平成15年1月の主要日程
変更があります

Kodaira Head Line

      


1999年6月からはこちらです
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月 6月
2002年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2003年 1月 2月 3月 4月 5月 6月

1月31日 (金曜日) 晦日

はやいはやい。
特に早い年の一月が今日で終りです。さまざまな思いを巡らしながら時間が過ぎていきます。

やらなければならないことが山のようにたまっています。
一般質問、予算委員会、厚生委員会、後援会、報告書、名簿、諸々の印刷等々・・・。連日の詰ったスケジュールと同時進行ですから頭の整理. .。o〇◯。
現在、午前1時を過ぎましても終るということが考えられませんので「エイッ!」とどこかで区切りをつけてあげないと海馬がキリがなさそうです(^^)。

「エイッ!」

---------------------------

玉川上水の史跡指定についてのお知らせです

東京都は、玉川上水の史跡指定に向けて、事務を進めるとのことで現時点における情報については、以下のとおりです。
1・1月末頃史跡指定の申請を行い、3月の文化審議会を経て、5月か6月頃に告示・指定する予定であること。
2・史跡の指定範囲は、別添のとおり羽村市の取水口から新宿区内藤町(四谷大木戸)までの約43キロメートルのうち開渠部分であること。
3・玉川上水の現状変更については、文化財保護法により、文化庁長官の許可が必要となること。(軽微な変更等は市教育委員会)
4・現在指定されている歴史環境保全地域と重複した指定となる予定であること。5・橋梁等の占有物の所有者は、史跡指定について同意書の提出を求められており、関係各市は同意書を提出の予定。小平市においても都市計画道路が計画されている箇所等については、事業に支障がないよう配慮されたい旨を付記し、同意書を提出する予定。

玉川上水概況図

都市整備部(公園緑地課) 社会教育部(文化財課)


1月30日 (木曜日) ・予算説明会(会派別)  ・女性部ルネ

本日は会派への15年度できたてほやほやの予算説明会です。
詳しくは2月6日にありますが、その前哨戦といったところでしょうか。
財政厳しい折、職員の皆さん方は相当熟慮されての予算編成であったと思います。そういう中で、果たして、我々が要求したいくつかのうちどこまで、満たしてくれるでしょうか。


1月29日 (水曜日)

冷たい北風強し。

「構造改革特区」について。
この件について、3月議会で一般質問しようとする候補の一つです。特に私が注目しているのが地域限定の規制緩和で経済活性化を図る「構造改革特区」構想です。現実には様々な発想が提案されています。果たして小平にはどんな事がかんがえられるのか、提案出来るのがあるのか是非とも検討したいと思います。またまた小平市全体の政策的な質問になりそうですが種撒きも含めて考えます。


1月28日 (火曜日) ・ながた政弘役員会  ・NPO

本日のひとつ。
素晴しいNPOが誕生しそうです。
まだ公開できませんが、このNPOを引張っていくにふさわしいトップの方のお話を聞きました。「継続」「いっぽいっぽ」と、私が銘にしています言葉がしっかり出てきまして、嬉しくなりました。小平の将来にとりまして明るい話題だと思います。お楽しみにしていてください。
-------------------------
本日のその2。
喜平図書館へ先にお伝えしました商店街の昔展へ行ってきました。
数点デジカメ撮影での分掲載致します。

小平駅前周辺の昔

-------------------------
本日その3。
東村山市へ行ってきました。
このところ情報関係が急に伸びています東村山市が気になっていましたが、とにかく現場をみておこうと咳をしながら、行ってきました。その中でも公共施設予約端末機がやはり気になりましてどれだけ使いやすくなっているか、誰でも簡単に使えるのか
不公平感がないように、説得させるだけの使いやすさになっているのか等々いつものチェックをしてまいりました。
タッチパネル形式で、キーボードも画面上で操作出来ます。マウスがどうのキーボードがこうの、と言っていたのが嘘のようですが、小平で発言する時にはもうそのことを説明しなくてもいいように祈ってます。
果してここまで技術が進化してきますと、とりあえずは不公平感はもはや語らなくていいと思います。むしろこれまで予約に参加できなかった市民の人達が平等に参加できるメリットの方が大であると、さらに感じます。
コミュニティバス・グリーンバスも小平を置いて発車してしまいました・・・・。


1月27日 (月曜日) ・防災を語る会5時30分 ・小平駅北商栄会新年会7時  

今日は風邪のため、さすがの私もこの日誌が進みません。
二つの会合だけは必死に参加してきました。その場では元気が出るのですが、今はぐったりです。今年のインフルエンザの猛威直に感じています(;_;)
書けないこと申し訳ありません。

とにかくもう寝ます。
明日も重要な会合重なりますので。

すみません。


1月26日 (日曜日) ・議会報発行(全戸配布です)

現在午前4時です。約一時間前から「にっし」をかこうとパソコンを立ち上げたのですが、今日はかなり何回も、何回もダダをこねました。今ようやく正常に動いています。古くなってくるとこういうことが多くなります。こまったものです。

昨日の講演会の報告です。


凄い人がいるんですね。今回講演をしてくださった水谷修氏は最初のイントロから度肝を抜かれました。身体を張って少年犯罪を防ごうと「夜回りの水谷」と呼ばれながら深夜の世界をパトロールしているそうです。
現場からの生の声は、机上の空論とは違って重みがあります。すごみがあります。訴える力があります。そういう雰囲気の中であっという間に講演時間が終わりました。情熱でぶつかること、それも身体毎。身に染みます。

『第四次少年犯罪多発期を迎えて』
  〜 非行を防ぐ子育て・まちづくり 〜
      水谷 修 (高校教諭)

1956年横浜生まれ。上智大学文学部哲学科卒業、
現在、横浜市の夜間高校の教師。
教師生活のほとんどの時期、生活指導を担当し、高校生の非行・薬物問題にかかわる。
「夜回り」と呼ぶ深夜の繁華街パトロールを通して、若者とふれあい、彼らの非行防止と更生に取り組んでいる。
現場での経験をもとに、少年非行や薬物汚染の実態と背景をひろく社会に訴え続けている。
---------------------------
講演語録  箇条書き
 ・ 第一次少年犯罪多発期
⇒ 戦後の貧しさ故の多発期
・ 第二次少年犯罪多発期
⇒ 1983年。団地と鍵っ子 光と影の年 オリンピック
・ 第三次少年犯罪多発期
⇒ 1983年。 学校における犯罪 2万件を超える ここでみんなが踏ん張らなかった。その影響大。教育ママ、教育パパになってしまった。
・ 第四次少年犯罪多発期

