戻る トップへ


平成14年10月の日々更新
てのひら日誌

永田政弘の10月行事予定へ

                           

2002年 7月 8月 10月 1月 12月
2002年 1月 2月 3月 4月 5月
2001年 7月 8月 9月 10月 11月 12月

                   



10月30日(水曜日)  晦日

速報です。
天神町魔の交差点・埋め込み点滅機設置終了
本日午前中かねてより要望していました、埋め込み点滅機の設置されました。
とにかく、事故が絶えない交差点です。これまで交通安全課の方で、しつこいくらい出向き、行政側で考えられることは何度も何度も対応策をやって頂きました。後は信号機のみかもわかりません。

今回は夜間点滅機の設置ですが、今日埋め込む前から見せてもらいましたが、これまでの太陽光発電を機能をアップされたもの、そして点滅するのを電波で操作するそうなんです。
確か、腕時計も電波で時報を合わせるものが販売されてますが、季節、天候を加味しながらのON/OFF操作でしょうね。技術の進化こういうところまで。
ということでなんとか事故が無くなればいいのですが。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
小平都市計画道路事業3・4・16号
花小金井駅北線事業の承認及ぴ事業説明会の開催について


事業概要は
@ 施行者の名称 ⇒ 都市基盤整備公団
@ 都市計画事業の種類および名称  ⇒ 小平都市計画道路事業3・4・16号花小金井駅北線
@ 事業施行期間 ⇒ 平成14年10月30日から平成18年3月31日
@ 事業地 ⇒ 花小金井一丁目地内
@ 図書の縦覧場所 ⇒ 総合計画課窓口

地元への事業説明会予定は
@ 日時 ⇒ 11月28日(木) 午後7時から9時まで
@ 揚所 ⇒ 拓大一高 4階AVホール
---------------------------

『図書検索実現化』と「税金を使う図書館から、税金を作る図書館へ」の実情を聞きに中央図書館に行って来ました。忙しい中「館長補佐・蛭田さん」からいろいろお話を聞きました。

まず館内検索ぱそこんですが、館に入って、まっすぐ行って右側に、4台、他に5台検索機能のパソコンがあります。 3台の予定が9台に増えての設置だそうです。
これらのパソコンは
 タッチパネルとキーボード どちらからでも入力出来るものです。デジタルディバイド解消第一号です。パソコンできるできないはとりあえず関係なくなりました。こういった実際画面に触れるだけで簡単に操作できるのを体験しますと、この世界の技術の進歩は格差もなくしていくことをも意味するものです。インターネットのホームページを見るのもこのタッチパネル方式で各施設に開設すれば、もうデジタルディバイドうんぬんはなくなる、はずです。

インターネットよりの図書検索機能設置の効果です。
まずその実施効果は利用者の増が(アクセス数)ものがたっています。
その効果をざっと簡単に示しますと ⇒ 膨大な蔵書の中から(1188834冊・14年4月1日現在)一瞬にして検索可能 ⇒ 書名だけでも検索可 ⇒ 事務の簡略化 検索者が検索本を検索しをプリンターで印刷 ⇒ それをそのまま窓口に提出 ⇒ 事務の簡略化 ⇒ 間違いが無い ⇒ 小平図書館にない蔵書の場合 ⇒ リンクより国立図書館蔵書等検索 ⇒  小平図書館が借りる ⇒ 館内で閲覧出来る ⇒ 等々いろいろ利用出来ることになります ⇒


 


10月29日(火曜日)  ・会合
昨日は朝から庁内巡りでした。各課を伺い相談事を聞いてもらい、そのあといろいろな話が聞けます。ついつい日頃聞けないことを聞いたりしますので一カ所が長くなります。それでもその時間は決して勿体ないとは思えないくらいの中身が必ずあります。

そのまま、「東京料飲食組合情報委員会」出席のため飯田橋へ向かいました。
もう35年前になりますが、4年間まだ開通したばかりの地下鉄東西線を利用して通った法政があるところです。懐かしく駅北口に降りました。昔の面影は西口の堀方面と違ってありませんが、心の中にはその時の思い出をしっかり切り取ったものが残っています。
「♪ 西に霊峰富士を仰ぎ 東に大利根の清流をみおろす ここ富士見ヶ丘に建つは 我らが母校法政大学であーーる !・・・・・・・♪ 」
その時代からこれまで私がたどった人生の積み重ねは、しばし走馬燈のように頭の中を駆けめぐります。我がふるさとともに、ここが原点の一つであることは確かです。

・・・・そういう所で「東京料飲食組合情報委員会」が始まりました。
今日はこの組合が、ホームページのトップリニューアルを主に、それからリンクしていく過程、検索を含めての
仕事先をどこに委託するかを決定するものでした。いろいろ意見が行き交った後に、相当に勉強して作成して頂ける会社に決まりました。

こういうホームページ制作におきまして一番先に考えなければならないのが、会員さんの利ですから、そのための活用スタンバイはこれでかなり進んでいくものと思います。


デモ


小平も早くやりたい

36年前もこんな雲が浮かんでいたんだろうか

帰って来て、夜は来年度予算に向けて政和会の勉強会がありました。
かなりの項目を今回も提案させて頂きます。


10月28日(月曜日) ・ 東京料飲食組合情報委員会 飯田橋   ・会合
本日は「東京料飲食組合情報委員会」の第一回会合があります。私は小平市の料飲食組合からの代表参加となります。実は東京中の加盟店(約15000事業所)のホームページをこのたび開設しようというものです。一気にこれだけの数のネットワークが出来るとすれば凄いですね。
小平料飲食組合のホームページはすでに立ち上げていますので、そこにもリンクできるわけですから、こういったひろがりを考えながら企画していけば、面白い世界になる予感がします。(但し継続的にフォローが必要ですが)
明日、ご報告致します。


10月27日(日曜日)
 市議会報発行日
平成14年6月議会一般質問・会議録全文 学校防犯他 午前3時35分完成アップ
http://www.asahi-net.or.jp/~ma8m-ngt/2002/nisshi/0206ippan.htm


いよいよ今月も末になって来ました。
拉致問題、国会議員の刺殺事件、モスクワの劇場占拠事件と国内外で大きな出来事が相次いでいます。市議会議員としていったい何が出来るのか、自問自答しながらの日々です。

本日は議会報編集委員となりまして、14回目の発行です。全戸配信ですから皆様にすでに届いていると思いますが。
振り返れば委員としては当選してすぐからですから長くなりました。前二回分からPDFでの発行もなされホームページ上とともにより一層の充実と思いますが、皆様みていかがでしょうか。なにか感想ございましたらどうぞメール下さいませ。

小平七小の40周年記念式典の追加情報です。

この下敷きが記念に生徒に贈られました

こんなすばらしい企画が
下敷きの裏面です


10月26日(土曜日) 第3回小平シニア合唱団  会合

昨夜のナイター結果を発表致します!!!
なんと議員チームが最終回、逆転サヨナラ勝ちをしました。
点数は15対14です(@_@)。この数字からしていかにシーソーゲームの面白い試合だったか想像出来ることと思います。一時は10点差の14対4だったのですよ。それをひっくり返しての大逆転劇でした。こんなこと実際にあるんですね。Never Give Up 。
いくら大目にみてくれても打てないことにはどうしようもないわけですから、気迫の勝利とさせて頂きます。こちらには小島投手というチームを一手にひっぱってくれます力強い監督がいます。
私も今回はおかげさまで強襲ヒットを含めて5打数4安打と大当たりしました。久々に(といっても30年ぶりくらいですか・・)忘れていたバットの感触を味わいました。なにしろ芯に当たったんですよ(^_^)。
そのような球を投げてくれました、投手のみなさんに感謝。
おかげさまで、肉離れが再発致しまして、しばらく足を引きずっての生活が続きそうです(;_;)

