FAIワールドグランプリ・オブ・アエロバティックス

最終変更日 2002年 9月24日

 

開催場所 ツインリンクもてぎ(自動車レース場)

住所  〒321−3597

    栃木県芳賀郡茂木町桧山120−1

TEL 0285−64−0001(代)

最寄駅 真岡鉄道 茂木駅   下車 バス約15分

    JR東北線・東北新幹線 宇都宮駅 下車 バス約90分 

    JR常磐線水戸駅   下車 バス約90分

# 臨時バスあり。詳しくは主催者又はバス会社にお問い合わせ下さい。

 

車を利用する場合(渋滞時間を除く)

※ 近年観戦者の増加により渋滞が激しくなっています。特に最終日はご注意下さい。

    常磐自動車道 水戸インターより約40分

           那珂インターより約40分

    東北自動車道 鹿沼インターより約90分

           宇都宮インターより約80分

    会場内駐車場多数あり (有料)

  例年バスツアーが企画されていますのでそちらもご利用されると便利です。


イベント内容 FAIワールドグランプリ

       2002 ”オートボルテージュ”アエロバティックス

       日本グランプリ

料金 (2002年時)

   前売り券(税込)

     3日間有効  3000円(大人)、500円(高校生以下)

     ファミリーチケット(3日間有効 大人2名+子供3名+4輪1台駐車券) 7,000円

     カメラマンシート 6000円(大人)(3日間有効ボックスシート席+プログラム付き)

   当日券(税込)

     11/1 大人1000円、4歳〜高校生500円

     11/2 大人3500円、4歳〜高校生700円

     11/3 大人3500円、4歳〜高校生700円

   前売り駐車券(税込)

     3日間通し1台 4輪1000円、2輪500円

   当日駐車料金(税込)

     11/1 4輪 500円、2輪300円

     11/2 4輪1000円、2輪500円

     11/3 4輪1000円、2輪500円

   チケットの購入

     チケットぴあ、ローソンチケット、

     ツインリンクモテギ チケット&インフォメーション

     JR東日本みどりの窓口/びゅうプラザ

     ショッピングセンターもぴあ(茂木町)、道の駅もてぎ(茂木町)

     ホンダウエルカムプラザ青山

     コンビニ ローソン、ファミリーマート、am/pm、セーブオン

     旅行代理店 JTB、日本旅行、日旅サービス

ソロ出場者(過去)

  ピーター・ベゼネイ(ハンガリー)、スペトラナ・キャバニナ(ロシア)、

  ユルギス・カイリス(リトアニア)、クラウス・シュロット(ドイツ)他

チーム出場者(過去)

  スペース・ナイツ、アパッチ、スホーイ・デュオ、フライング・ブルズ(旧スカイ・ボックス)

出場機種(予定)

  EXTRA300S(ドイツ)、Su−31(ロシア)他

 


観戦ツアー

詳しい事は下記旅行会社にお尋ね下さい。

http://www.honda-kaihatsu.co.jp/travel/tour/


見所

自衛隊主催の航空祭や民間主催の小規模の航空祭は無料ですが事アエロバティックスに限り

有料であっても十分満足できる内容です!。飛行機が好き、曲技飛行(見る)が好き、プロペラ機が好き、

ラジコン飛行機(見る、飛ばす)が好きと言う方には何があっても見に行くべき素晴らしいイベントでしょう!

# ジェット機、ジェット戦闘機以外は飛行機では無い、他は嫌いだ、興味がないと言う方には

# お金と時間の無駄使いになるかもしれません。ご注意下さい。

基本的には競技で曲技飛行の技と音楽とのマッチングを競います。もちろんそれらは素晴らしいし

誰がどの様な飛びっぷりをしたかを論評したり応援したりするのも非常に面白いです。

もっとも興奮するのは競技の前後に観客にご挨拶かアピールするように目前、目下!をローパスしたり

エキジビジョンの時間には各パイロット、各チームがのべつまくなし飛びまくりサービス満点のフライトを

してくれます。年ごとにエキジビジョンの内容も異なり2002年はエキジビジョンとしてエア・ミュージカルも

行われました。2002年もエア・ミュージカルが予定されている様です。

競技、エキジビジョン共に終了するとフライトライン(近年は敷地内の場外離着陸場:通常は駐車場)が

解放され飛行機を間近に見られたりパイロットにサインを貰ったりすることができます。

 

なお、FAIでは従来型アエロバティックスと音楽に合わせて自由演技をする茂木で行われるような競技

分けるため2001年よりオートボルテージュ(Haute Voltige)と呼称を変更しています。

これは競技内容が規定演技+自由演技から自由演技のみになった事に起因している模様。

 

フライト以外にもラジコン飛行機、ラジコンヘリコプターのデモフライトや最終日には

恒例となったブルーインパルスJrも展示飛行?を見せてくれます。

またツインリンクもてぎ常設のホンダコレクションホール(入場無料)にはF−1を含むレースカーやオートバイが

多数展示されておりかなりの規模の自動車博物館です。車、バイク好きには一見の価値あり。

展示場のホンダファンファンラボ(入場無料)の中には2足歩行ロボットのデモやホンダの作った試作ジェット機の

展示もあります。ホンダの物作り、環境への取り組みも展示する等見所は多いです。


諸注意

会場は飛行場と違いレース場であり常設スタンドもあり観戦環境は抜群です。

食事についても常設店、模擬店共に多数ありわざわざ弁当持参しなくても大丈夫。

早朝だと準備が間に合わないかもしれないので朝食だけは用意しておいた方が無難。

ただし12時近くでは多くの人(特に最終日)が並ぶので早めに買っておいた方が良いでしょう。

グッズ類も数多くの模擬店で販売されます。

トイレも常設、仮設数多くあるので空自の航空祭程シビアでは無いのも嬉しい。

ただし競技の合間や昼食時間は流石に利用が増えるので注意しましょう。

普通の航空祭では得られない素晴らしい観戦環境はレース場であることの強み。

殆ど注意することは無いのですがあえて言えば交通の便があまり良くない所と山奥なので

PHSが使用できない事、ケータイも大勢で一気に通話すると回線が不足する事位。

自動車で来れない方はバスツアー等を利用すると便利です。


プログラム  

 11/1 予選

 11/2 決勝

 11/3 スーパーファイナル


関連サイト

 オート・ボルテージュ(Haute Voltige) 日本語サイト

 アエロバティックス日本グランプリ(休止中)


アエロバティックッスの様子

 CARTでのアエロバティックスデモ

 2001年の様子


ツインリンクもてぎ周辺の地図

 <−押してください