⇒ そして今。薬物の乱用。

薬物は3回殺す 
⇒ 一回目は「こころ、やさしさを失う。嘘つきになる」
⇒ 二回目は頭がおかしくなる。常にいつ、どこでどうやって使うかばかり考えている。
⇒ 三回目は肉体の死
 

愛の力だけではドラッグは止められない。
⇒ これまでは愛と罰で教育をやってきた。治療も必要。
・ドラッグはまず“天使の顔”でほほえみかけ、そして三回殺す。
・ドラッグとは、法律によって使用が禁止または制限されている、・依存性のある薬。
・若者が乱用しているシンナーは大脳皮質を溶かしていく。

---------------------------
いろいろな話しを聞きながら、では「行政としては何が出来るんだろう」と考えました。確かに担当課を小平市はつくりました。その課を機能させるには相当のエネルギーがいると思います。
---------------------------
尚、今回の講演会、また町田市のパトロール模様がテレビ、ラジオで放送されるそうです。
@ 2月3日 12チャンネル 午後 9時55分〜
A 2月6日 NHK10時 NHKジャーナル


1月25日 (土曜日) ・薬物乱用防止講演会1時 ・福祉会館

小平市に新名所誕生

 世界一のジャンボタイヤ!\(◎o◎)/!

小平市が誇る世界の企業ブリヂストン東京工場内に世界最大のタイヤがお目見えしました。「さっそく出かけて激写」と行きたかったところですが、入場禁止、入口でストップで中には入れませんでした。仕方なく遠目から静写。皆様にはその世界一の大きさを直に伝える事が出来ませんがその一端でも見てください。
とにかくでかい!!

大きさは「直径約四メートル、幅約1.5メートルで、重さは5.1トン」こんな大きなタイヤがどんなところで使われるのか興味津々ですが
、米国や中南米の鉱山などで使われる超大型ダンプトラック用として開発されたものだそうです。価格は1本で350万円。

工場設備等も当然進化していくのでしょうが、今回の設計、施工等において小平市には大きさや重さに耐えられる工場設備等をやれる優秀な企業が揃っています。

こういう、まさに
逸品を小平市はもっともっとPRし利用させてもらえばいいと思うのですが・・・・・・。


1月24日 (金曜日) ・グリーンロード関連  ・学校開放訪問

おはようございます。
外はまだ暗いですが白い雪が残っている分、反射で明るいかなといったところです。

今日は小平一マンモス小学校「第七小学校」を学校訪問しました。
入口で寒い中お母さんが二人受付してらっしゃいました。「学校と地域の連帯で地域で育てようすこやかな子ども」と口では簡単にいいますが、実際に実行、継続となりますと多くの皆さんの応援がいります。
私も出来る世界からその応援に携っていますが、子どもさん達の熱心な学習態度みると熱が入ることも確かです。
そういうことで一階、二階、三階と全教室を参観しました。この学校開放は
「21こだいらの教育改革アクションプラン」の一環として市内一斉学校開放週間として実施されているものです。
1年から6年生までじつに様々な勉強風景を見ることができます。学校開放実行当初の訪問人数は今はないそうですが、各教室2〜3名の保護者の方々が参観していらっしゃいました。
校長先生はそのたびに保護者の皆さんに挨拶をしてましたが、こういうこと大事ですね。

校舎内は撮影禁止ですので、外の看板とお知らせチラシのみ掲載致します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日の小平商工会情報システム委員会の件ですが、無事初めてのペーパーレス委員会が出来ました。

大きな議題は小平商工会で念願のサーバーを持つことが出来るようになったことです。小平商工会がホームページを全国にさきがけて開設した頃、自前のサーバーもやりたい、しかし投資額が相当高い、そのため、実現化しなかったものです。今回の実施する内容は月額18,690円で1000MBをようするものです。

これを会員のみなさまに使って頂けるよう働きかけを、今後やっていきます。関心のある方はどうぞ小平商工会(344ー2311)にお問い合わせ下さい。月額20M で2000円です。

  小平商工会情報システム委員会  

議 題
1.レンタルサーバの利用・構築について
2.今年度事業遂行状況
3.その他
レンタルサーバの利用・構築

今年度事業の遂行状況
1・ 学園西町情報交流プラザ
2・ I T ルーム開放
データベース活用
 1.Accessによる会員管理
   支部別・班別リスト、郵送用ラベルの印刷
   口座振替等
 2.一店逸品運動におけるデータ
   商店街データ、個店(逸品)のデータを蓄積中

講習会の開催
今後〜来年度の事業
レンタルサーバの展開
 @関係機関等への募集
 Aホームページ作成・更新の請負

提供情報の拡大化(リンクなどの充実)
データベースの構築と整理
その他
アクティブシニア就業支援事業
 @飯田橋シニアワーク東京訪問
     平成14年7月24日実施
 A小平市へ来年度予算要望
 B事業計画等検討
  

とにかく実践実践です。


ペーパー無しで進んでいきます。

1月23日 (木曜日) ・・商工会情報システム委員会

本日の商工会情報システム委員会はいよいよペーパレス化へとの段階に進みます。乃ちパソコンを用意しあらかじめ議題をフロッピーディスクに用意しておき、それをもとに進めていくものです。一応プロジェクターも活用致しますが、ペーパーは無くなるということです。
パソコンの普及が「ペーパーレス化」になるだろうと思われていたことが、なんと前よりペーパーを使うことが多くなったそうです。環境問題も含めて、出来るところから少しずつ改革していきましょう。

   来た路

↑→行く路


1月22日 (水曜日) ・KSNC

おはようございます。
今日はあたたかい太陽がいっぱいです。
また「今日も頑張ろう!」という気持ちが湧いてきます。

故郷のお正月が地方紙で小平市中央図書館集結しています。
これは毎年全国各地の地方紙の元旦付を展示する「ふるさとの新聞元旦号展」で今年は23回目になります。
尚この中央図書館の展示は23日までで25日からは上宿図書館(同市小川町)で開催されます。
情報の受発信基地を目指す図書館、頑張ってます。