しかし、職員のみなさんと一緒に、年二回の親睦交流の野球はそれぞれが日頃とは違った顔が見えるわけで大変有意義なことだと思います。
これがおわりますと、いよいよ決算特別委員会が待ってます。
そこでの勝敗は市民の皆様に判定して頂きます。

---------------------------
今日は、ルネこだいらで高齢者の皆さんによります「第3回小平シニア合唱団」があります。知り合いの方がリーダーとなって頑張ってらっしゃいますので、毎回見ていますがだんだんうまくなって来ています。
ステージに上がるとしゃきっとなさるそうです。「元気高齢者はこうあるべきだ、と見せていきたい」と、リーダーの方はいつもおっしゃってます。さまざまな元気高齢者の団体が多くなっています小平市ですが、小平市の政策の中にしっかりと入れていくべきだと、思います。
残念ながら入場切符は全部売り切れだそうです。

今年は一段と素晴らしかったですよ。

10月25日(金曜日)  第七小学校40周年記念式典  部課長対議員親善野球

久しぶりに太陽をみるとほっとします、朝のスタートです。
本日も大きな行事がありますが、平成13年度特別会計決算委員会の準備も同時進行ですので、ハードな毎日になっています。
今日は特に部課長さんチームと野球をナイターでします。
野球一筋の昔、青春時代のパワーはすでになく、ただただ楽しむだけの、しかも頭と身体が全く別々に動く、という信じられない世界が展開するのです(^_^)

「あーっ、私は誰?!どうしたの!?」となるわけです。
ソフト試合での肉離れのアクシデントがしばしの野球離れとなっていますが、ケガしないように頑張ります・・・・・・・。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
速報です。

オープニングは和太鼓で勇壮に

児童の言葉

代表者のセレモニーです。しっかりしてます。

吹奏楽もすばらしい
第七小学校40周年記念式典が今終わりました。これまでの歴史に関連した各関係者の皆様と六年生の皆さんの参加のもと、午後2時30分、「40周年式典」は粛々と進められました。40年前とは昭和37年で、私が16才、中学校を卒業した年ですね。私の子ども達はその20年後に七小のお世話になったことになります。昨日、今日、明日の時の流れをしばし感じながら参加しました。

これから野球へ出発です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
速報です。
「七小通り」踏切移設工事いよいよ始まる!!
このたび、関係機関との協議が順調に進み、いよいよ移設工事が始まる旨のお知らせが入りました。
来年度(平成15年) 7、8月には使用が可能になる予定だそうです。また最終工事完成は16年3月予定です。そのための工事説明会が、下記の日程で行われますのでお知らせ致します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日時  平成14年 11月 21日 (木) 午後7時〜8時
場所  大沼公民館 (都営大沼町1丁目アパート17号棟 ホール)

 七小通り新踏切南側から団地の方を望む

 http://www.bekkoame.ne.jp/~tantan/sanmoku/7sho.htm ← 現在の踏切


10月24日(木曜日) 会合

http://www.asahi-net.or.jp/~ma8m-ngt/2002/nisshi/0112ippan.htm
「小平市議会会議録」の永田政弘・一般質問文を初めて全文活字変換しましてアップしました。これまでは Via Voice ソフトで時間がかかりながら部分的に活字変換していましたが、このたびの新バージョン「e.Typist OCR ソフト」の活用で全文やりました。
このソフトはなんと
一ページを1分で誤字殆ど無しで変換出来ます!! 1分です、1分。

一般質問は一時間にわたっての質疑応答の内容ですから、実際に活字になりますと、かなり長文になり読みがいがあります。
しかしやりとりの発言内容を、こうやって改めて読み直しますと何をいっているのか自分でも解釈不明の処もあります(^_^)。よきご理解をお願いします。

---------------------------
総務省、いよいよ25日から物品電子入札の運用開始です
 総務省は二十三日、電子政府(e−Japan)構想の一環として開発を進めてきたインターネットによる物品の入札システムについて、同省と郵政事業庁分の運用を二十五日から始めると発表した。 公共事業の電子入札については国土交通、農水省が既に実施しているが、総務省は物品などについての電子入札も、来年度から全省庁で導入する予定という。
 物品の電子入札は「パソコン」と画面に入力すると、どの省庁でパソコンの調達予定があるかを一覧できる。また、企業側は希望する省庁ごとに申請する手間を省くことができる。ただ、ネット接続環境の整備が遅れている企業などに配慮し、当面は従来の紙ベースの入札も残す。 システムは総務省が担当し、開発費用は約五億円。世界最先端の情報技術(IT)国家を目指す政府のe−Japan構想に基づき、当初計画から三年前倒しで実施した。

10月23日(水曜日) 会合

今日はこのたび、全国市議会議長会というところで14年度15年度の方針が決定された内容のものです。ここから出されています「全国市議会旬報」は我々議員に毎月3回配布されます。今回のその内容は私にとりましては「なんと今頃・・・・」といったものです。住民と一番近い議員の団体が遅い、遅い。しかもこのスピードの速い時代に十四・十五年度の調査研究テーマ」 と、2年間かけての調査研究です。我々は議員であって行政側ではないわけですから、この考えでは情報化に関する提案等は、後手後手になることは目に見えてます。当然途中で前倒しでの施策が具体化なされていくでしょうが、なんともはや、といった所です。
参考のためにその一ページ文を掲載します。
尚、この新聞よりの活字化は「e.Typist OCR ソフト」を使って変換したものです。認識度が昔、一時試しました時とは違って驚異的に進化しましたね。殆ど誤字変換がないのです。
このソフトは凄いです。何が凄いって ⇒ 
「ワード、エクセル、一太郎、HTML、PDF、読み上げ、WEBブラウザ、画像」へとそれぞれに短時間で変換出来るんですよ。久しぶりに興奮しながら活用しています。

---------------------------

 画像としても読み込みます

全国 市議会旬報

全国市議会議長会の都市行政問題研究会(会長・谷口廣睦・四日市市議会議長)は八月二十二日、東京・麹町会館で第七十六回総会を開催。平成十三年度の会計決算について承認するとともに、十四・十五年度の調査研究テーマを「IT(情報技)時代に対応した市議会のあり方」と決定した。今後、各加盟市議会や議員に対する調査なども行い、十六年二月を目途に調査研究報告書をまとめる。
☆====================☆
人口二十五万人以上の市の議会議長によって組織する都市行政問題研究会(八十六市が加盟)は昭和三十二年十一月設立以来、概ね二年毎に調査研究報告を行っている。近年では「地方分権と市議会の活性化」「情報公開と市議会」「分権時代における議会運営のあり方」などをテーマに研究報告をまとめている。総会では、平成十四・十五年度の調査研究テーマについて審議し、「IT(情報技術)時代に対応した市議会のあり方」に決定した。

調査研究テーマの選定に当たり研究会は本年三月、全加盟市に対してアンケートを実施。その結果、「議会運営・議会機能強化・市町村合併」「環境問題」などに関するテーマを希望する意見も提案されたが、なかでも「IT時代に対応した市議会」に関するものが突出して多かった。現在わが国では、「電子政府」「電子自治体」の構築に向けた施策が積極的に進められている。各市議会においても、インターネットヘの接続やホームページの開設など、ITの導入に取り組んでいるところも多く、アンケートの回答でも、ITを活用した議員活動の推進や市民への議会情報の提供など、情報化社会に対応した市議会のあり方について検討したい旨の意見が寄せられた。研究会では今後、各加盟市に対する書面調査や市議会議員を対象としたアンケートなどを行い、十六年二月を目途に調査研究報告書をまとめる予定。

 

