金沢メンネルコール プロフィール


 金沢メンネルコールは昭和51年に金沢の2つのボーカルグループ「タウンライツ」と「サタデイファイブ」9人のメンバーで結成された石川県では初めての本格的な男声合唱団である。創立以来毎年1回の定期演奏会をはじめとする各種事業の実施や行事への参加を積極的に行っている。設立15年目となる平成3年には神戸市のコール・セコインデ(広瀬康夫先生指揮)を招き、設立20年となる平成8年には全国でも屈指の男声合唱団である名古屋のクールジョワイエを招き記念演奏会を行った。


第1回定期演奏会 皆さん若い!

○結団当時の様子を紹介します。

 2001年 11月24日には日本男声合唱協会創立30周年記念第15回演奏会in石川(JAMCA in 石川演奏会)の主管団体として、演奏会の企画・準備・運営の一切を担い、大好評のうちに演奏会を成功に導いたことは記憶に新しい。とりわけ全国から300名余を迎え、総勢400名で歌い上げた合同合唱「学生王子」は、開館間もない石川県立音楽堂に高らかに響き渡った。

 なお、金沢メンネルコールは平成13年、創立25周年を迎えた。「JAMCA in 石川」演奏会は創立25周年記念事業として立案・実施され、金沢メンネルコール第25回定期演奏会の代わりに開催されたものである。


○現在ご指導いただいている先生方

客演指揮 広瀬 康夫

神戸に生まれる。関西学院に勤務し、グリークラブをはじめ多くの合唱団の指導にあたると共にカルテット、ソリストとしても活動する。1987年神戸芸術協会公演「フィガロの結婚」にバルトロ役で出演。1989年グリークラブ欧州演奏旅行に指揮者として、1992年米国演奏旅行、1997年、2003年欧州演奏旅行に指揮者及びソリストとして同行。1994年7月英国ウェールズで開催されたスランゴスレン国際音楽祭においてグリークラブOB合唱団「新月会」を準優勝に導く。1981年男声合唱団コール・セコインデを結成、リサイタルを開くとともに全日本合唱コンクールにおいて8度の全国大会出場を果たす。1999年度、2001年度金賞受賞団体指揮者として金メダルを受賞。1996年よりバーバーショップ活動を始め、2000年アメリカの協会(SPEBSQSA)に入会、バーバーショップ・ハーモニーの普及に努める。北村協一氏に指揮法を、大久保昭男氏、井上和世氏に声楽を、Egisto Matteucci氏に教会音楽及び合唱指導を師事。現在、関西学院グリークラブ常任指揮者、コール・セコインデ常任指揮者、新月会指揮者、平成指揮者の会同人、金沢メンネルコール2000-2009年度客演指揮者、Barbershop Harmony Society(本部アメリカ)会員。MHBQA(混声バーバーショップカルテット協会:本部アメリカ)会員。日本バーバーショップカルテット協会代表。

○団内指導者 中川 達也

1964年、金沢市に生まれる。金沢少年合唱団に入団後、同合唱団シニアクラスにおいて男声合唱の楽しさを知る。1983年、京都産業大学法学部入学と同時にグリークラブに所属。第20代学生指揮者。在学中は社団法人全日本合唱連盟主催の「全日本合唱コンクール全国大会〜大学の部〜」で第1位金賞を4年連続受賞。その間、吉村信良、尾形光雄、山口はやと、伊吹元子の各氏から音楽的影響を受ける。1988年、金沢メンネルコールに入団。翌年の第12回定期演奏会より指揮者となり数々のステージを経験。ジャンルを問わない演奏スタイルを持ち味とする。金沢メンネルコールの美人・元マネージャーとゴールインしたのもすでに15年以上も昔の話。趣味はアイスホッケー観戦。

Last Update 2007/10/1
[演奏会のご案内] [活動記録・予定] [メンバー紹介] [練習予定] [定演記録] [リンク] [メッセージボード]
[HOME]