小佐野圭プロフィール短縮版(512文字) 山梨県立吉田高校、国立音楽大学を経て83年に 同大学院修了。在学中から演奏活動を開始した。東京で定期的にソロ・リサイタルを行うほか、国内のオーケストラと数多く共演し、全国各地で演奏活動を行なっている。日本国内のみならず、ドイツ(マンハイム)、フランス(パリ)等、海外にも活動の場を広げ演奏活動を行っている。2013年に韓国(釜山)で開催された日韓親善音楽会に招聘され、釜山文化会館にてデュオリサイタルを開催。2005年から2012年までベートーヴェンのピアノソナタ全曲リサイタルを実施し、成功裏に終えた。また2016年と2017年にはバッハ平均律クラヴィーア曲集全曲(第1巻、第2巻)リサイタルを開催した。ソロ活動の他、94 年に小佐野実穂と“デュオおさの”を結成し、ピアノ連弾、2台ピアノによる演奏活動を行っている。全国各種のピアノコンクールの審査も行っている。玉川大学芸術学部教授、国立音楽大学非常勤講師、 玉川大学芸術学部長(2019〜)の要職にある他、(一社)全日本ピアノ指導者協会評議員、全日本音楽教育研究会大学部会事務局長(2018〜)数多くの団体の要職にある。1980 年武岡賞受賞 2017年芙蓉文化賞受賞。