1月21日 (火曜日) ・環境衛生組合新年会  ・小平駅前商店街新年会   ・パソコン ・KSNC

20日発行の市報で『第24回小平市郷土写真展「こだいらのみせ」』の展示のお知らせがありました。

⇒ 図書館では、変わりゆく郷土の写真を撮影・展示しています。
今回は、わたしたちの暮らしに身近な町なかの商店をテーマに撮影しました。
あわせて昭和期の懐かしい商店の写真も展示します。
小平駅はすでに
出来上がっていて
広場になるところが
まだ商売をやって
いる貴重なワンカット
です。
1月25日(土)〜2月6日(木) 喜平図書館
2月8日(土)〜2月13日(木) 花小金井図書館
2月15日(土)〜2月19日(水) 大沼図書館
2月22日(土)〜2月27日(木) 仲町図書館
3月1日(土)〜3月6日(木) 小川西町図書館
3月8日(土)〜3月13日(木) 上宿図書館
3月15日(土)〜3月19日(水) 津田図書館
3月22日(土)〜3月31日(月) 中央図書館

掲載写真に(上掲載)小平駅南口がありましたが、若手の人からこの地域の昔をもっと知りたいとの連絡があり、さっそく喜平図書館にでかけまして昔の写真がどれだけあるのか、見せて頂きました。先日の「図書館ビジネス」について一般質問した時に、定点撮影を長期にわたってやっている事(なんと現在270カ所)、商店のチラシを全て取りそろえていること、も聞いていましたので、楽しみにいきました。館長さんに大変親切に対応して頂きまして、多くの資料から時間をかけてお世話になりました。その量多い写真は小平の歴史をふんだんに抱き、小平市の歴史をひもとくうえで貴重であり楽しい時間を醸し出します。すっかり時間を忘れ小平の昔をタイムスリップして観ることが出来ました。
写真には番号が符ってあり、貸し出しが出来るようになっています。この厖大な資料をみますとデジタルでのデータベース化は検索を含めて是非とも進めていかなければならないと思います。
定点観測も現在270カ所が行われているとのことですが、これを維持することも大変だと思います。
この継続に関しては、先日話しを聞きました「小平雑学文化塾・鈴木忠司氏」も
そうですが、現役時代は2時間、自由人になってからは3時間、毎日玉川上水を歩き続けているというエネルギーは感嘆です。「歴史とは継続」と考えるならば、写真の定点観測などはその極みでしょう。ある一点の事実を後生に伝えていく事、大事だと思います。

---------------------------

☆ 玉川上水についての報道が本日ありました ☆
世界遺産登録へと小平ユネスコも掲げていますが、東京都が今回国の史跡へと申請したものです。
今春指定の見通しだそうです。

 江戸の町の上水道として、1653年(承応2年)に羽村市から新宿区の間(約43キロ)に整備された「玉川上水」の一部区間について、都は20日、今月末までに文部科学相に対し国の史跡として指定するよう申請することを明らかにしました。玉川上水は羽村市の取水口から多摩川の水を引き込み、都心部との標高差92メートルの緩勾配を自然流下方式で流している。約350年前の土木構造物としては高い技術が駆使されているほか、潅漑(かんがい)用水としての役割も果たすなど、江戸の歴史を伝える基調な土木遺産で小平市ではその資源を大事にしたいともろもろ施策をしていますが、こういった動きにさらなる考えが必要になってきますね。
尚範囲は約31キロについて国の史跡として指定するよう求めています。当然小平市も重要な区域になると思います。
都は「国の史跡指定を受けることで、より充実した保存、活用を目指したい」との話しです。


1月20日 (月曜日)  小平美容組合新年会

おはようございます。
現在午前2時を過ぎました。  
外は雪の予想もありましたが雨さえも降っていません。

本日、議会報告新年号とできたてほやほやの「ながた政弘リーフレット」を発送致します。ここまでくるまでに約一ヶ月を要したことになります。このような時間の経過を考えますと4月などはあっという間に来てしまいそうです。

[「公共施設予約システム東村山市、ネット・携帯でもOK」]
こういう報道がありました。勿論他自治体と比較するわけではありませんが、隣接の市が相次いで予約システムサービスを始めましたのを見ますと、なんとも心が騒ぎます。
3月議会での一般質問では、これまでの3年半を振り返って、情報関連システムでの市民サービス化がどれだけ進んだかを含めて、これまでに出来たこと、出来ないこと、これからやらなければならないこと等を整理しながら質問したいと考えています。

そういうことで今回実施された東村山市を参考にもう少し紹介しますと
@ インターネットや携帯電話などで公民館やスポーツ施設などの
空き情報を調べたり予約ができる
A 使用料は、市役所や公民館など公共施設で支払うことができる
マルチペイメントサービス開始
 (これまで市民が、市内の5公民館や市民スポーツセンター(運動公園含む)、ふるさと歴史館を利用する場合、一部施設を除き、予約や使用料の支払いの際、施設に直接出向かなければならなかった。)
B 音声ガイダンスによる専用電話、市役所など市内15カ所に設置された
公共端末で予約ができる
C 
ファクスで空き施設情報の確認もできる。
D 予約期間は、使用予定日の3カ月前の月の15日から。4月利用分ならば1月15日から月末までとなる。
E 予約システムの対象施設ならどこでも、使用料の支払いや使用許可書の受け渡しが可能。
F 「いきいきプラザ」内にある市社会教育課でも受け付ける。


以上のようにもはやデジタルデバイド格差云々は情報機器の飛躍的な進化(価格も含めて)によりまして説得力がなくなってきました。補助金等の活用も含めまして職員、市民、議員でいまこそ知恵を出し合うべきです。


1月19日 (日曜日) ・神社関係新年会 ・天神自治会新年会 ・小平雑学文化塾・鈴木忠司氏講演「玉川上水365日」 ・第4回小平市立図書館 ビジネス支援セミナー

今日は実はまいってます。全ての行事が私にとりまして大切なので参加したいのですが、そうはいかなくなってしまいそうです。
せめて時間が少しずつでもずれてくれればいいのですが、殆ど同時間帯で不可能なのです。しかし可能な限り・・・・・・走ろう。

速報です


鉛筆画二点
やさしい画風です

さあ始まりました鉛筆画家・鈴木忠治講師のお話

基太村さんの司会で進行です。

「玉川上水365日」講義内容
1・クレパスの匂い
2・自由人の生活
   自由人の意味
   自由人への準備
   自由人への条件
   自由人の生活
3・待つ季節 追われる季節
4・スライド
   玉川上水四季さんぽ
   散策カレンダー
5・私の青い鳥
   青い鳥を求めて
   鉛筆の世界
   私の青い鳥


