スーパーウイングス (Super Wings)

最終変更日 2004年 4月27日

 

熊本空港をホームベースとしているFA−200(エアロスバル)

4機(今後6機に増える?)による民間のアマチュア・アクロバットチーム。

主に九州、西日本を中心に活動をしています。

得意技は編隊飛行と風船割り。曲技飛行(1機づつですが)も行いますが

許可がなかなか下りないのか会場の関係かあまり見られません。

近年ではおそろいの黒色のつなぎで統一されておりチームとしての一体感が

出ています。タクシーアウトから編隊離陸、タクシーバックまで

よく揃っておりなかなか侮れません。

2003年からは特定非営利活動法人として活動しています。


使用機 FA−200

FA−200は通称エアロスバルと呼ばれる富士重工製の軽飛行機です。

非力ながら曲技飛行も可能。ただしスーパーウイングスの使用機の殆どが

レッドスバルのFA−200と異なりインバーテッドオイルシステムを装備して

無いので連続的な背面飛行はできません。

チームで唯一JA3704号機のみインバーテッドオイルシステムが装着されています。

エプロンに整列しているスーパーウイングスのFA−200たち。

 

零戦塗装のFA−200。この機は展示飛行に参加しませんでした。


展示内容

チームの旗を準備しているメンバー。黒い服はパイロット。

 

駐機中はチームの旗を掲げています。

 

大衆の見守る中、一斉にエンジン始動。ウオークダウンとウオークバックは

行っていない様ですがエンジン始動、エンジン停止まで揃って実施しています。

 

タクシーアウトするスーパーウイングスのFA−200。

タキシングもしっかり揃っています。

写真の630号機は以前航空大学で使用されていた機体で塗装も当時のまま。

 

見事に決まった編隊飛行。以外かもしれないが民間機は普通は編隊飛行を

行わないので編隊飛行は苦手。かなり練習を積んだのでしょう。

スーパーウイングスを昔から知る物には現在の姿は大いなる進化と映るでしょう。

編隊の組み替えも以前に比べると非常に早いです。

# とは言え非力なFA−200と強力な自衛隊機(しかも編隊飛行は得意)を

# ストレートに比べちゃいけません (^_^;)。

 

得意の風船割りで風船を割った瞬間。赤く飛び散ったゴミが割れた風船です。

風船は赤色で推定直径1m。タイミング良く地上から放出し舞上がった風船

めがけてフルスピードで突進。1機当たり2回程実施します。


関連サイト

 スーパーウイングス公式サイト