本文へスキップ

当医院は、患者様の健康の寄与のために医科と歯科が連携して治療を行えるよう考えています。

電話でのご予約・お問い合わせは098-858-4182

〒901-0152 沖縄県那覇市小禄421-29

院内設備

エクセラスマート3D F+ セファロ

施設写真

CT導入により治療の診断が向上します
CTでは、従来のレントゲンでは見えなかった顎の骨の立体的な形態や、神経の位置把握、
さらに骨密度の診査にも利用できます。
立体画像で状態を確認できますので、患者さんにとって安心、納得の治療が行えます


POIC水(タンパク分解型除菌水)について

機器写真

POIC (ProfessionalOral-infectionControl :専門的口腔感染症予防)           当医院はPOIC®(専門的口腔感染症予防)研究会に所属しており認定医院となる前の平成21年11月より連続殺菌治療システムを導入し、それまでにも増して治療、予防、院内感染予防効果を向上させてきました。今回、口腔感染症の予防法として重要な基本的セルフケア(ホームケア)の最も効果的な方法としてタンパク分解型除菌水とオーラループを使用したホームケアを専門のホームケアアドバイザによる指導やオフィスにおける専門的口腔ケア(1000ppmのタンパク分解型除菌水PH9を約60度に温めたものを使用)を駆使し今以上に患者様のお口の環境を良くしておこうと考えてます。  
    タンパク分解型除菌水=POIC Water

 POIC ウォーターとは   
電気伝導度0.1μm/sの超純水にローブロム塩を溶かし、高圧電流にて90分以上電気分解した次亜塩素酸イオン(ocl⁻)と溶存酸素(活性酸素種)を多く含む水(pH9.3)。
次亜塩素酸イオンはバイオフィルムを含むタンパク汚れに優位に働き、歯周ポケットに存在する嫌気性微生物(歯周病菌を含む)に対し、溶存酸素が効果的に働く。
従来より知られている強酸性水や弱酸性電解機能水にはぞんざいしなかったタンパク分解を主目的とした機能水である。
その効果は、pH9.3次亜塩素イオン1000ppm、さらに60℃の時、最も効果を発揮することが知られている。



オリゴスキャンについて  

機器写真

今までは、身体の中のミネラルや重金属の動態がどうなっているのか
はなかなか評価が難しいという問題がありました。毛髪重金属検査や尿中排泄試験は、毛髪中や尿中に排泄される重金属を測定する事によって体内にある重金属の量を間接的に評価する事の出来る検査ですが、直接的に身体に蓄積した重金属や
必須ミネラルのバランスがどうなっているのかオリゴスキャンという器械で,診療のその場でほんの2-3分で測定する事が出来るようになりましたこれで、ミネラルのアンバランスの補正や重金属のキレーション治療の適応をいっそう的確にする事が出来るようになりました。





メタトロンネオについて

機器写真

メタトロン・ネオとは
私たちの臓器や器官は、固有の周波数で振動し波動(エネルギー)となって放射します。身体に異常が起こると固有周波数が乱れてノイズを発生させます。
メタトロンはこれらの波動を捉え解析することができます。またほんの少しの共鳴を与えることで本来あるべき状態に復帰させることが可能です。 メタトロン・ネオは全身799か所の臓器や器官をわずか5~20分で非侵襲的にチェックして波動療法できる機器です。
 基本機能
全身をスキャンして、各臓器や器官のエネルギー状態を読み取り、結果を6段階に評価して画面上に表示します。それにより、どの器官のエネルギーレベルが落ちているか、バランスが悪くなっているか、病的な状態になっているかを視覚的に知ることができます。
結果に応じて、エネルギーを高める食材と下げる食材、効果的なアロマ、パワーストーン、フラワーエッセンス、ホメオパシーなどを提案します。
 健康診断と違う点
レントゲンや採血など生体侵襲がまったくなく全身の健康状態やエネルギーが低下して病的な状態に近づいている未病状態を高い確率で発見することができます。
エネルギー低下の原因を究明し食生活、運動、口腔ケア、サプリメントなどにより改善して予防に役立てることができます。




