富士総合火力演習

最終変更日 2005年 6月21日

お問い合わせ先 

住所  〒119−0249

    東京都赤坂郵便局留

    陸上幕僚監部広報室

TEL 03−3408−5211 内線2425

入場券の入手方法

 例年6月中旬に観覧希望者募集の広報あり。

 なお、入場券は全て無料です。

 ※ 平成15年度(2003年度)の募集は6/16から受付です

   (それ以前の物は無視されます)。

  ☆平成17年度(2005年度)の募集要項はこちらです。

 詳しくは陸自イベントのページを参照。

 或いはお近くの自衛隊地方連絡部へお問い合わせ下さい。

 

 募集方法

  陸自イベントのページからの応募、抽選(インターネット利用者:JR利用のみ)、

  応募葉書による抽選(JR、自動車利用者)の2通りです。

  応募葉書は書き方が陸自イベントのページに出ますので参照してください。

  往復葉書に住所、指名、年齢、性別、交通手段(電車、車)、希望観覧日

  を記入して応募します。

 

会場 東富士演習場

交通手段

 JR利用者 JR御殿場線 御殿場駅下車

              臨時バス 約15分〜 (片道 大人550円 99年時)。

 

 乗用車利用者

     (自動車での来場を許可された当選者のみ)

     東富士演習場周辺の駐屯地(滝ヶ原、板妻、駒門駐屯地)付近に

     駐車場が設けられる。駐車場は当選券に指示されている。

     指示された駐車場以外には停めることができない。

     なお、会場までの移動には最寄りの駐車場から

     無料シャトルバス、陸自トラックにて演習場に入る。 


見所

 やはり陸自の各車両が実弾を派手にぶっ放す所でしょう。

 迫撃砲等は空砲より実弾の方が静かな感じがしたのは以外。

 りゅう弾砲も想像より発射音が小さい。

 しかし戦車砲は空砲の10倍位凄い音と衝撃波があってすごい陽炎とともに

 弾が飛んでいく様(弾は早すぎてよく見えない (^_^;)は凄さを

 通り越して恐怖を感じる位。取りあえず耳栓は必需品です!。

 空自もF−4で空爆に参加(といっても危ないので実弾、模擬弾とも投下無し。花火のみ。)。

 第一空挺団もパラシュート降下をする。


プログラム  

 装備品展示

   火力演習終了後、主要車両、ヘリ等会場内に展示。

 その他の催し

   音楽隊演奏


火力演習の様子

 98年の様子


関連サイト

 陸上自衛隊イベント


演習場周辺の地図

 

 <−押して下さい