上記の内容で話しが進められました。私は次への席がありましたので途中で退席しましたが、日頃からお話は聞いていましたので、今日はさらに「自由人」としての考え方を聞くことが出来ました。
これからの時代、リタイアしてからの時の一つの過ごし方を参加なされた皆さんに身体全体を使っての講演でした。

---------------------------

昨日は国立に行ってきました。今問題になっているマンションも撮影してきました。なるほど周りの景観の中で他を圧倒しています。幾つもの裁判が同時進行で進んでいる旨お話を聞いてきました。我が小平にもしこれだけのマンションが出来たら・・・・。
駅前の文教地区宣言の看板が大きく見えました。


国立駅舎

文教地区宣言

大学通り

国立のマンション

国立景観訴訟、原告と市が和解
東京高裁 規範条例の制定など合意
 国立市の大学通りの景観が高層ビルの乱立によって損なわれ、近隣住民の「景観権」が侵害されたのは、周辺の建築規制が不当に緩和されたからだとして、住民らが市などを相手に損害賠償を求めた訴訟の市との和解が17日、東京高裁で成立した。
 和解では、大学通りについて「環境の主たる要素である良好な景観を市民参加で保全、創造、継承する」と宣言。さらにそのために1市は市民らと大学通りの都市景観を守ることに努める2市はまちづくりにあたり、都市景観の形成に配慮し、規範となる条例を市民合意のもとに制定する−ことなどで合意した。
 

1月18日 (土曜日) ・三議連・国立市  ・東区自治会新年会

お知らせです。
いよいよ
青梅街道整備工事(歩道改善)の現場調査が実施されます。
長い間懸念箇所でありました、青梅街道、特に仲町周辺の整備事業がいよいよ始りますが、その前に現場の調査が行われます。尚調査は20日以降となっています。


1・事業範囲
小平市仲町301番地先(天神町交差点)
〜仲町20番地(小平消防署交差点)  延長1、100m

2・今回調査範囲
小平市仲町301番地先(天神町交差点)〜仲町164番地先(仲町図書館前交差点)
延長約600m

3・調査時期
平成15年1月中旬〜3月下旬

FAX受信のため不鮮明です。ご了承下さい。尚詳しくはMap Fanのマークをクリックで。

1月17日 (金曜日) ・シニアネット久留米 古賀理事長、来小平

おはようございます。

今日は6433人の犠牲者を出した阪神大震災から8年になります。
改めましてお亡くなりになった方々にご冥福をお祈り致します。
その前日1995年1月16日に丸一日神戸にいました私です。
震災直前夜の神戸市内全景を駅前のオリエンタルホテルの最上階から見たことになりました。
深夜に自宅に帰り早朝(午前5時46分発生)に驚きの大惨事を知ることとなったのです・・・・・・・。

人生を経ていく中でいろいろな体験をさせて頂いています私ですが、阪神淡路大震災はその中でも大きな大きな重みを持っている中の一つです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

リーフレット完成しました


1月16日 (木曜日) 新年会

速報です

本日朝、美園町2丁目で火事が発生しました。連絡を受けてさっそく現場へいきました。
ワンルームマンションの一部屋が燃えてました。延焼はまぬがれました。住人の方は勤めでしょうか、いらっしゃいませんでした。相当数の消防車が出動です。
11日に消防出初式が終ったばかりですので、火災のことは気になります。
お互いに気をつけたいものです。
以下先日配布されました防火標語です。

『消す心 置いて下さい 火の側に』
『気くばり 目くばり 火の用心


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
おはようございます。現在午前二時をまわりました。
朝早くからの15日の日程がまもなく終わろうとしています。

昨日は『大本山・成田山新勝寺』で「家内安全」「交通安全」「商売繁盛」「小平市飛躍」「当選祈願」をしっかり手を合わせてきました。

参道を歩いて本尊に進んで行く路でだんだん気持ちが引き締まっていくのがわかります。途中のお清めの水でさらに高まるわけです。
心も新たに・・・祈願

別話題ですが、こういう場所を訪れるたびに、街の活性化とは、その原点とは、「まさにこれである」といつも思います。それほど各地から多くの人を集めその周辺に多くの収入をもたらすことの相乗効果絶大な風景です。人が動けば様々なものが動きます。その動きを形として見えるようにする。いくつもの仕掛けが経済性を含めたにぎやかさにリンクしていくわけです。必要なときに継続して繰り返されるお参り。最初の仕掛け人は世界共通で凄い!!

みなさまには写真から成田山の状況をお伝えします。どうぞお尋ね下さい。
今年も多くの高齢者の方々が参拝していらっしゃいましたが、だんだん成田山まで参拝できない方々が多くなると思いますが、そういうときこういったホームページを利用したライブ中継も活躍するようになるんだろうな、と独り思いながら歩きました。

成田山本殿2003年1月15日

「成田山は天慶3年(940年)、寛朝大僧正が開創して以来、弘法大師が敬刻開眼された不動明王をご本尊とし、全国より年間1,300万人のご参拝をお迎えしております。お不動さまは、真言密教の根本仏である大日如来の化身であります。私たちの煩悩や色々な迷いを鎮め、さまざまな障り・災難を払うために恐ろしい姿をされております。また、どんな所へでも出向き、すべての人を救済するため、奴僕(ぬぼく)の姿を示されております。」


1月15日 (水曜日) ・成田山初参り ・楽笑会新年会8時

日が変わりましたが、これからさらに寒くなるのでしょうか、外は冷たい強風が吹き荒れています。風邪の勢いさらに増しているように周りをみますと感じます。かなりしつこく治るのにも相当の時間がかかっているようですので、本当にお互いですが気を付けましょう。

本日は新春恒例の成田山参拝にいきます。朝早い時間に出発ですから睡眠時間もさらに少なくなります。
連日の新年行事と挨拶回りはまさにフル回転で、充実度200%です(^ ^)。

さて議会の方ですが、4月から市議会の委員会を公開制とすることになってます。すでに本会議は自由公開となっていますので議会改革の一端としての取り組みです。

各委員会の会議時間と傍聴人数がどのくらいだと思いますか。
(14年1月から12月まで)
総務委員会 16時間40分  46人
生活文教委員会 25時間22分  33人
厚生委員会  41時間57分  193人
建設委員会  15時間9分   24人