ゼロテクターについて

機器写真

ガルバニー電流測定及び除去 
お口の中の金属(銀歯)が体に害を及ぼすことをご存知ですか?
特に異なる金属がお口の中にあるとその金属間で電流が発生します。これをガルバニー電流といいます。また、お口の中の金属によっては常に舌のどこかでなめたり、唾液等によって溶けてきます。溶けた金属は体の中に蓄積されます。それらの身体への影響は下記のようなものが考えらえれます。

電磁波過敏症
疲労感、集中力の低下、めまい、吐き気、動悸、消化器の障害 等様々な症状が報告されています。

ガルバニー電流の発生
心臓は電気とともに脳からの指令によって動いてます、脳と心臓の間にあるお口の中で、心臓を動かすための電力よりもお口の中の電力が大きく発生してしまいますと心臓の機能をおかしくしてしまうことがあり、動悸や不整脈のきっかけになってる場合があります。

ガルバニー電流は専用の機器(ゼロテクター)で測定することができ、また一時的に除去することもできます、それだけで慢性的な頭痛や肩こりがなくなったり、リウマチで上がらなかった腕が上がるようになったり、体が楽になったりする例が報告されています。 お口に金属を使用されており、お体に不調を感じる場合は一度お調べになることをお勧めします。



LAD(光殺菌)治療について

機器写真

歯科では殺菌治療法として
歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。 LADLight Activated Disinfectionの  略で、 日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺 菌する画期的な治療法です。(修了証)







安心安全なアマルガム除去について

機器写真

アマルガムは、加工が容易で殺菌性に優れているため、虫歯の治療に多く使われてきた歯の詰め物の材料です。このアマルガムは水銀を50%含む金属から出来ています。アマルガム(水銀)は口腔内で容易に気化・蒸発し、全身に運ばれます。特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されます。
水銀は、人体に有害な重金属の中でも神経毒性の強い物質です。末梢性ニューロパチー・視力、味覚、嗅覚の低下・易刺激性(ヒステリー)・うつ病・頭痛・アレルギー・喘息・原因不明の首肩腰および関節の痛み等を引き起こします。ですので、アマルガムを除去するに当たっては、アマルガムを保有する患者のみならず適切な防護をせず治療にあたる歯科医師も非常に危険な状態にあると考えられます。そのための防護に関する設備も整えております。




空気清浄器(クリアテック)

機器写真

診療室内における空気汚染に対しても当医院では口腔外バキュームの使用やMRSA(黄色ブドウ球菌)や結核菌、ウィルスの除菌の可能な空気清浄器も使用しております











G6PD活性(迅速定量検査機器) 

機器写真

G6PD(グルコース6リン酸脱水素酵素)
G6PDは赤血球が正常に機能するよう助けます。またG6PDは体が感染と闘っている時もしくはある種の薬物により蓄積する、潜在的に有害な副産物から赤血球を守ります
G6PD検査は、血中の酵素(タンパク質の種類)であるグルコース6リン酸脱水素酵素(G6PD)の濃度を測定します。
G6PD欠乏症は遺伝性疾患であり、溶血性貧血として知られるある種の貧血を引き起こします
貧血とは体内に十分な赤血球を持たない血液疾患です。G6PDは、発熱時、感染もしくはある特定の薬を服用している時に蓄積する反応性酸素と呼ばれる化学物質から、酸素を多く含む赤血球(RBCs)を守ります。G6PDが十分でないと、赤血球はこれらの化学物質から守られず、血液細胞は死んで貧血が起こります。溶血性貧血になると、体は破壊された赤血球に代わる十分な赤血球を作ることができません。ある種の食物、薬剤、感染や重度のストレスが、赤血球を瞬く間に破壊する溶血発作のきっかけとなることがあります。G6PDは赤血球中から過酸化物を除去するのに重要な働きをしています。
この酵素の異常があると、この回路がうまく働かず、ビタミンCを点滴した場合、溶血がおきることがあります。


