BACH Live Cafe program No.36
音楽喫茶♪バッハ・ライブカフェ♪

(第36回プログラム)
燃え上がる樹々の緑〜復活祭オラトリオ


花々が咲き、木々の緑が一斉に吹き出す季節が巡ってくる時期には、自分が生まれ変わるような無上の嬉しさに包まれます。
この春を迎える切ないような生の実感と喜びはどこからくるのでしょうか?
古えからの春の祭の季節が、宗教の誕生や復活の物語と結びつくのは自然の成り行きだったのでしょう。信仰をもたない私にも、若葉の燃えだす復活祭の季節は、2000年前の青年の物語と、はるかなる生命の連なりの歴史へと想いを巡らせてくれます。
実はバッハの「復活祭オラトリオ」は以前から聴きたい曲だったのですが、未だ一度も聴く機会に恵まれませんでした。
入力したMIDIの曲を聴き、まるで若草の上に音楽の卵(復活祭の贈り物)を見つけたような幸福な気持ちになりました。特に、マリアがイエスが甦ったことを聞き驚いて歌う第9曲「アリア」は、イエスの痛みをわが身の痛みと味わってきたマリアの思いと喜びが伝わってくるようでした。


■このページの演奏(データ)の作成者は、ねぎ氏です。
■ご感想とリクエストをお寄せください。メールはこちらへ。

バッハ・ライブカフェへ戻る|

復活祭オラトリオBWV249

第2曲「アダージョ」

第5曲「アリア」

第7曲「アリア」

第9曲「アリア」


バッハ・ライブカフェへ戻る|