10月22日(火曜日) 晴天  KSNC会合
速報です。
次の情報がありました。
つぎつぎに実現化していきます、小平市電子自治体・市民情報サービス充実化アップバージョン、
11月1日よりです。今回の実施内容は、各課より直接リアルタイムにアップされる情報ですから期待度大ですよ。
同時に
アカウント数表示、ホーム・ページ内検索の設置も同時にアップされ、これまで提言してきましたことが、大きく実現します。

---------------------------
小平市ホームページヘの「各課ホームページ」新設について
11月1日より小平市ホームページ(http://www.city.kodaira.tokyo.jp)に新たに下記のとおり各課で作るホームページを新設し、運用を開始いたしますのでお知らせいたします。

1,各課のホームページの概要
これまで小平市ホームページは全てのページを広報広聴課で作成・原則月2回(市報発行時)の更新を行ってきましたが、各課で主管課が随時、独自で市ホームページに情報を掲載できるようにします。各課から、より多く、タイムリーな情報をホームページから発信を行ってまいります。

2,新設するページ
☆「各課のぺージ」…各課の業務案内、直通電話など連絡先を掲載するページ
☆「各裸からのお知らせ」のページ…その時々にあわせたタイムリーな情報を各課が提供するページ

※トップページに「各課の仕事」というアィコンを新設し、ここから各課のページが見られるようになります。このアイコンをクリックすると各課の一覧表が表示され、一覧表の中の課名をクリックすると各課のページが見られます

※最新の「各課からのお知らせ」5件を、トップページの「各課の仕事」アイコンの隣に表示します。

3,ホームページ内検索、アクセスカウンターの設置について
キーワード検索機能によって、利用者がより早く自分の得たい情報のぺ一ジヘたどりつけるようになります。
新ページの増設とあわせて、市ホームページ内のページをキーワードで検索できる機能、ホームページヘの訪問者数を表示する「アクセスカウンター」を設置します。

---------------------------
6月の永田政弘一般質問内容です

---------------------------

市民まつりの画像をメールで頂きました。今回はデジカメを持参しなかったので鮮明な画像で紹介することが出来ませんでした。安全祈願儀式をやっているところもバッチリ撮って頂いていました。今回は美園御輿を代表して並びましたので良い記念となりました。
また、例年御輿の方をいつもやっていますのでパレードの模様はこれまで見たことがありませんでしたので、私にとりましては貴重な画像となりました。


厳粛な中、粛々と進められていきます。目をつぶって祈願しました(^^)

かすかに写ってます

小平町一行の皆様
撮影者は
東海林様です。

10月21日(月曜日)    
「なんとついている小平市民まつり」!!
今年も無事終了いたしました。
前夜までの強い雨が朝方には止み、上空にはどんよりとした雲が覆い、いつ雨が降ってもおかしくない模様が続く中、「第27回こだいらしみんまつり」がスタートしました。
一年間に渡って準備されたそれぞれの団体の総決算が当日ですから、何が何でも実施を願うのが、みんなの願いなわけですが天候だけはどうすることも出来ません。
姉妹町おびらからの海産物が売れ残ったらどうするのか、も話の中で出てきました。トラック一台分の量ですから大きな問題です。
そういう様々な事を心配させてのスタートしたまつりですが、なんと御輿が納まる時間まで(午後4時)計ったように雨が降りませんでした。
今日は朝から強い雨が降ってます。こんなこと、あるんですね^_^。
小平市はついている市です、みなさん!!

---------------------------

☆「こだいらよさこい」の大デビュー
そしておまつりには今後欠かせなくなるであろう「こだいらよさこい」の大デビューが今回なされました。当日の読売新聞にも掲載されましたいやが上にも盛り上がりました。そうぜい200人を超したようですが熟年の皆さんからちっちゃいお子さんまで道路一杯の演技でした。これまた良かった、良かった。


☆おびらちょう親善訪問団歓迎会の談

振り返りますにこの歓迎会は、実は私が言い出しっぺなのです。
まだ、商工会副会長の時代、毎年おびらちょうに行って大変な歓待を受けているのに、小平市に見えた時にその催しがなかったことを、これはおかしいのではないかと訴えたわけです。
おびらちょうに行ったことのある人はわかっているのですが、前夜祭、当日と実に細かく接待、応対してくれます。それが小平市では、一通りのセレモニーで終わっていました。
小平市が出来なければ、商工会、または有志でも出来ないだろうか、とも考えたのです。当然仕組みからしますと、そんな越権行為は出来ません。いろいろ合ったのでしょうが、ここ数年ルネこだいらのレセプションホールで、子ども達関連、農業関連、商工業関連等各団体からレセプションホール一杯の多くの皆さんの参加のもと、ツアー団の皆様を歓迎出来ひととき親睦を交わすことが出来るようになりました。本当に嬉しい光景です。

そういうことで、今年も無事終わりました。
こういう大きな行事が終わるたびに 
。.。o○ホッ していくわけですがこれから何回出来るだろうかと感傷に浸る一瞬でもあります。


10月20日(日曜日) こだいらしみんまつり

← まつりが終わってここちよい充足感をかかえて帰途につきます。私もこの列に加わり小平駅前まで、たった今終わったばかりの余韻を楽しみながら歩きます 今年は御輿を挙げて初めてと言っていいほど充実されたワッショイ!でした。「サス!!」初めてばっちりの意気で出来ましたよ。  反省会でも大きな歓声です。

こだいらよさこい
さあっ スタート!

ワッショイ!
ワッショイ!

今回の我が町の御輿は素晴らしいフィニッシュをしました。
それは、一時は人が集まらなくて休止やむなしの状況にあったのが、見事復活!!と迄になった結果なのです。
これまでの、枠が狭まった考えではなく、より広い人達に呼びかけ参加してもらおうとの試みがなされ、その輪が少しずつ広がったものです。

まちづくりも、商店街づくりも、人の輪づくりも、これまでとは違った要素が求められています。
勿論出発点も、到達点も フェイス to フェイス の人の繋がりは昔から変わってないと思います。
しかし、その方法、手段が明らかに様変わりしているように思います。
そのことは、10年前の「小平駅前サマーフェスティバル」実現から学びました。
その過程は、まずこうあるべきだという縦割りの命令系統ができなくなった、ということを肌で感じたことからの出発でした。
 


10月19日(土曜日) おびらちょう一行様歓迎会・ルネこだいら  会合

明日の天気はどうなるでしょうか。心配になって来ました。
美園町からも睦会の皆さんによりまして、御輿が挙がります。ことしは私が総責任者として任を受けました。1時に御輿部隊が出発します。お見かけの節はお声をかけて下さい(^_^)

これから姉妹都市「おびらちょう一行様」の歓迎会をルネこだいらで行います。我々が経済交流団として、おびらちょうに行くときも早朝にこちらを出発し、強行日程をこなし、ちょっと疲れながら到着します。そういうときいつも温かく迎えてくれるのが、おびらちょうの皆さんです。
今夜は、そのお礼に気持ちを伝えたいと思います

おびらちょう一行様歓迎会の模様です。

10月18日(金曜日)  会合

こんな提言がありました。
⇒ 「手のひら日誌の巻頭写真そろそろ衣をまとってください。
この写真簡単に変えられるのですからいろいろな写真で飾ってみると意義あると思いますが。
たとえば武蔵野研の前・ユニホーム姿・焙煎釜と一緒とか、ツウショット・乾杯中親しみの湧くキャラクターで毎日でてください。しかもそれを保存して31枚並べてください。」
 と。

↑→ ⇒ こんなメールが来ますと嬉しくなります。
さっそく、これまでのショットを集め始めました(^_^)。どんな風に作ればいいのか楽しみながらやってみたいと思います。