YM療法について  

機器写真

YM
療法とは、歯茎にたまった膿を無麻酔にて排出させることによ り、白血球中の顆粒球とリンパ球のバランスを正常値に近づけ、自己免疫力を向上させることを目的とした治療法です。
患者さんが歯科医院に持つ「痛い」というイメージを払拭していただくために「痛くなく、気持ちよく」治療してあげたいという思いから考案された技術です。従来歯周病の治療は、歯石を除去し、歯ぐきのマッサージ(歯磨き、ブラッシング)を行うことが中心でした。しかし、歯磨きだけで改善される病態は、初期の歯周病に限られることが多く、進行した歯周病に対しては十分な治療効果を発揮することができませんでした。したがって、膿がたまるなどしている状態では、歯磨きを行っても歯周病や口臭はなかなか良くなりません。そこでYM療法が適応となります。また、歯周病はもとより、歯を磨くと出血する方、あるいは風邪をひいたり、疲れて体調がすぐれない時、歯ぐきがはれたり、歯が浮いた感じになる方も適応となりますYM療法では、歯周ポケットや歯肉にたまった 膿を、麻酔やメスを使わずに、しかもほとんど無痛で除去します。 

『生きたミネラルを密封したカントン アイソトニック 』  

フランス・ブルターニュ沖で渦巻現象(ボルテックス現象)がみられる海面下30m付近から採取された海水に湧水を加えて作られています。
海面下30mというのは太陽光がギリギリ届く場所で、最も体内吸収率の高いミネラルイオン(現在78種類のミネラルをが同定されています。)を豊富に含んでいるところです。この生きた海水5さ2に対して5の割合で湧水を加えると体液に等しい状態になります。体液と等しく、涙の成分とも同じです。←これがアイソトニックというんですね。数あるミネラルの中でも、この“生きたミネラル”は、15分~20分で腸に達しますそこから小腸壁の細胞をすり抜けて体内に吸収されていきます。腸は身体の免疫を7割りも司っていると言われます。免疫力の低下は体内のミネラル不足とミネラルバランスの乱れです
また海水は壊れたコラーゲン分子をコラーゲン繊維として再構築します(歯周組織への応用)
カントンアイソトニック、ハイパートニックの保存容器はらせんエネルギーを保存するというユニークな容器となっている。


{647DA667-3E8D-4B39-B8EC-6AE6EBF3F94E:01}
ただミネラルを補給すればいいというものでもなく、あくまでもバランスが大切です。
全ての病気はミネラルとビタミンの不均衡によって生じる(Drライナス・ポーリング)
とも言われています
ミネラルは体の発育や健康維持、生きていくためには絶対に必要なものです。カロリーオーバーで栄養が足りていない食生活。良いと言われる物をどんどん摂り入れるよりも、本当に必要な物を見極めていきたいですね♪この細胞の活性化のためにも微量元素はなくてはならないものです



タラソテラピーの父  ルネ カントン
ルネ カントン
開発者:ルネ カントン(フランス人 生理生物学者)
1866年に出生。
海水と体液の類似性を生涯を通して研究。

海水が体液のかわりになることを実験で証明、当時の医学界から絶大な支持を得、医学界のパスツールと呼ばれた。その後、海洋診療所を全世界に開設。数万人の命を海水の皮下注射によって助けた偉大な功績を残した。


QUINTONの歯科臨床への応用

・現代歯科医学は歯科の2大疾患である齲蝕と歯周病の明確な病因を解明できてない。

・細菌感染症との認識が強いがそこに細菌が存在するのは原因ではなく結果である

・外向きに流れているエネルギーが内向きに変化してしまったことが原因かもしれない

・数多くの科学的知見から歯科領域における臨床応用範囲はとても広い

・保存修復治療 う蝕 象牙質接着 歯痛(歯肉粘膜下) 直接覆髄 間接覆髄

・歯周治療 歯肉溝内洗浄 歯周外科

・感染根管治療 根管洗浄 根管貼薬 歯根端切除

・口腔外科治療 抜歯 インプラント ボーンキャビティー 歯槽骨の再生

・下歯槽神経麻痺

・粘膜疾患

・知覚過敏



初乳MAF(しょにゅうまくろふぁーじ) 

免疫成分を豊富に含んだ初乳から製造した食品で免疫力を高めます。
初乳MAFの適応症例                   
 癌・自閉症・慢性疲労症候群(CFS)・ライム病・感染症、インフルエンザ,ノロウィルス,マラリア ,デング熱,HIV,肝炎(B型・C型),結核,自己免疫疾患、脱毛症、アトピー性皮膚炎等



医)笑歯会ペリー歯科クリニック医)笑歯会 ペリー歯科クリニック

〒901-0152
沖縄県那覇市小禄421-29
TEL 098-858-4182
FAX 098-857-0193