航空自衛隊 百里基地

最終変更日 2002年 5月11日 

住所  〒311−3494

    茨城県東茨城郡小川町大字百里170

TEL 0299−52−1331〜5

交通手段

 最寄駅 JR常磐線

     石岡駅下車

       有料シャトルバス(関東鉄道:820円(2000年時))約30分〜数時間

       ※ ただし周辺道路が狭い上に多数の車やバスが来るため

         行きも帰りも殺人的な渋滞に巻き込まれる。

         10時に石岡駅発で14時基地着の人もいたらしい。

         可能な限り早いバスに「座って」乗ること。

     鹿島鉄道線 (単線で本数少)

     常陸小川駅下車 (石岡駅から?分)

       有料シャトルバス(関東鉄道:550円(2000年時))約15分〜数時間

       徒歩 約1時間〜

       ※ 石岡駅からのシャトルバスが寄る。常陸小川駅の始発便は

         存在しない。満員の場合、乗れない可能性もある。

         また、帰りについては常陸小川駅で下車して列車に乗り換えた

         方が石岡駅に早く着ける場合もある。

     臨時バスは土浦駅や水戸駅からも出る予定

     詳しくは関東鉄道へ TEL 0298−22−3727。

     因みに2000年の場合は 石岡駅〜基地 片道820円(小人半額)

     水戸駅〜基地 片道1020円(小人半額)(2往復のみ) 

     石岡駅始発6:35〜10:20迄10分〜15分間隔

     帰りは基地始発13:00〜16:00迄10分〜15分間隔

 駐車場 基地内外に多数あり

     会場反対側の駐車場から会場迄のシャトルバスあり。

     7:20〜15:50の間、随時出発 片道160円(小人半額)

     ※ ただし周辺道路が狭い上に多数の車やバスが来るため

       行きも帰りも殺人的な渋滞に巻き込まれる。

       くれぐれもご注意あれ。

人出 約10万人〜


見所

F−15の派手な機動飛行...と言いたい所だが近年は小松のF−15展示飛行より

かなり見劣りする内容(以前は涙物の機動飛行だったが...復活を望む!)。

F−15は編隊飛行と離着陸、タキシング位か。

そこに行くとRF−4は熱いフライトを毎回見せてくれます。

ブルーインパルスは空域制限の為、晴天でも第2区分となります。

装備品展示では空対空ミサイルを始めダート、ドローン等のあまり見られない訓練用の

機材や偵察ポッドの様に百里でしか見れない物が多い。

装備品展示の充実度は日本一かも。

 

98年の場合は航空訓練展示が前日に予定されていますので航空祭もそれに準じた

プログラムになる公算が高いです。その場合、他の基地からの戦闘機等も飛んだり

地上展示される可能性もあります。

 

航空観閲式のある年では航空祭のメインが自衛隊各種飛行機の観閲飛行となり

陸海空自衛隊ほぼ全ての種類の航空機を見ることができます。


イベント内容 航空祭

プログラム

 開門  9:00(駐車場は状況により早く開放される)

 閉門 15:00

 展示飛行

   F−15編隊飛行、機動飛行

   RF−4編隊飛行、機動飛行

   ブルーインパルス 第2区分

 地上展示機

   空自

    F−15J、RF−4E(orEJ)、T−1、T−2、T−3、T−4、

    C−1、C−130、YS−11、U−4、U−125、T−400,

    B−36、CH−47、MU−2、UH−60J

   海自

    航空訓練展示の時は来ない?。

    US−1

   陸自

    航空訓練展示の時は来ない?。

    AH−1S、OH−6D

   米軍

    航空観閲式、航空訓練展示の時は来ない。

    F−16デモチーム、FA−18

 装備品展示

   各種ミサイル、各種爆弾(模擬弾)、ロケット砲、

   20mm機関砲、VADS、スティンガー、ペトリオットミサイル、

   バンナーターゲット、ダートターゲット、ターゲットドローン、

   海上ターゲット筏、偵察カメラポッド、各種航空機用ジェットエンジン等

   F−15機体内装備展示、救難装備展示。

 その他の催し

   音楽隊演奏会、ファンシードリル


航空祭の様子

  
百里基地周辺の地図

 <−押してください