自衛隊 観閲式(朝霞演習場)

最終変更日 2004年11月 9日

住所  

    埼玉県朝霞市 陸上自衛隊 朝霞演習場

交通手段

 最寄駅 東武東上線 朝霞駅下車

     ・徒歩 約15分

     東武東上線 和光市駅

     ・有料シャトルバス 約10分

 駐車場 なし

 

※ 観閲式には入場券が必要です。一般の観覧はできません。

  どうしても場内で観覧したい場合はお近くの自衛隊地方連絡部にご相談下さい。

  場合によっては入場券が貰えるかも知れません。

  なお10:30を過ぎれば入場券を持っていない一般の方も会場内に入場可能です。

  ただしその頃には立ち見の上、かなり後ろの方になりますので実質的に

  人の頭を見に行く様なもので観閲行進は殆ど見えません。

  観閲飛行と装備品展示等を見るのが得策でしょう。

  なお入場時に住所、氏名を記入の上、持ち物検査を受ける必要があります。


見所

  現役の首相を見ることができることと3自衛隊の観閲行進、観閲飛行が

  見れることでしょうか。観閲式、観閲行進、観閲飛行以外のアトラクションは殆ど無いので

  行進以外の面白みは陸自の装備品展示と音楽演奏位でしょうか。

  陸自駐屯地祭の記念式典の大規模な物だとお考え下さい。

  この式典と観閲行進がつまらないと思うようであれば見ても面白くも何ともない

  と思います。本当にそれだけなんです(涙)。

  陸自の装備品展示は普段目にすることのない珍しい物も多数展示されますので

  こちらは一見の価値ありです。これも各地の駐屯地祭を極めた方では

  特に物珍しい物は無いと思います。


諸注意

  VIPが多数出席しますので厳しい持ち物検査があります。

  結構時間がかかりますので早めに入場することをお勧めします。

  周辺道路は交通整理されて通行制限もあります。更に右翼等の街宣車も全国より

  集結し大音量で低速走行しますので渋滞も凄いです。車での来場はお勧めできません。

  観覧場所は総火演と同じく入場券の色で区分けされています。

  その中でも良い場所で見ようと思ったら人より早く会場入りすることです。

  これは観閲式に限りませんが場所が指定されているので他よりシビアです。

  場合によっては思いっきり立ち見で人の頭をかき分けながら見ることになります。

  食事は各種屋台があるし午前中に殆どの行事が終わるためあまりシビアに

  考えるほどでは無いです。観閲式自体午前中で終わってしまうので装備品展示を

  見なければ帰りにどこかで食事をしても良いですしあまり好みを主張しなければ

  午後も屋台はやっていますので多分問題無いです。


展示内容 観閲式

プログラム

  開門 7:00〜15:00

  首相等VIPによる観閲と式辞 10:30〜11:00

  観閲行進 11:00〜

       陸海空自衛官、防衛大学校生徒、陸自少年工科学校生徒、陸海空自音楽隊

       陸自各種車両(ほぼ全て)と空自パトリオットミサイル

  観閲飛行 11:30〜

       陸自 AH−1S、OH−6D、CH−47J、UH−1、OH−1、

          LR−2

       海自 SH−60J、P−3C、US−1

       空自 F−15、ブルーインパルス

 装備品展示

       陸自装備品のほぼ全てを展示

 その他の催し 

       音楽演奏、戦闘食試食

 


観閲式の様子

 


朝霞演習場地周辺の地図

 

 <−押して下さい