6月某日、昨年テレビで紹介されたナニコレ珍百景こだわり街道、「昭和懐かし館」を訪ねてきました。
昔の物がたくさん置かれた小屋や、レトロな看板がずらりと並んでいる。
道路脇の土地の所有者・高橋さんが、過疎化に不安をを感じ、話題性のあるものを作って地元に人を集めようと、35年前から興味を持った物を少しずつ集めて設置し、「こだわり街道」としたそうです。
詳しい場所を説明すのがむずかしいですが、柴田町入間田簡易郵便局の脇道を入ってすぐのところに街道入り口があります。(宮城県柴田郡柴田町入間田大畑)

ちょうど仕事から戻ってきた制作者の
ご主人高橋さん、しばらく色々な話し
をしてくれました、大変気さくなご主人でした。
帰り際に「また来てけらい、俺も近くに
行ったら連絡すっから」とニコニコ顔で
見送ってくれました。
おじゃましました。

 

 

街道沿いに設置された楽しい看板 
 

レトロな看板の数々 
   
 
 
こだわり街道入り口