10月17日(木曜日) 小平駅北商栄会親睦旅行

今日は皆様にネット上で”ひといき”ついて頂きたいと思います。
連日国内外におきまして大変な事件が続発しています。(大変とは⇒大きく変わる⇒と捉えるならまさに今はそうなのでしょう)
ひとつひとつ真剣に考えてしまいますと神経がまいってしまいます。そこでネット上だけでもくつろぎの時間を、今回行ってきました福島県石川郡石川町母畑温泉の
八幡屋さんを(はちまんたろうの由来なのにヤハタヤといいます?)舞台にアップします。
まず、今回行くまではこの母畑温泉が
(モバタと読みます)どこにあるのか知りませんでした。尚宣伝料は一切頂いていません(^_^))

☆今回の投宿先・八幡太郎ゆかりの名湯、母畑温泉・八幡屋
とにかくお金をかけています。勿論サービスも「全従業員一丸となって」という気概が伝わって来ます。本当に山の中の一件だけの温泉宿という、通常では考えられない所にあります。今の時代の旅館の世界。生き残り合戦の中で、生き残っていく為のサービスのエキス全てを出しての光景だった気がします。それほどの上位にランクされると思います。ちなみに常陸宮様がこのあと見えると言うことでした。
勿論、どこの世界にも完璧はありません。それを目指す気持ちが大事なのです。と、自分に言い聞かせながら書いてまーすっ。
 全館の景色です。3回ほどの増築でこんな威容に。

下の石風呂はなんとくり抜きだそうです。下記の説明書きがありました。

露天風呂に使われている巨石は、中国東南部、福建省にあるアモイの岩壁から採掘された自然石が使われております。男性風呂には、たて約8メートル、よこ約3メートル、重さ約60トンもの石を切り出しくりぬいた湯船です。非常に贅沢なひとときを味わい真下。

    館内吹き抜け


他の商店街においてだんだんなくなっているイヴェント等の中で、この北商栄会の親睦旅行は30年以上の歴史を誇っています。継続していくことの大変さは、それぞれの時代の役員さんのおかげでクリアされて来ています。会員さんにとりまして非常に有り難いことです。こういう時代だからこそ結束が必要なのだと思います。
今回も30名を超える参加者のもと、二日間楽しい時間を過ごすことが出来ました。来年もまた実行されることを願って。

     とにかく天気は最高!!


16日は接続出来ないかも知れませのではやめにアップさせていただきます。

10月16日(水曜日) 小平駅北商栄会親睦旅行

もうごらんになりましたか、二つのホームページを!!
まずは『小平市議会の議会報新聞 PDF 版』
次に待ちに待った
『図書検索実現化』です。

まず『小平市議会の議会報新聞 PDF 版』は今回は過去の2議会分がアップされました。拡大、縮小自由自在ですから、またカラー版ですので非常に見ていて楽しくなってきます。これぞIT化。
No.170 平成14年3月定例会(平成14年4月28日発行)
No.171 平成14年6月定例会(平成14年7月28日発行)

   



そしていよいよ図書の検索機能が動き始めました。皆さんもう試してみましたか。下記にざっとその流れを解説してみましたが、とても便利ですよ。検索するだけでも楽しめます。私の推薦図書「海馬」もすでに入荷してます。また、i -MODE版も設置され。携帯からも簡単に検索できます。
さらに ENGLISH 版もあります。

書誌詳細表示

小平市の図書館で所蔵している資料の検索ができます
検索したい資料を指定して下さい
図書 雑誌 AV



ひらがな/カタカナ/漢字でも入力できます
検索条件 AND OR

表示件数

さらに出版年で絞り込みたい場合
出版年 (西暦4桁で入力して下さい)

次へ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ぼくのコーヒー・ブレイク−森本毅郎スペシャル対談− ← これを選んでみました。

次へ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【書誌情報】


書 名 ぼくのコーヒー・ブレイク−森本毅郎スペシャル対談−
著者名 森本毅郎著
出版社 東京 朝日新聞社
出版年月 1985.9
価 格 920円
ページ数 221p
大きさ 19cm
ISBN 4-02-255400-2
NDC9 914.6
資料形態 図書
言 語 日本語
MARC 85-23663

【蔵書情報】
所蔵数: 1冊 貸出数: 0冊 予約数: 0件

所蔵館      所蔵数
中央      1冊
資料ID 所蔵館 禁帯 請求記号 資料の状態
11493143 中央   281.04 [伝記]に在庫しています。

とこんな具合にどこの図書館に何冊あるか、詳しく表示されます。


10月15日(火曜日) 議会報編集委員会
本日の議会報編集委員会スムーズに進行終了致しました。
今回は子供議会が開催されましたので、そのときの模様がトップページにきます。後は27日の発行日をお楽しみにして下さいませ。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『何かを常に進めている自治体は意識の改革、事業の改革と常に進化し続けている。』
これまでの3年半において、各自治体の様々な事業展開が実に多様多種に渡ってそれぞれなされていることがわかってきました。小平市も当然相当の試みをやっています。決してパフォーマンス的発想でやることが良いとは思いません。しかし財政的にはどこの自治体も苦しいはずですが、どうして出来る、出来ない、やる、やらない等、いろいろな違いが出てくるのか。まだなかなかわからない部分があります。
私にとって決定にいたる過程等がわかるにはまだまだ時間が足りてないのでしょう。これからも常に疑問を持ちながらやっていくつもりですが根本的な収入、支出のバランスはどうしても理解できないのです。特に国の予算過程において歳入より歳出がどうして多いのか、どうして国債まで発行して赤字を伸ばすのかわかりません。

国民に原則を守る気がない ⇒ 政治家に原則を守らせることはできない ⇒ 政治家が原則を守ろうとしないのに、財務省をはじめ役所が原則を守ろうとしても、反発を受ける ⇒ という図式が成り立つという考えもあります。
これまでの毎年の赤字の累積が国の借金の残高となりそれが600兆円+αと莫大な金額となっています。これをいったいどうするのか。
経営している私にとりましてはどうしても理解出来ないのです。各自治体は、国は、これからどうするのか。

ということで頑張っている自治体の実行施策例を⇒
●東京都の宿泊税が10月1日課税スタートしました。
宿泊料1万円未満は無し、1万円以上1万5千円未満は100円、1万5千円以上は200円。食事・会議などは含まれないが、サービス料は宿泊料に含まれる。ホテル側が代わって徴収する。
税収は、旅行者向けの案内標識の整備、宿泊施設のバリアフリー、観光情報センターの整備に使用される。税額もわずかでホテル売上への影響はほとんどないと推察される。


10月14日(月曜日) 第13回市民スポーツまつり

三連休最終日も素晴らしい天気でスタートしました。
今日の「
第13回市民スポーツまつり」はさぞいい大会になりそうです。「よさこいこだいら」が昼食の時間行われますセレモニーで披露されることになってます。来週の「こだいら市民まつりに」に向かっていよいよ盛り上がって来ました。

  

バス路線の変更をお知らせします。10月16日よりです。
「寺62 小平駅南口〜松が丘住宅〜国分寺北入口」間の運行路線です。
小平駅南口 
 小平駅入口  青梅街道駅  小平市役所  小平中央公民館  小平商工会館  新小平駅  山王住宅  松が丘住宅入り口  国分寺駅北入口

今回、「小平商工会」という名称で商工会会館前に止まることになりましたことは便利になりますね。これまでの不便地域が(それほど商工会に行くのには足が不便でした)ちょっと解消しました。コミュニティバスが通るような路線なのでしょうね、今回の路線は。


10月13日(日曜日) 小平商工会大運動会
今日は雲一つ無い素晴らしい運動会日和になりました。
第四支部・野崎洋一選手の選手により声高らかに宣誓がなされ始まりました。
本日はブリジストングラウンドに場所を移し開催されましたが、今の世の中アゲインストの風が吹く厳しい経営にもかかわらず多くの人達が参加されました。昔はもっと多かったと言われますが、それは時代の流れですから今をしっかり受け止めて、将来に向かって前向きに考えていくのが本筋だと考えます。

