〜かけがえのない君達へ〜〜
9  ・よさこい  ・あおぞらまつり
10 ○ 
11 ○ 総務委員会 請願陳情締切 ・クリーンデイ ・会合 ・勉強 ・「KSNCパソコンでこんなこと出来るん展」311()16()10001700:小平市中央公民館1階ふれあいギャラリー。
12 ○ ・生活文教委員会
13  ・厚生委員会  ・会合
14  ・建設委員会
15  ・会合  ・土屋正忠市長を励ます会
16 ○ ・瀬沼元市長本葬 ・グリーンロード推進協議会主催掃除9時たかの台
17  ・NPO
18  ・幹事長会議  ・政和会 ・議定締切   ・体験学習受け入れ ・会合
19  ・KSNC2時
20 ○ ・中学校卒業式 10時00分  ・都料飲食組合 ・会合
21  ・春分の日 ・FM西東京 ・
22  ・会合 ・入社式
23  ・北多摩少年軟式野球大会・西武ドーム
24  ・議案配布
25  ・本会議最終日 ・議会報編集委員会
26  ・小学校卒業式 9時30分
27  ・都知事告示
28 ○ ・シルバー人材センター総会 2時〜  ・なごみ理事会
29  ・3中吹奏楽定期演奏会6時
30  ・会合
31 ○ ・会合

☆==============================================☆