このHPを
印刷(pdf)TOP_files/tsukishima.pdf

少林寺拳法

金剛禅総本山少林寺

東京月島道院

 

2011年より開設された道場です。

子どもから大人まで、学生や社会人・外国人の方でも誰でも参加できます。

少林寺拳法の修行を通して、社会の規律や道徳を学びながら稽古を重ねることで心と体をバランスよく鍛えます。

また、2人1組を主体とした護身術の練習を通じお互いを尊重する「思いやりの心」を養うことで一人一人の人間形成をサポートし、自信・勇気・正義感・行動力を養うことで社会に貢献する「人づくり」を目的としています。まずは、練習場所に足を運んで頂き、お気軽に見学、体験ください。

金剛禅総本山少林寺 東京月島道院のご案内

リンク

少林寺拳法は、剛法・柔法・整法の三法がありバランスよく構成されています。

 剛法: 突き、蹴り、受けなどの打撃系の技術

 柔法: 守法、抜き、投げ、固めなどの抜技・逆技の技術

 整法: 経脈や急所を用いて身体を整える技術

基本的な練習内容は以下の通りです。

 基本: 準備運動・基本技術

 法形: 2人1組が相対になり技の練習を行います。

 運用法(乱捕り): 練習した技を用いて自由に攻防を行います。

 鎮魂行: 金剛禅の教えによる少林寺拳法独自の修行です

 作務: 練習場所の清掃を全員で行います。

練習内容

(東京月島道院 指導者)

(道院関連)

(少林寺拳法関連団体)