一年に一日だけの青空の下でのすがすがしい運動会。最後は恒例のお楽しみ抽選会も行われ楽しい一日でした。。

 選手宣誓

    大玉ころがし


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

行政視察の報告作成終わりました\(^_^)/。 
大分県 日田市  
熊本県 本渡市  
長崎県 島原市
どうぞごらんになって下さい。


10月12日(土曜日) 告別式  珈好琲会

おはようございます。
今日も良い天気ですね。

今日からの三連休は全国的に素晴らしい天気になるようで、各地のでのイヴェントの実行委員の皆さんはホットしているでしょうね(裏方の役員はそのことがいつも心配になりますもんで(^_^))。

小平では、明日は「商工会運動会」、あさっては「市民スポーツ まつり」が開催されます。
商工会運動会には終日参加します。

今日も元気で活動します (^_^)/◯


10月11日(金曜日) 政和会視察 島原市

現在午後3時。大村空港に到着、これから接続、アップを試みます。
昨日は電波が繋がらなく受発信が出来ませんでした。

無事3日間の視察が終わりまして、これから空路、東京に向かいます。三日間とも天候に恵まれしっかり視察出来ました。

本日の視察
災害における復旧活動、その後の経済の復興等
平成2年11月に始まった平成噴火。平成8年6月の噴火終息宣言まで、この地で何が起き、そして何が残ったのか。
自然の脅威と、災害の教訓を、視察しました。

詳しい内容は帰京後整理しアップです。
とりあえず
 展示写真より


10月10日(木曜日) 政和会視察二日目  本渡市
「市街中心地活性化事業について」
 天草四郎時貞像
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

おはようございます。ここ日田市より朝の薄墨の世界と一緒に発信します。
早起きしたおかげですばらしい光景を「写」出来ました。

さっそく皆様にお伝えしたく発信致します。どうぞ「lSO14001認証取得」⇒環境に優しいまちづくりの世界をご覧下さい。

本渡市商店街活性化事業内容

中心商店街振興のための体制づくり

具体的な取り組み
@スマイルスタンプ事業
Aロザリオロード整備事業(浜のまち伊曽保通り)
Bスマイルパーク整備事業
C商店街活性化施設整備等事業(船之尾通りセットバック)
D天草楽笑広場
Eケーブルテレビによる情報発信事業
Fその他

今後の課題

中心商店街 
機構改革  特定地域進行係 5年間  ⇒ 具体的にどんなか
TMO は受けられないプランである (TMO タウン・マネージメント・オーガニゼイション) 
国の補助 半分500万円 
ワーキンググループ 8回 
策定委員会 3回

若者 主婦の参加はどうか
現実的にはどんな動きをしているのか
情報媒体による援助は出来ないか ⇒ 補助対象として
商店主の動きはどうか

地元の商店主が管理をやっている。

補助制度はどういうのがあるのか ⇒ 空き店舗の補助 
金額は⇒ 二分の一 50000円以内 一年以内 昼間の営業 移転ではだめ
平成10年 13年度 12店舗 8件 ⇒ 6割  閉店はない 
 
イヴェント ⇒
250万円 + 250万円 = 500万円
 
団体単位 には入っている
3500の普及率

無線 有線 まさに 金額は 
商工会議所の補助  


10月9日(水曜日) 政和会視察 日田市  
「lSO14001認証取得」⇒環境に優しいまちづくりの一環として

こんばんは。
ただいま、天領の地大分県日田市から発信しています。

今回は通信が繋がりました 。.。o○ほっ

やはり担当者の方の意気込みは、伝わりました。市長の号令いっかのもとプロジェクトを組んでの進め方は、参考になりました。この課題は継続的に進めなければなりませんので(3年ごとの見直し)認証されたから終わりではありません。今も日々進行形で動いています。
大変参考になりました。機会があれば小平市にも提言していきたいと思いました。

---------------------------



1998年4月、日田市は環境に優しいまちづくりの一環として、環境マネジメントシステム国際規格のlSO14001認証取得の取り組みをスタートしました。 職員研修や先進地視察、プロジェクトチームによる環境マネジメントマニュアル策定、内部環境監査などを実施し、審査登録機関の日本規格協会による審査を受け、市の26課・所で環境保全活動がマニュアル通り実行されているかどうかなどのチェックを受けました。
 1998年12月18日、ISO14001の認証取得を目指している日田市に、同登録判定委員会(東京)から「認証取得」の内示があり、地方自治体でISO14001の認証を取得したのは、干葉県白井町、新潟県上越市に続いて全国で三番目となりました。 1998年12月21日、日田市は環境に配慮した組織として正式に登録され、国際認証が得られました。
◆自治体では全国で2番目の受賞
  昨年の受賞において新潟県の上越市が「特別賞」として自治体で初めて受賞しました。
  今回からは「優秀環境自治体賞」として常設され、97年の「地球温暖化防止京都会議」を機に「地球環境宣言」を発表した京都府と、日田市が同賞を受賞しました。
◆なぜ日田市が受賞したのですか
  今回20〜30の自治体が候補に上がりましたが、厳正な審査の結果、日田市が受賞することができました。日田市は昨年12月、西日本の自治体として初めてISO14001の認証を取得し、環境保全活動に努めており、そのことも選考の大きな理由のひとつとなりましたが、それ以前から公共下水道の整備や森林の育成、ほ場整備による健全な農地の確保など、水と緑の保全に努め、「森林田園都市」の実現を目指してきました。これら「水郷」の名にふさわしい環境重視型のまちづくりが高く評価されました。


10月8日(火曜日)  北商栄会クリーンデイ  小平ラグビーフットボール協会発会式

今日は午前4時起きでホームページの整理、6時45分に家を出て、小平駅北へ向かいました。月一回のクリーンデイです。学校、通勤の人たちが行き交う中、ゴミ袋とほうきを持っての作業でした。

本日「小平ラグビーフットボール協会発会式が関係者の皆さんの参加で開催されました。
会長、理事長の挨拶のあと、祝いの言葉が続き、出席者全員で小平に初めて発足致しました、小平ラグビーフットボール協会を祝いました。すでに東京都ラグビーフットボール協会への加入が認められています。ラグビースクールを通しての活動になります。毎週日曜日午前10時から12時までです。
私も4月の発足式の時に参加しまして、当初のスタートを見てましたので、ことのほか嬉しく思いました。http://www.nagatacoffee.com/nisshi/nisshi0204.htm の4月7日、8日にそのことを写真とともに掲載しています。時間ございましたらご覧下さい。

入会希望のお子さんは下記の事務局までご連絡下さい。
小平市学園西町 2−14−20ー206  宍戸 宏 事務局長宛
FAX・TEL 042−344−7826

---------------------------

昨日の講演会の内容を少々ご紹介します。
中村啓三氏は毎日新聞論説委員長です。

大きな世界からの、幅広い話の語り口にすっかり聞き入りました。特にこれからの政治家のあり方論には、私が歩んでいる道と重なる部分がありました。
まずこれからの時代の大きな変化の中でも、国民も自ら国策に(市の施策にも)参加すべき、との説でした。私もそれは常々思ってます。たとえ小さな事でも、自分が地域の為、市の為、国の為に何が出来るか。受け身ではなく参加して行く。そういう姿勢が大事だと。