と、私の所属委員会、厚生委員会が時間、人数ともに多い数字が出ています。これを見ますと時代背景がしっかりと感じられ責任も増してきます。さらにがんばりましょう。


1月14日 (火曜日) ・議会報編集委員会 ・JC(小平青年会議所)賀詞交換会6時30分

No173の市議会報の編集委員会、校正が行われました。
誤字や表現等の間違い修正が8人の委員によって黙々と作業が進められます。11月の臨時議会、12月の定例会の内容を約一ヶ月遅れで市民の皆さんに配布するわけですが、こういった作業をしますと隅々までしっかりと読んで頂きたいなぁと思ったりします(^^)。
全戸配布は1月26日です。

---------------------------
JC(小平青年会議所)賀詞交換会が例年通り厳粛な中で進められました。先日の消防団と同じように、今の時代にはなかなかお目にかかれないきびきびした動きで、会が進められていきます。けじめがとても大事だと年初において気づかされることになります。また理事長が毎年交代するのもとても好感が持てます。どこの世界も長すぎてはいけません。しっかりと後輩に譲っていく、この姿勢がとても大事だと私は思います。
2003年度のスローガンが
『マイホームタウン すべての人にありがとう』だそうです少数精鋭主義で頑張っていただきたいと期待します。


1月13日 (月曜日) ・成人の日 ルネこだいら 11時  ・会合

 成人の日朝9時の富士山 ♭頭を雲の上に出し・・♯

新成人になるみなさんおめでとうございます。

速報です

本日の小平市新成人は2571人です。
全国の新成人は152万人だそうです。
ルネこだいらで挙行された成人式は厳守な中に粛々となされました。私が参加していらい本日は最高に近い内容でした。
それは、毎年のことですが、小平青少年吹奏楽を率いる緒形先生の語りが、直接新成人の皆さんの胸の中に飛込んでいくからです。私はこの語りと演奏がなければこんな素晴しい成人式は出来ないと思っています。
そしてことしは、小平市の成人式のために自分の市の成人式に出席しなかった団員の方が紹介されました。こういう話を聞きますと、言うに言われないうれしさを感じます。心からお礼の拍手をしました。
そういうたくさんの暖かさを味わった今年の成人式でした。


毎年、名指揮者の緒形先生と小平青少年吹奏楽の演奏です。

代表の誓いの言葉

ルネ階段前一杯

今年の新成人の皆さんが産れた年は「CD」が初めて発売されました。500円玉もそれまでの札に変って登場。映画では「ET」が衝撃的に上映されました。それから20年の月日の間には「バブル」という失われた10年と言われ、今なお精算できない時代を含んだ時が流れ、まだその後遺症が残っています。今年の市長のお祝の挨拶は冒頭から、これまでにない厳しい内容でスタートしました。それは最後まで変らず、市長自身のこれまでにない感触を得ています。
新成人の皆様に対する期待は我々も含めて大きく、地域の連帯においては若いエネルギーはどうしても必要です。175000人の市民のうちの2751人ですからその力は大きいです。


私のお店からも今年も新成人が誕生しました。これまでの35年強の間に数え切れないほどの新成人を送っていますが、毎年「頑張って!」とエールを送り続けています。
これも又継続出来ている幸せです。


1月12日 (日曜日) ・新年会1 ・ブレンド会新年会 ・小川西グランド開所式典
おはようございます。今日もいい天気です。
明日もこのままで成人式を迎えることが出来ればいいですね。成人式はよく雪が降ったりとか天候が良くないときが多いような気がします。晴れやかな舞台で将来へ向かってスタートして頂きたいですね。

 消防団出初め式一斉放水   7小どんど焼き 熱い!

さて昨日は後半さすがにバテ気味でした。体力勝負の日々が続きますが「頑張っている!」という充実感も伴っていますので、日が変わるとまた別のエネルギーが湧いてきています(^ ^)。
ということで今日もスタート!。

今年の市議選への立候補者がほぼ見えて来ました。現在のところ32人を把握していますがプラスの可能性もあります。少数激戦となりそうです。(この数字は私の予想です。最終的には2月18日の説明会場でほぼわかります)

8 6 4 4 2 2 1 1 1 1 1 1・32

1月11日 (土曜日) ・7小どんど焼き10時半〜  ・消防団出初め式 10時〜花小金井駅  3、4分団新年会 ・珈好琲会新年会

速報です
・消防団出初め式 ⇒
・7小どんど焼き ⇒

おはようございます。まだ外は暗い時間です。
今日の富士山は今のところ雲で見えませんね。
今日も遅くまでハード続きます。

---------------------------
今後の気になる講演会のご案内
---------------------------

題名『 中小企業再生と中国パワー 』
講師 関満博 先生(一橋大学教授)

日時
 2月1日(土)午後7時〜
主催 小平商工会・小平異業種交流会
場所 ルネこだいら・レセプションホール
定員 100名(先着順)
申込み
   小平商工会へ O42-344-2311

●講師プロフィール
1,948年生一橋大学教授
成城大学大学院卒業東京都商工指導所勤務
専修大学助教授を経て現職
専門は、産業論、中小企業論、地域経済論
主な著書「アジア新時代の日本企業」等多数

---------------------------

・薬物乱用防止講演会

とき:平成15年1月25日(土)
ところ:小平市福祉会館5階市民ホール
第1部
 「第四次少年犯罪多発期を迎えて」
〜非行を防ぐ子育て・まちづくり〜
 講師:横浜市立戸塚高校定時制教諭
     水谷修氏

第2部
 映画【DRUG】
  監督:菅原浩志
  出演:黒須麻耶 徳山秀行 伊原剛志 樹木希林 坂上二郎 蟹江敬三 高橋恵子 ほか


1月10日 (金曜日) ・告別式 

今日も朝から素晴らしい天気です。
この頃は毎日富士山のライブを見ることから始まります。
今では各地域からライブカメラによる公開が多くなりましたが、富士山に関しては数ある中から私の一押しは三ッ峠からです。映像解度、構図申し分ありません。時々刻々変化する雄大な富士山の光景は画面一杯に展開されいつも悠久の時を拝することが出来る幸せを感じます。

1月10日8時59分

また田貫湖からもきれいです。
1月10日13時

---------------------------

昨日は小平市地域保健福祉計画検討委員会の傍聴をしました。この委員会は現行の小平市地域保健福祉計画が、平成5年に策定され、平成14年度にその計画期間を終了しますので、その後の社会環境の変化や社会福祉基礎構造改革などの動向を踏まえ、市の保健福祉施策を総合的・計画的に推進するために、新たな地域保健福祉計画を平成13年度から14年度にかけて策定するものです。 委員会では平成15年度からの新しい地域保健福祉計画の策定に向けて今後は、平成15年3月まで検討が続けられています。

