加賀節成

加賀節成収穫

加賀の伝統野菜で昔ながらの品種です。
いまでは大量生産に向かないのでほとんど営利栽培されていません。

今主流のキュウリより色が薄く、さらに下のほうにかけて黄みがかかり黄色の筋が
できるときもあります。
交配種でないために太さや長さにややバラつきがありますが、25〜28cm程度です。
黒イボでイボはかなり大きく鋭いです。

耐病性は普通程度で、ウドンコ病やべト病などの防除が必要です。
収穫量も普通程度でそれほど多いほうではありません。

味は首のほうにやや渋みが出る場合もあり、今のキュウリよりは野性的な味です。



戻る