先ほど終わりました地域の清掃作業も、小さなことですが毎回多くの方の参加で30年以上続いています。そういうことが実は大切だと思います。
しかし、
たばこのポイ捨て相変わらず多いですね。他の自治体ではとうとう条例化、施行してしまいました。現場を知っている人は喝采ですね。・・・・・・・ さて小平市はこれからも「モラルの問題」だと言い続けていくつもりでしょうか。
日曜日にありました「子供議会」でも
このポイ捨ての質問が出てましたよ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
では以下に昨日の講演会の要旨だけご紹介します。聞き取りでちょっと違うかも知れません。
@まず情報メディア(ITも含む)を使ってのメッセージ発信の重要性です。
これからの政治家は自らの考えの基、様々なメッセージを発信しアピールを出来る人にならなければならない。
A国家産業は、これからは高付加価値生産、少量多品種製造、限定販売が国を支えていくことになる。そうしなければ海外の賃金格差、不動産格差を埋めることは出来ない。同じ土俵で(特に賃金)競争しても全く歯が立たない、くらい違いすぎる。
B福祉国家の崩壊 ⇒ 
国や地方自治体における財政危機の中、これからは行政がお金をかけてやれることは少なくならざるをえない。お金がないのだから。
C国の借入金は792兆円、隠し借金、(道路公団等の特殊法人)を含めれると1000兆円といわれ、国民一人あたり200万円の借金と言われる
D情報の電子化
 メモ→紙→インターネット⇒メールマガジン⇒ ゴシップ化「(新聞の週刊誌化)→政策記事の減少⇒ビジュアル化⇒ デパート型報道(網羅主義)没個性化情報の垂れ流し⇒ 抗議に萎縮⇒メディア機能の衰退(このD項目目は整理のため寄せ集め的記述です)

---------------------------


10月7日(月曜日)
・研修会「中村啓三氏講演会・政治とは」  ・よさこい実行委員会  ・告別式

昨夜からの叩きつけるような雨足が去りました。
青空が広がり蒸し暑くなってます。


今日も行事が重なっています。「身ひとつあっちこちと動かれず」オソマツ。

「永田政弘議会報・2002秋季号」本日全市内へ(登録の皆様)発送です!!!
企画⇒新聞作成(PDF版・HTML版)⇒印刷⇒折り⇒封筒印刷(表デザイン・住所)⇒ご入会お願いハガキ印刷(裏表)⇒封書詰め⇒発送・・・・・・・・とかなり多い枚数になりますが、これだけの作業をほぼ一人でやるわけですから時間がかかります。それがようやく全て終わり本日いざ発送です!!!
この瞬間の何とも言えない安堵感の気持ちを議員になってから味わえること10回を超えました。
気持ち届いているでしょうか。

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

 「待ち時間の長さが、ちょっぴり不満」
 窓口サービスの向上を目指して
窓口サービスアンケート調査 −
小平市は昨年に引き続き窓口サービスアンケートを実施しました。
これは行財政改革推進本部事務局(企画財政部行政管理課内)のEPOC作戦の一環です。

小平市は市の窓口サービスの満足度について、市民にアンケート調査を行い結果をまとめました。それによると、市役所本庁舎職員の応対などに関する項目は、5段階評価で軒並み平均4以上だったが、「用件が済むまでの時間」は平均3点台と、市民が「より迅速な事務処理」を望んでいることが分かりました。

 このアンケート調査は、市が本庁舎では7月1日から19日まで、健康福祉センターでは7月1日から26日までの期間、窓口を訪れた市民を対象に行い、本庁舎で962人、健康福祉センターでは157人分の回答を得ました。昨年に続き今年で2回目です。なお調査項目は
@「職員の言葉づかい」
A「職員の態度」
B「職員の説明」
C「用件が済むまでの時間」
D「総合評価としては」

の五項目について、五段階で採点されています。
↓ 結果 

調査項目 本庁舎(昨年の平均点) 健康福祉センター
「職員の言葉づかい」 4.32 (4.29) 4.34
「職員の態度」 4.26 (4.24) 4.29
「職員の説明」 4.22 (4.19) 4.25
「用件が済むまでの時間」 3.69 (3.62) 4.11
「総合評価としては」 4.13 (4.07) 4.24

 調査結果では、職員の応対に関する前半3項目は、いずれも4以上の昨年平均をさらに上回り、総合評価も4・07の昨年から0・06ポイント増の4・13(健康福祉センター ⇒ 4.24)に改善されました。

 その一方で、「用件が済むまでの時間」については、昨年を0・07ポイント上回ったものの、3・69(健康福祉センター ⇒ 4.11)と、4を割り込んでおり、おおむね高評価を得られた市民サービスの中で、「業務の迅速処理」という課題が浮き彫りになりました。 

私の世界もまったく同じでして、即対応をモットーにしてきました。
出来る出来ないはその次です。とにかく動いてみる。その結果をすぐ伝える。迅速処理大事です。


10月6日(日曜日)  子供議会
市制施行40周年記念事業で本日子ども議会を開催致します。
これは市内の小・中学生の柔軟な発想によるまちづくりなどに関する質問に、市長や教育長みずから答弁する一般質問形式で実施するものです。

時間 ⇒ 午後1時〜4時30分   市議会議場(市役所7階)
定員 20人   申込み 当日、会場へ(先着順)


さてどんな展開になりますか。乞うご期待です。
←これがその質問の内容です。

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆
本日第二弾  ⇒ 帰ってきてすぐアップ。
速報 子供議会が先ほど無事閉会しました。
午後1時開会。4時10分の閉会まで三回の休憩を挟みながらの質疑応答でした。初めての試みは一応恙なく終了です。
議場には本会議と全くおなじように市長を中心に理事者側が前に座ります。相対して子供議員が議員席に着席です。そして予鈴のベルとともに議場は一瞬緊張のもとに置かれます。
最初に議長選任で上水中学校の阿南瑠衣さん、副議長に小平第十四小学校の鈴木夏海さんが選任されました。小平議会初の女性議長誕生の一瞬でした(^^)


傍聴席は一杯でした。我々議員は座ることが出来ないということで立ったままの傍聴となりました。傍聴席から見る現在の私の席は(前列左側の左から3番目)・・・・・・又一興でした。

今回の一般質問は小平市の行政をバランスよく捉えての内容でした。具体的にはつぎのようにまとまるのではないかと思われます。
@現在未来の小平市まちづくりのこと Aゴミ問題を真剣に考えた環境問題のこと Bバリアフリーを含めた福祉のまちづくりのこと C五日制を含めた学校生活のこと等。
私が一般質問したのも含まれてまして思わずにんまりです。
その中でも税金関連は、是非とも歳入面まで答えて欲しかったですね。

ちょっと意見を言わせてもらえば、市長答弁の方法がもう少しどうにかならなかったのかなあ、です。確かに時間の制約のタイムスケジュールの中できちんと又、整然と伝えていかなければならないのはわかりますが、(本当に予定通り質問が終了、4時10分ピッタリに閉会の挨拶が始まりました!!)時には紙から目を離して質問者の方を見ながら、目と目を合わせての交換もあって良かったのでは、と。(そういえば我々の時も同じか・・・・( ; _ ; ) )


入り口から傍聴席方面議場内は通常は撮影が許可されません

新議長のもと一般質問が始まりました

傍聴席から理事者側を望む

理事者側も緊張のおもむき(^^)

10月5日(土曜日) ふれあいこんさあーと(第七小学校・第六中学校・錦城高校・合同音楽会)

速報  第17回ふれあいコンサート
今年もルネこだいら大ホール一杯のお客さんの前で、小学生、中学生、高校生のみなさん合同の演奏会が盛大に行われました。フィナーレは出演者全員が客席の通路一杯に散り、手拍子のなか「ソーラン節」
を奏でました。青少対主催ではかなり大きな催しとなりますが、いまや小平市の名物、いや全国でも地域の小学校、中学校、高校がこんな形でやっているところは、(しかも17回も)ないと思いますので、全国でも名物になるはずですね(^^)。ここまで育てた役員のさんの動きは感服です。
ではその雰囲気をお伝え致します。どうぞお楽しみください。