この小平市地域保健福祉計画については前回の厚生委員会で調査事項としているものですので、今回は検討委員会でどのような意見交換が行われているのか、ということでの傍聴でした。
委員長は小舘静枝氏。
原案について当局からの説明、次に各計画部会からの報告
があり意見交換という進み方です。 高齢者・介護保険分野、障害者分野、児童保育分野とそれぞれが今、小平市がかかえている問題を含めて15年度以降の実施に向けての大事な計画です。

---------------------------



平成15年1月9日(木)

健康センター4階視聴覚室
午後2時00分〜

1  開会
 小平市地域保健福祉計画(原案)について

(1) 重点施策
(2) 計画推進体制

3 介護保険事業計画について

 計画部会の開催報告

(1) 高齢者・介護保険計画部会
(2) 障害者計画部会
(3) 児童計画部会

5意見交換


1月9日 (木曜日) ・通夜  ・自治会新年会  ・小平市地域保健福祉計画検討委員会

昨日 >これから3月にかけてはさらに悪化するとの報道が・・・・・・
と書きましたが、その後下記のように竹中平蔵経済財政・金融担当相の講演内容が報道なされました。もうどうなるのか理解出来ません。
マスコミと小泉陣営の駆け引きの構図でなかなか普通では見えなくなっています。

---------------------------
竹中氏「危機起こさせない断固たる行動とる」
 竹中平蔵経済財政・金融担当相は8日、都内の日本証券経済倶楽部で講演し、3月の決算期末に向けて金融危機が起こるとするいわゆる3月危機説について「
危機を起こさないような断固たる行動を行政としてとる。従って危機は起こりえない」と述べ、銀行への公的資金投入などで危機を未然に防ぐ考えを示した。


1月8日 (水曜日) 1・告別式   2・小平商工会賀詞交換会 1.30  3・通夜1

---------------------------
倒産のニュースが飛び込んできました。その銘柄(皆様ご存じのテレビコマーシャルで知られる住宅外装業)をホームページで見ますと株価ボードはそのままでストップしています。株券が紙くずになった瞬間のままだと思います。
昨年の上場企業の倒産は29件、 件数では戦後最悪を記録して負債総額は1兆9432億円にのぼってます。今回の会社の負債総額は約220億円。国の表面借金が600兆円〜700兆円とかですから、もう金銭感覚は限りなくゼロになっています( ; _ ; )

これから3月にかけてはさらに悪化するとの報道がなされていますが、地方自治体がやれることは何か。小平市の状況把握が必要です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

この二、三日における連続訃報のお知らせは胸が痛みます。
いずれも近い人ばかりですので、お元気な頃の様子が頭を駆けめぐりさらに悲しみになります。ご親族の方々におかれましてはさらにとお察しします。

多分今の季節の変化、特に深夜の寒さが体調の変化を容赦なく痛みつけるのでしょう。
皆様尚一層のご自愛を。

今、こういう静かな交代があちこちで粛々と進んでいるような気がします。
特に町中などの世代交代は、これまで礎を支えて来た方々が多かっただけに尚それを肌で感じることになります。
・・・祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を顕わす・・・・・・そして猛き人もついには滅びる・・・。
諸行無常(すべてのものは常に変化するという絶対の真理)の世界を、多くの人はなかなか認めることが出来ないのかも知れません。何となく、今の状況がずっと続くのではないだろうか、と思い込みがちです。ところが、人の死に会った時にそうでないことにより気づくことになります。
この世の中に、変化しないでずっとそのままの姿でとどまっているものはないでしょう。そいうことも踏まえながら今年は始まりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
教育委員会が更新しました。今回は特にそのままコピー出来るHTM形式でアップされたのがありましてたすかります。画像によるアップですと活字に変換するまでに少々時間がかかりますものですから。

市制40周年記念絵画コンクールで市長賞に輝いた小学校中学校の作品です。
三学期の道徳地区公開講座が次の8つの小・中学校で開催されます。  
第3回学校公開週間のお知らせアップしました。
教育委員会だより1月号がアップされました。

1月7日 (火曜日)

第20回 小平市立中学校生徒意見発表会
と き   平成15年1月7日(火) 午後2時から4時30分
ところ   ルネこだいら(小平市民文化会館)中ホール

意見発表者と題名

今年は11名の生徒さんが発表しました。
私は議員になりましてから毎回参加、聴いていますが、こういう場できちんと意見を言える皆さんの素晴しさにいつも感心します。
今回特に印象に残りましたのが「現実と理想の学校制度」についてを発表された清水里佳さんでした。
「生の声、現役の声を聞くべきだ。」「今のゆとり教育は本当のゆとり教育ではない。」と相当に厳しい言葉が飛出しました。さらには将来の理想の学校を描いた意見は場内がざわめくほどでした。

本日のある新聞に、教育現場が荒れていたのをカリキュラムを含めて学科も興味を持ちやすいのをつくり今では区内の入学競争率が二番目の学校になったと報じていました。そういう専門クラスの新設もこれからは増えていくであろうことは予想出来ます。

小中一貫性が現実化しますと、その実現性は一段と高まるのではないでしょうか。
いずれにしましても、中学生の内容としては(いつも自分が中学生だった頃を重ね合せるものですから・・)すごい。小平の将来が楽しみです。

この毎日日誌も2003年がスタートしたわけですが、実際毎日書き続けるということは頭初の改まった気持ちを通常のエネルギーへ切り換えることでもあったのかと思います。この間毎日の中でいろいろな話題等をセレクトしたりしながら思いを巡らし、活字にしていくわけですから大変といえば大変です。
しかし、その
大変きくわると分解出来るならこれまた素晴らしいことだと考えます。

この件に関しての類する記述がありました。
⇒『どんなことでも、10年間、毎日続けたらものになる」と。とにかく毎日、どんなにちょっとでもいいから続けること。それを10年間積み重ねていったら、一流になれるかどうかは別にして、それで食えるようになる。』というような話です。

私もホームページに関しては初開設して7年を過ぎました。議員のホームページが3年半経過、毎日の手のひら日誌も一年半経過と継続の重みを感じながらやっていますので上記のことがわかるような気がします。まさに継続は力と言う言葉がシンプルですが中身深いものだと改めて認識します。

