about::zappa


すみけんによる採譜


ザッパの凄さをちょいとリストしてみましょう。

こういうのはほとんど採譜できないわけですが、あえて挑戦してみました。


king kong

(2005年7月5日)

1980年ごろのライブバージョンを元にアレンジしてます。ドラム+ベース+オルガン+ギター。

MP3(304kb)ドレミ楽譜音程確認用MIDI

主メロのみ雑多に

(2005年7月5日)

某所で鼻歌風にドレミで覚え書きをいくつか作ったので、ここにまとめます。

inca road
ドレミ楽譜音程確認用MIDI
RDNZL
ドレミ楽譜音程確認用MIDI
mother people
ドレミ楽譜音程確認用MIDI
big swifty
ドレミ楽譜音程確認用MIDI

ちなみに主メロのみです。ぜんぜん迫力ありません。鑑賞はしないでください。ただの音程確認MIDIです。

おなじMIDIをオルゴール風に鳴らしたもの→RDNZL(1.0MB)

余談ですが、鑑賞するなら このZAPPA MIDIのRDNZLが見事です。独自のソロも付いてるし、Win付属MediaPlayerでも十分な迫力。

andy

(1998年9月12日)

andy(album:one size fits all)の最大の特徴は、あの独特なスネアパターンだと思います。というわけで、ドラムトラックを採譜してみました。andy.mp3も公開(92kb)

採譜してシーケンサで再現するまでは、3連が入っているのだと思っていました。でも、シーケンサで確認する限り、32分音符のようです。驚き。

普通は、32分音符など狙って叩けるものではなく、単に「速く叩くぜ!」の結果叩ける程度のものです。したがって、フィルとして4分音符分たたきまくるような使いかたしかできません。ところが、ザッパはそれを通常のリズムの一部として、コントロールのもとに取り入れています。しかも、むっちゃくちゃ効果的。

最近はドラムンベースが流行で、むやみに細かいだけのビートを聞きなれてしまった人も多いと思います。しかし、16ビートが8ビートを倍にしてならべたものでは出せないグルーヴを持っているように、32だって16を倍にしてならべたものでは出せないグルーブがあります。ザッパのandyは、32のグルーブを活かした傑作のひとつだと思います。






ご意見ご要望及び苦情はE-MAILにて

e-mail to : jy3k-sm#!#!asahi-net.or.jp