about::zappa

クレジットがあるのは、聞いたアルバムです。感想や紹介は順次。

bootleg::60年代


'Tis the Season to Be Jelly

Konserthuset, Stockholm, 30-Sep-1967(たぶん)

WinMX:0CD - 'Tis The Season To Be Jelly-Live in Sweden 1967.mp3、31MB。【beat the boots】としてもリリース。

(2001年11月3日)

有名曲カバー大会。シュープリームスのbaby loveまで。似合わんような似合うような。かわいい。

The Ark

The Ark, Boston, 1969 (often confused as 1968)

WinMX:0CD - The Ark(Boston '69).mp3、48MB。【beat the boots】としてもリリース。

ごく初期のGreggery Peccaryを含む。


bootleg::flo & eddi


Twinkle Tits

Olympic Auditorium, Los Angeles, 07-Mar-1970

WinMX:Twinkle Tits -Olympic Auditorium mar-07-70 *.mp3、バラバラ。

(2001年11月3日)

wille the pimp、80年代ライブなどで見せた第2テーマ部分がギターソロのイントロとして提示されている。

At the Circus

Uddel, The Netherlands, 18-Jun-1970 (flo&eddiの部分は)

WinMX:At the Circus(70) *.mp3、バラバラ。【beat the boots】としてもリリース。

A Snail in My Nose

Fillmore East OR West, 1970 (location & date fiercly debatable)

WinMX:0CD - A Snail in my Nose (Fillmore East '70) pt1(same as Tengo Na Minchia Tanta).mp3〜pt3、40+36+43MB。【beat the boots】Tengo Na Minchia Tanta としてもリリース。

(2001年11月3日)(2004年12月2日)

非常に音圧がよい。holyday in berlinが歌詞付き! 驚異的だ。littile houseの歌詞も多い。「penis dimention! my penis is a monster!」などと歌っているので、フィルモアではカットされたか。

sleeping in a jar(実際はholyday in berlinのギターソロ)のイントロが、Inca Roadスタジオ版のギターソロエンディングのパートの初出。flo&eddiのボーカルで、かなり明確に提示される(バーントウィーニー版もよく聞くとギターで軽く弾いている)。また、ラスト直前(7分くらい)ではEasyMeatのテーマがギターで(これまた完全な形で)提示される。

演奏傾向は当然かもしれないがフィルモア/LAと酷似、ただし全体に(演奏も音色も)ハード目かも。

Freaks & Motherfuckers

Fillmore East OR West, 1970 (location & date fiercly debatable)

WinMX:Freaks and Motherfuckers (Filmore East, 1970)(1of2).mp3、21MB。【beat the boots】Freaks & Motherf*#@%! としてもリリース(新古で800円でget)。

[little house]以降)はA Snail in My Noseと完全に同じ。

(2005年8月7日)

[call any vegitable]、ギターソロあり。ファンキー。LA版とはだいぶん様相が違う。

LA版にあった野菜会話「how about?」は、こちらにはない。そのぶん、原作のフレーズをファンキーにした別ブレイクが入る。カッコいいわあ。

[littile house]にも[mudshark]にも、短いながらギターソロが入る。これが実にハードでかっこいい。[burgurs]の前半の8小節も素敵。なおこのバージョンはuncle meatに比較的近い前半を持ち、後半はプレイグラウンド版に近い。

([sleeping in a jar]は、実際はInca Roadコード進行のソロパート。ギターとドラムの暴れっぷりと、2小節に1回入るオルガンリフが実にいい。ブート業者がなぜこの曲のタイトルを使ったのかは不明。)

Disconnected Synapses

Palais Gaumont, Paris, 15-Dec-1970

WinMX:Disconnected Synapses*.mp3、バラバラ。【beat the boots】としてもリリース。

(2001年11月3日)

Freak Outとはまったく別バージョンになったWho Are the Brain Police? を収録。サビのみ原型を残しているが、あとはメロからぜんぜん違う。ロック、ハード、キレる。

Poot Face Booogie

The Ahoy, Rotterdam, 27-Nov-1971

WinMX:0CD - Poot Face Boogie (Rotterdam 1971).mp3、46MB。

1曲目Peaches en Regaliaのハリが非常によい。

swiss cheese

The Casino, Montreux, 04-Dec-1971

WinMX:0CD - Swiss Cheese.mp3、35MB。【beat the boots】Swiss Cheese / Fire! としてもリリース。






ご意見ご要望及び苦情はE-MAILにて

e-mail to : jy3k-sm#!#!asahi-net.or.jp