しかし、今の日本はいろいろな世界でその継続を認めない方向性があるようです。

ということで本日も継続です。


1月6日 (月曜日) 仕事始め

お正月の長い連休が終わりまして、今日から2003年の仕事始めです。
日本海側では荒天候がつづいているようですが、ここ小平市では太陽が燦々とふり注いでいます。
今年の日本の景気もこのように変化に富んだ絵図模様で推移していくのでしょうか。

私の机上の作業 ⇒ メルマガ作成、1月分のホームページ作成、議会報告新聞03新年号No1 議会報告新聞03新年号No2 の作成、等が明け方にようやく全て終了致しまして、全国へのメルマガも発信を終えました。 これから議会報、封筒等の印刷に入り、リーフレットが出来上がり次第発送という段取りになります。ここまでくれば山場を越したことになりますので。.。o○っとひといきです。私の場合は休みがありませんので、仕事はじめも改めてはないのですが、しいて言えば元旦の祈祷祭がそれにあたることになりますか。    


小平9小のホームページが更新

小平2中のホームページが更新

小平市・公立全小中学校のホームページを細かな作業を通して見やすくまとめてみましたのでここからどうぞごらんになって下さい

ちなみに第二小学校では「おいしいなつうしん」で給食メニューを画像と説明でアップしています。ぜひごらんになってみて下さい。http://www.kodaira.ed.jp/news/koda02/9.html


1月5日 (日曜日)

正月をはさんでの長い連休も今日で終わります。
この冬一番の寒波による降雪と強風で5日、前夜に引き続き、九州地方の日本海側を中心に高速道路で通行止めの区間が続出している模様で、帰省する方々もいつも以上の苦労での帰京となります。
また、雪崩も起こっているようですが、無事を祈ります。

さていま「スローフード」が話題になっていますが別項での原稿作成のためすこし調べてみましたら、すでに日本にも「ニッポン東京スローフード協会」なるものがあるんですね。そいうえば、このスローフード協会がシンポジウムでやっています中に東京都内の農家を訪ね、現場の声を聞き、そして一緒に楽しみ、地の野菜等を試食するという企画があります。

今月17日にシニアネット久留米 古賀理事長と一緒に会います渋谷農園の渋谷富江さんという方も実はこの世界を目指していらしゃるようですので、お話を聞くのが楽しみです。

以下今回の文章です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
◆スロードリンク ( slow drink ) を考えませんか?
ーーーーー  今なにもフードだけではない ーーーーー
---------------
「食事くらいゆっくり食べようじゃないか」という指針を掲げる「スローフード」運動がさかんに話題になっています。そこですこしその実態について調べてみました。
それは、これまで長きにわたってやってきました⇒ 『一杯一杯豆を量り、挽き、カップを温め、全神経を集中し丁寧に淹れる』。そして、『厳選されたカップで満たされた琥珀の珈琲を、数百年を経た木材に囲まれて、ゆったりかおりを楽しむ』・・・・・この一連の流れがなんということはない、今騒がれているスローの世界に入るのではないのかと思ったからです。

「スローフード」運動、この活動の中身をもう少しご紹介しますと、ことの起りが15年程前、イタリアのローマに大手企業の1号店が誕生し、マスコミで騒がれていたころにさかのぼり、のちにスローフード協会の会長となるカルロ・ぺトリーニ氏という人が仲間たちと食卓を囲んでいたとき、ファーストフードの脅威という問題が話題にのぼり、だれからともなく口にしたのが「スローフード」という言葉だったということです。

現在ではNPOの「スローフード協会」は世界38カ国6万人以上の会員を持つ組織までになっているそうです。勿論日本にも「ニッポン東京スローフード協会」が設立されています。http://www.nt-slowfood.org/aboutslow/index.html

「スローフード協会」は基本的にNPO(非営利団体)で、いわば食文化のボランティア団体で、質のよい食べ物を守り、そして違う人間同士が顔をつきあわせて食事をし、大いに語り合う、という一見当たり前のことが、スローフード運動の核になっているものです。
 スローフードの
「スロー」とは、ここいらで一度じっくり見つめ直してみてはどうか、という提案だそうです。
つまりは、人間の生活の根っこの部分に関わる、いわば人生哲学なのだそうです。

今年は私にとりましてスローで、とは絶対言えませんが(^^) じっくり人生まで含めて考えてみるのも一興だとは思った次第です。


「工業統計調査」にご協力ください!

〈調査の概要〉
 平成14年12月31日を期日として、製造業を営むすべての事業所を対象に実施されます。
 
〈調査の方法と結果〉
 1月上旬から2月上旬にかけて、東京都知事任命の調査員が伺います。
 調査の結果は地域別・規模別に集計され、さまざまな行政施策の基礎資料として活用されます。


1月4日 (土曜日)  Uターン続いています

おはようございます。
残雪がまぶしい朝陽に照らされてきらきら光っています。空は真っ青です。

富士山の各地からのライブも素晴らしいショットが中継されています。
ひとときお楽しみ下さい。

 7時13分現在

 7時28分現在

---------------------------

●「会社人間」を地域の担い手に ⇒都生涯学習審答申されました
タイトルは 『地域における「新しい公共」を生み出す生涯学習の推進
〜〜担い手としての中高年世代への期待〜
 です
 東京都生涯学習審議会は、これまで「会社人間」になりがちだった中高年世代が地域社会を再生していく担い手として地域活動に参加することを求める最終答申をまとめました。第四期生涯審は、平成十三年二月に「これからの都市社会における中高年世代の社会参画」について諮問を受けて以降、二年間の審議を終え、中高年世代が地域活動に参加するための居場所やネットワークを作る施策を行政に求めました。「生涯学習の戦略が示されたものです」。

この内容をみますと、行政がこれをどう具体化するかが重要になってきますが、私が提言しています高齢者施策だけでなく、その前の中高年世代からの長いスパンで捉えての施策が必要になっていくことかも知れません。

・・・・とここまで書き進めていて、全く偶然に(テレビのスイッチを入れたとたんです)NHKで「あふれる中高年 あぶれる中高年」そして「自立する中高年」の内容で「弘兼憲史氏」が語っているのが目に入ってきました。こういう偶然性が私にはよくありますが、今回はこの画面と記述の偶然性がどういう課題を与えてくれたんでしょうか。団塊の世代の一人としてこれからも学習していきたいと思います。


1月3日 (金曜日)

