ブログ スタート

2008年4月〜 音楽の話、あるいは教育のことなど、気まぐれに書いております。

2016年1/1から2018年 日記へ

2018年1/1から2019年日記へ

2020年1/1から2021年日記へ

トップ画面へ


2022年1月1日(土)《昔や将来を悔やまず今を楽しむ》

2022年は父のメッセージ《昔や将来を悔やまず今を楽しむ》から改めてスタートしようと思います。今年の終わりに、今年は良い年だったと言えるような年にしたいと思います。どうぞこの年が平穏で皆様が幸福にくらせますように。元旦の富士山です。


2022年1月6日(木)《主治医》

この日から大学の授業がスタートしました。年末から歯の激痛に悩まされ、なんとか市販の薬でその場を凌いでいましたが、耐えられなくなってかかりつけの歯医者に緊急依頼で留守電話に「なんとかお願いできないか」と、本来なら、治療開始は1/6なのに、、、「他にも患者さんがいるのですぐ来てください」と、奥様から、、、4日からみていただきました。ありがたい。国立駅前の木村歯科といいます。木村先生、小生は歯を長年にわたって診察治療してくださる主治医です。たとえば、水曜日が定休なのに、演奏会で本番中に痛くなったら、たいへん、、、と言って治療の道具を持参してくださったお医者さん。小佐野にはなくてはならない歯科医です。


2022年1月7日(金)《ショッキングなニュース》

学部長からショッキングな知らせが、、、H28年3月まで玉川大学芸術学部において同僚だった笹川隆司先生(当時、教授)が昨年、12月13日に亡くなっていたニュースが飛び込んできました。先生がご逝去された日、12月13日はなんと偶然にも國芳先生の命日です。國芳先生と同じ日に亡くなったとは、、、この日の夕方、直接、奥様とお電話できました。くも膜下出血で急死されたとのこと。2日前まではお風呂も食事もされて元気だった、、、、とのこと。笹川先生は東大出身で音楽美学を専攻されて美学学会等でも活躍されたかた。小佐野は笹川先生とともに当時の芸術学科時代、そして芸術学部時代と、、、業務を遂行させていただきました。ご一緒にいろんなところへ旅行にいき、ご飯もたべ、お酒も飲みました。物静かで思慮深くとても優しいかたでした。公私共に、お世話になりました、特に小生は論文指導では、先生の知的な頭脳なしには書けませんでした。すぐに友人のYくんにも連絡。玉川大学で授業を受けた学生さん、同僚だった先生がた、すべての皆さん、近年は故郷の新潟にお住まいだったようですので新潟の空を見ながら思い出してあげてください。心よりご冥福をお祈り申し上げます。


2022年1月14日(金)《モノレールから見た富士山》

砂川七番駅周辺モノレールから見た富士山です。ちゃんと美しく大きくみえますね。


2022年1月23日(日)《日》《ショッキングなニュース2》

大学は学期末で大忙しです。教員も学生も緊張感ある時期となりました、入試もそろそろ受験がはじまっています。T大では受験生Aが3人を包丁で殺傷した事件がおきました。こういう事件をみれば、殺傷した受験生は絶対、やってはいけないことに間違いありませんが、罪を起こしたのは以下のような理由だそうです。Aは17才の高校2年生。警察の調べに対し、「目指している医者になるため東大に入りたかったが、成績が1年前から落ちてきて悩んでおり、自信をなくした」「医者になれないのなら人を殺して罪悪感を背負って切腹しようと考えた」などと語っているそうです。優等生はよいがそうでない挫折したあるいは精神的に悩んでいる生徒をどう教育していくか、、、社会、われわれの課題です。