蜂須賀家表門
現・西澄寺表門

○に卍  阿波25万7千900石、徳島藩蜂須賀家の三田中屋敷(現・芝税務署周辺)の門を、昭和3年(1928)に移築したもの。江戸末期の建築で、両脇に門番所が付属しています。鬼瓦には蜂須賀家の家紋の丸に卍紋が残っています。

銘文に以下のようにありますが、仙台藩の屋敷とするには形式が違うといえます。

仰々此門ハ徳川三代将軍ノ治世砌仙台公江戸邸宅ノ門タリ明治二十二年麻布區蜂須賀邸ノ門ニ譲リタリ 昭和三年五月市區改正の為是ヲ林常太郎氏の照會ニ依リ西澄寺ニ譲リ受クル事トナリタリ 以下略

現・世田谷区下馬西 西澄寺表門

蜂須賀家表門
蜂須賀家表門
home back