今日はもう3日目です。
みなさまの今年のスタートはいかがでしょうか。一見静かな2003年のスタートのようですが、その実日本の将来を左右するような財政状態をひっさげてますので、厳しさを睨みながらの嵐のスタートではないかと思っています。

■公立・私立保育園 入園申込み受付中ですで、忘れないようにお申し込み下さい。
4月からの公立・私立保育園の入園申込みを受け付けています。
※郵送での申し込みは受け付けできません。
申込み 1月14日(火)までに保育課、東部・西部出張所へです
問合せ 保育課 TEL : 042(346)9601

---------------------------

以前一般質問でもやりました「e都市ランキング2002」で小平市が入ってなかった訂正がホームページに掲載されていましたので次へ

●2002年5月27日号「e都市ランキング2002」ランキング表訂正

都道府県
都市名
人口(単位:万人)
総合得点
インターネットでの情報とサービスの提供
Webサイト
施設案内
病院案内
議事録公開
情報検索
施設予約
図書館検索
意見質問
東京都
小平市
17.2
51
×
×
×
×
庁内インフラ
情報化政策
PC
グループウエア
情報化計画
独自のIT講習
×
注:尚順位は小平市は311位相当だそうです。しかしその後「情報検索と図書検索が○」になりますので、もう少し上がるかなあ・・・・と。

1月2日(木曜日) 

今日の夜明けは積雪からのスタートです。
昨日、歩け歩けの時にわずかに舞った粉雪は東京、44年ぶり元日の雪だったそうです。

さてこの降り方は今年を占っているのでしょうか

今日は恒例の箱根駅伝です。昨年の日誌をひもときますと ⇒
-------2002年一月2日--------------------
毎年お正月恒例の箱根駅伝がありました。昨年は第4位と、このところテレビを観ていても応援しがいのあった我が母校法政大学。今年も一区は6位でたすきを渡しました。そしてその後悪夢が待ってました。2区で右足の肉離れを起こし、7.3キロで走れなくなり、棄権してしまったのです。まだスタートしたばっかりでさあこれから、と言う時のアクシデント。当人を含む関係者の無念さは計り知れません。「これもまた人生」というのもた易いのですが、母校というだけで私も胸が痛くなりました。メンバー、特に本人にとってもこういう経験はそうそうないでしょうから、これからの人生にどうやってのしかかるのか、これまた計り知れません。パソコンのようにリセットが出来ませんから・・・・・・。

---------------------------
⇒ との記述をしました。・・・・・そして一年が経ち法政大学は今日しっかり走っています。この一年間一から出直しで予選会等を通して各関係者にさまざまな人生模様が展開されたと思いますが、今日の檜舞台に立てたのはその結集された結果です。
4区引き渡し時点ではブービーですが最後まで頑張って欲しいです。

私も今年はバトンタッチ無しのマラソン継続です。42.195Km完走へ向かって。


1月元旦 (水曜日) 午前0時駅前神社初祈願祭  第21回元旦歩け歩けのつどい 受付 午前9時〜9時30分

2003年
私、永田政弘にとりまして2回目の大きな節目の年になります。

毎日出来ることから積み重ねてきてます事が、どう評価されるかが問われるからです。
IT化の進化を活用し、さらなる市民の皆さんへの情報サービスの推進化を目指し「新しい風、あたらしい発想」をこだいらに吹き込んでいるつもりですが
まだ始ったばかりの世界です。その世界を応用活用することにより、様々な分野の発展が期待されます。提言し続けなければならない世界だと考えています。

そういうことを考えながら、今年もがんばります。
どうぞよろしくお願いいたします。


---------------------------

速報です 午後1時    

元旦 2002年 〜 2003年 への時の流れ  今年はほのおのように燃えます

昨夜からの天気予報がみごとに外れ、どちらかというと温かい体感で午前0時の祈祷祭が始まりました。毎年、年初第一番目に小平駅前神社が家内安全、商売繁盛、交通安全等の祈祷をあげて頂きます。
代表しまして玉串を捧げるとき、心から手を合わせます。
二礼二拍手一礼。
『みなさまにとりましてもことしいちねんよいとしでありますように』

2002第21回元旦あるけあるけは、寒かったせいか、また小雪がちらついているせいかいつもより少ない531人の参加のもと(一番多いときには2000人を上回ったと委員の方からお聞きしました)で行われました。
私は元旦は4回目の参加になります。
議員の参加が今年は多いと思いましたが5人のみで寂しい気持ちでした。



さまざまな炎です
どの炎が私か

 
  


1 ○ 元旦  ■第23回「元旦歩け歩けのつどい」
・ 受付 午前9時〜9時30分 福祉会館前市民広場
2 ○ ・議会報作成
3  ・議会報作成
4  ・議会報作成
5  ・新春のつどい
6  ・ 議会報作成
7  ・ 第20回中学校生徒意見発表会ルネこだいら2時
8  ・ 小平商工会賀詞交換会 1.30  ・告別式1  ・通夜1
9  ・駅前町会新年会 ・通夜 ・ 小平市地域保健福祉計画検討委員会
10 ○ ・告別式
11 ○ ・7小どんど焼き10時半〜 ・珈好琲会新年会  ・消防団出初め式 10時〜花小金井駅  3、4分団新年会
12 ○ ・新年会1 ・ブレンド会新年会 ・小川西グランド開所式典
13  ・成人の日 ルネこだいら  ・会合
14  ・議会報編集委員会 ・JC賀詞交換会
15  ・成田山初参り ・楽笑会新年会8時 
16 ○ ・ビッグサイト IT関連 ・新年会
17  ・シニアネット久留米 古賀理事長、来小平
18  ・三議連・国立  ・東区自治会新年会
19  ・神社関係新年会 ・天神自治会新年会 
   ・鈴木忠司氏講演「玉川上水365日」
   ・第4回小平市立図書館 ビジネス支援セミナー
   テーマ:図書館を利用してビジネスプランを練る
20 ○ ・小平美容組合新年会
21  ・環境衛生組合新年会  ・小平駅前商店街新年会 
   ・パソコン ・KSNC
22  ・KSNC
23  ・商工会情報システム委員会7時
24  ・グリーンロード関連
25  ・薬物乱用防止講演会 ・福祉会館
26  ・議会報発行
27  ・小平駅北商栄会新年会7時  ・防災を語る会5時30分
28 ○ ・役員会 ・NPO
29  ・ユビキタス時代と日本の情報戦略
30  ・予算説明会  ・女性部ルネ
31 ○ ・4小事前打ち合わせ

☆==============================================☆