錦城高校名物のドリル演奏=ドラム・メジャーです。

先生方への感謝


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日は国際ソロプチミスト小平によります「今井忠子さんのチャリティコンサート」がありました。ホール一杯のお客さんが埋め尽くした中で始まりましたこのコンサートはフィナーレの「おおきな古時計」演奏までの時間、とても素晴らしい時を与えてくれました。そのフィナーレですが、まず歌、次にピアノ、最後にマリンバ・・・・だんだんに小さな音になって、暗くなって、人がひとりひとりいなくなって・・・・・まるで私の大好きな「サウンド・ミュージック」の一場面をみる思いがしました。

本日演奏されました皆様、すべて素晴らしかったです。
いつか「こもれび」で奏でてもらいたいですね。


10月4日(金曜日)  国際プロチミスト・今井忠子先生チャリティコンサート

武蔵野研究開発センター視察

先日視察しました武蔵野研究開発センターは、緑豊かな武蔵野市の中心部に位置し、1949年に元中島飛行機株式会社跡地に設立されたNTTで一番歴史のある研究開発センタです。1999年10月に最新のマルチメディア技術を取り入れた地上12階の本館がオープンしました。
まず、この素晴らしいデザインの建物に圧倒されます。デジカメで撮影してきましたのでご覧ください。

またその内容を説明します。
情報化早期実現を目指す永田政弘と致しましては機会ある毎に、先端技術を勉強していきます。
今回は、その内容、研究におきましては、年間なんと2000億円の研究費、3200人の研究員を投じて世界へ発信しています武蔵野研究開発センターを訪問致しました。
数多くの研究中の中から、電子自治体、サイバーネットモールにある程度絞って視察させてもらいました。いずれも私がある程度勉強しているものですので、あとは現実にどれだけ進んでいるのかを実際に観て、触れて確かめることになりました。二時間びっちりの行程になりましたが案内の方も一生懸命に暗記して丁寧に説明して頂きました。残念な事に室内での撮影は禁止されていますので、デジカメよりのアップは出来ません。外観の模様のみをどうぞお楽しみください。

未来ねっと研究所
Network Innovation Laboratories
NTT未来ねっと研究所は、NTTの3つの総合研究所(サイバーコミュニケーション総合研究所、情報流通基盤総合研究所、先端技術総合研究所)の中の先端技術総合研究所に属し、横須賀と武蔵野の2つのロケーションに分かれて将来のネットワークシステムの研究開発に取り組んでいます。

NTT未来ねっと研究所のミッションは、5年先、10年先を見据た、 
 (1) 革新的なサービスとそれを支える ネットワーク概念の創出
 (2) ビジネス競争に勝ち抜くための新しいネットワーク基盤技術の提供
 (3) 革新的基盤技術開発の牽引役にあります。

以下は今回私が視察した内容です。

認証・公証プラットフォーム
電子政府、電子自治体、電子商取引をインターネット上で実現するにあたって、現在、情報セキュリティ技術が特に注目されています。NTT情報流通プラットホーム研究所では、インターネットにおける盗難、なりすまし、事実否認、等の脅威に対する対策技術として、電子認証システムTrust- CANP 、電子公証システムTrust- CYNOS 、鍵管理システムTrust- KMS 、暗号ライブラリTrust- ISEC を開発し、これらを利用した認証・公認プラットホームを展示しています。

電子入札システム
政府のe- Japan2002 プログラムの重点施策の1 つとして、電子政府・電子自治体が取り上げられる等、行政の電子化・情報化が注目されています。NTT 研究所ではNTT がもつ情報セキュリティ技術を応用し、電子公認システムを導入した構成で透明性の高い電子入札システムにより従来紙で行われてきた入札/改札を、インターネットを利用して電子的に行うことができるようになります。

サービスエージェントを用いたIC カード小額決済
安心、簡単、便利なコンテンツ購入-
旧:高度IN で送る快適ダイヤルアップ生活)

プリペイド型IC カード
ネットワーク上での音楽、電子ブックなどデジタルコンテンツ流通が期待されています。プリペイド型IC カードを活用することで、ユーザは事前契約や個人情報提供なしに購入でき、またコンテンツプロバイダは料金を確実に回収できます。サービスエージェント(SA)により、カード認証とともに、ダウンロード失敗時の無料再ダウンロード、料金不足時のカード追加などが実現でき、安心・簡単・便利な小額決済ビジネスが展開可能となります。


感動や知識を仮想空間と実空間で共有できる場
200 インチスクリーンと鑑賞用の座席が設置される。高い臨場感とインタラクティブ性を駆使し、教育・学習の場と位置づける。生徒側にも2台のPC があり、メインの画面を共有しながらも、自由に自分で画面を操作できる。能(巌島神社)・サンマルコ修道院などのコンテンツがある。

光ソフトサービスの概要
:高度IN で送る快適ダイヤルアップ生活)
光ネットワークの持つ高速広帯地域発信、双方向通信、複合メディア融合といった特徴を活かした『光ソフトサービスのねらい』を説明し「光ソフトサービス基盤の整備」の進め方、および「ひかりがもたらす4 つのメリット」をパネルにて紹介しています。

サイバーモール
ブロードバンド向けバーチャルショッピングモール「サイバーモール」では、高品質な3 次元CG で作成された空間をウォークスルーしながらショッピングが楽しめます。映像・音声・画像など組み合わせることにより、豊かな商品表現が可能となり、さらにリアルタイム映像・音声通信もサポートします。

ショールーム
- ほしい商品をリアルな3D であなたの目の前に-
バーチャル3D ショールームとは,今までの大掛かりなショールームを,臨場感あふれる3D 映像を用いることにより手軽な形で実現できるものです


10月3日(木曜日) ・高齢者スポーツ大会 萩山運動場  
・森田実氏 政治教養講座 「≪これからどうなる日本の政治≫」
速報 高齢者スポーツ大会の模様です。携帯よりの速報アップします。
「あまり頑張らないで、無理しないよう、けがしないように、たのしくやりましょう」との各代表の方のご挨拶です。子供さんたちの催しも入り、のどかな中で行事が進んでいきました。

   
ずらり勢揃いしました選手団です。              萩山保育園の園児さんの太鼓打ちです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


↑→ 10月3日午前 ⇒ 4日続落となり、ほぼ1カ月ぶりに9000円を割った日経平均株価

日経平均終値、19年ぶり9000円割れ
日経平均株価は前日比112円90銭安の8936円43銭で取引を終えた。終値が9000円を割り込むのは、83年8月12日の8920円82銭以来、19年ぶり。市場では不良債権処理の加速大型の企業淘汰(とうた)が進み、短期的にデフレ圧力が高まるとの警戒感が増しており、一方でどのようなデフレ対策が出されるか、注目している。

☆−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−☆

・森田実氏 政治教養講座 「≪これからどうなる日本の政治≫」
が小平市選挙管理委員会&小平市明るい選挙推進協議会の主催
で行われました。

この話の内容は世界、国の政治の世界を我が身に置き換えて聞くことが出来ました。すさまじいスピードで展開されている現在の日本の姿を流れを、実に的確にお話しくださいました。市議会議員の世界からはかなり違う世界として受け取るものが多々ありましたが、それでももしかしたら私自身のこれからの考え方を、又方向性を変えていくかも知れないくらいの衝撃もありました。
たんたんとした語り口の中に、一本芯が通っている、そうお見受け致しました。

世界の絶対権力をもったブッシュ大統領。世論調査アップで日本の権力者になった小泉首相。この二人の最高責任者がこれからのアメリカ、日本、アジア、世界、地球をどう引っ張って行こうとしているのか。

自分の事ばかり考えるようになった人が急に多くなった日本が、果たして国を守っていくことが出来るのか。いまや日本から中国へ中枢部分がシフトされた(日本が見放された?)とも。
これまでのやってきた選挙制度の弊害。不良債権の処理問題。デフレ対策。有事立法問題。民主党の今回のせっかくのチャンスをまたもや内部のごたごたで失くしたこと。自民党のこれまでやってきた選挙の方法。アメリカ⇒中国⇒ロシア⇒北朝鮮⇒日本。失業率の問題。自殺者の異常なる増加の問題。アメリカの戦略。日本の見えない戦略。ほんものの政治家とは等々・・・・。

いや実に多くの問題点を挙げての内容でした。短時間の内にバイキング料理のように盛りだくさんの種類、量が提供されたことになります。
海馬の世界によりますと、今日聞いたことが寝ているあいだにきちんと整理されて、今後いろんな場面に出くわしたときに、それぞれの引き出しから順序よく出て来るはずですが・・・。


という、今日一日でしたが、昨日のNTT情報センター視察を含めましてこのところ、毎日が実があります。来年は二期目に挑戦することになりますが、さらに自分の世界をしっかり持つことを目指す、当座の目標です

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 
気づきましたか? 
市報のタイトルロゴが10月1日版から変わりました。
若い芽がどんどん出るように
・・・との願いを込めて


10月2日(水曜日)  ○ 法人会総務委員会 ・NTT武蔵野研究開発センター視察 ・平成塾

たたきつけるような暴風雨の音がまったく止みました深夜です。もう走り去ったのでしょうか台風は。今回のは実に忙しい台風でしたね。被害がなければいいのですが。
風雨が通過するたびに、もう太陽は照らないんじゃないだろうか、星は見ることが出来ないのではないのだろうか、とかいろいろ思い巡らします。が、雲を突っ切って上に出ますとそこはいつも青い空があるんだということを、飛行機に乗るようになってから実感しました。 ⇒ いつかは雨風は去り、太陽、星は見えるようになるのだと。
日本経済もそうなるといいのですが、技術が、頭脳が海外に流出しているようです。日本の社会資源は「人」しかありません。大事に育てていくべきでしょうね。そして守ってあげるべきだと・・・・・・青い空をみるために。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
昨日挙行されました「小平市制施行40周年記念式典」の模様です。
今年は40周年を記念しまして
「小平市内 小学生・中学生 作文・図画 ⇒ 「私の好きなまち小平」「未来のまち小平」を募集、その発表会、授賞式も行いました。
表彰状の文言が各受賞者の内容に沿って読み上げられるという、こういう場では初めての光景が展開されました。(これまでは以下同文、ですまされていました)。時間はかかりましたが大変よかったと思います。


本日も手話ボランティアの皆さん大活躍です。
これまでの長期間にわたっての功労に対して初めて表彰状・感謝状を受賞されました
各受賞者の表彰状・感謝状の伝達式の模様です。
作文受賞者

小田倉由未さん
濱 真理子さん
村山 麻貴さん
関根 香澄さん
川手 繁人くん
栃木 隆宏くん

市報タイトルお披露目
アトラクションで江藤俊哉コンクールで第一位の長尾春花さんもお祝いに演奏です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■先日お知らせしました図書館がより便利になる詳細です。
尚提言してきましたインターネットからの予約は平成15年2月頃から一部開始予定ということです。ようやくと申しますか、いよいよ、と申しますか電子自治体が充実して参りました。
他の施設の予約実現化へ向かって永田政弘はさらにパワーアップします。

蔵書の検索機が、中央館9台、地区館各3台の計30台となり、新たに次のことができるようになります。
▽検索機から予約ができます
▽借りている図書など利用状況の確認ができます

▽市内全館にある図書の検索ができます
▽利用状況の確認ができます
ホームページ http://library.kodaira.ed.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

さて先日お知らせ致しました「通学区域の調整区域(市立小・中学校)」が詳しく表示されましたのでご案内致します。平成15年4月に市立小・中学校に新入学される方(指定学校以外に変更が可能な区域)は下表のとおりです。

指定学校 変更許可学校 調整区域
小学校 七小 二小 天神町2丁目12〜389
大沼町1丁目の一部(西武新宿線線路以南)
十四小 美園町1丁目
八小 花小金井小 花小金井南町1丁目1〜11
(花小金井南町通り以南)
九小 鈴木小 喜平町3丁目1、2番(小平団地1、2街区)
十一小 五小 花小金井2丁目
十三小 六小 小川西町3丁目8、9番
十四小 学園東小 小川町2丁目1332〜1367番
仲町522〜684番(青梅街道以南)
学園東小 二小 学園東町(一中通り以東、あかしあ通り以西)
学園東町2丁目2、3、7、8、11〜14番
仲町(一中通り以東、あかしあ通り以西、青梅街道以南)
中学校 三中 上水中 回田町の一部(回田本通り以南)
花小金井南中 小平第三中学校通学区域内で、天神通り以東かつ東たかの道以北の区域と鈴木町1丁目の一部(鈴木街道以北と450〜514番地を除く)と鈴木町2丁目
六中 花小金井2、3丁目

問合せ 学務課 TEL:042(346)9570

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『教育委員会委員長及び委員長職務代理者の就任について』
教育委員会からのお知らせです。
この度教育委員長の任期切れによりまして10月1日から新しい委員長の就任です。
少数精鋭で激務をやって頂きます。

職   名 氏 名
委員長 堀内 敏宏 氏
委員長職務代理者 小池 貞雄 氏
委員 海上 玲子 氏
委員 伊藤 文代 氏
教育長 坂井 康宣 氏

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■国民健康保険、老人保健、(福)・(障)・(親)医療費助成制度が本日・10月1日から一部改正されます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

私のホームページ上でアンケートを実施していますが、その途中経過を(2002年09月30日 (MON) 18時36分52秒 現在の集計結果です。)をお知らせします。投稿数がまだ少ない気はしますがどうぞ気軽に投票して下さいませ。参考にさせて頂きます。
《皆様の市政に対するアンケートを実施しています。お気軽にどうぞ》
http://jcgi.mmjp.or.jp/cgi-bin/enquete_users/tantan11817/tantan11817.pl

1.小平市政への要望(複数選択) 
候補 割合
保育園待機時政策 6.70%
学校教育 13.30%
社会教育 6.70%
高齢者福祉政策 6.70%
元気高齢者政策 20.00%
男女共同参画社会 0.00%
コミュニティバス 0.00%
ゴミ問題 0.00%
産業振興策 6.70%
農業振興策 0.00%
道路の整備 6.70%
都市整備再開発 0.00%
グリーンロード政策 0.00%
電子市役所早期実現化 26.70%
IT講習会 6.70%
その他 0.00%

2002年 永田政弘 予定表

 

1 ○ 市制記念  新旧議員祝賀交流会
2 ○法人会総務委員会 ・NTT武蔵野研究開発センター視察 ・平成塾
3  高齢者スポーツ大会 萩山 ・森田実氏講演会  ・勉強会
4  国際ソロプチミスト・今井忠子先生チャリティコンサート
5  ふれあい音楽祭(七小青少対)  ブレンドの会   睦会
6  子供議会議場
7 ・研修会「中村啓三氏講演会・政治とは」 ・よさこい実行委員会
 ・告別式
8  研修会  北商栄会クリーンデイ  小平ラグビー協会発足式
9  政和会視察 日田市
10 ○ 政和会視察 本渡市
11 ○ 政和会視察 島原市
12 ○ 珈好琲会
13 ○ 商工会運動会 ブリジストンにて
14  第13回市民スポーツまつり   会合
15  議会報編集委員会
16 ○ 北商栄会親睦旅行 
17  北商栄会親睦旅行  私立保育園
18  会合
19  おびらちょう歓迎会 ルネこだいら  会合
20 ○ 市民祭り    
21  ともにネット  
22  KSNC会合
23  会合
24  会合
25  七小40周年記念式典  部課長対議員親善野球
26  第3回小平シニア合唱団  会合
27  議会報発行
28 ○ 東京料飲食組合情報委員会 飯田橋   ・会合
29  なごみ役員会  認定保育室学習会
30  第六中合唱コンクール
31

☆==============================================☆