AIRock(エアロック)

              エアロバティックチーム

最終変更日 2005年 4月22日

 

エアショーパイロットのロック岩崎と奥さん、お嬢さん、有志の方々で結成された

民間の曲技飛行チーム。自衛隊の航空祭を始め国内の航空ショー、イベント等で

日本中の空で妙技を披露している。

テレビ、新聞等で紹介されたり各地でのパフォーマンスで知名度は上昇中。

2002年シーズンより2機による編隊アクロを開始。

しかし2003年シーズン開始前に相棒のノブさんが急遽引退したためソロでの活動に

逆戻りしてしまった。が、2004年にサニーさんが加入。後半より2機によるアクロ復活!。

100回目のエアショーも無事終わり今後どんどん発展していくと思われたが...。

2005年 4月21日 午前11時20分頃コウノトリ但馬空港でアクロバット飛行の訓練中に

同空港の草地に墜落。全身を強く打ち、同市内の病院に運ばれたが、約1時間半後にお亡くなりに...。

享年53才。まだまだこれからと言う時に志半ばで愛機JA22ARと共に永遠の空へ旅立たれました...。

氏の功績は多大でとても簡単には言い表せませんが、まことに惜しい人を失いました...。

ご冥福をお祈りいたします。

AIRockもこの不幸に負けず何とか復活してほしい。


パイロット ロック岩崎

プロフィール

本名 岩崎貴弘(いわさき たかひろ) 1951年生まれ。

元航空自衛隊パイロット。”ロック”は自衛隊時代のTACネーム。

第1線のパイロットとしてF−86F、F−104J、F−15Jと渡り歩く。

生涯パイロットでありたいとの思いから退官(最終階級 2等空佐(中佐))。

エアショーパイロットを目指し95年12月にエアショーの本場アメリカへ。

エアショーパイロットの第一人者ショーン・D・タッカー氏に弟子入りし、

エアショーライセンスを取得。

96年11月3日のスカイレジャージャパンで正式デビュー。

演技が終わっても元気に走り回り握手しまくるとっても元気なおじさんだった...。

2005年4月21日コウノトリ但馬空港でアクロバット飛行の訓練中に墜落死。

展示飛行前にイメージトレーニングしている在りし日のロック岩崎。


2人目のパイロット ノブ(引退)

プロフィール

本名 次田展之(つぎた のぶゆき)  1973年生まれ

1995年にアメリカで自家用操縦士の資格取得。

1997年よりアエロバティックスの訓練開始。

1999年ショーン・D・タッカーに弟子入り。ロック岩崎と知り合う。

エアショーパイロットのライセンスを取得しエアロックに参加。

2002年の岩国フレンドシップデーでデビュー。 

2003年シーズン前に本業の医師業に影響が出ると判断したため

エアショーパイロットを引退。


3人目のパイロット サニー

プロフィール

本名 横山真隆  1976年生まれ

アメリカで自家用操縦士とインストラクターの資格取得。

2003年にエアロックに参加しエアショーパイロットのライセンスを取得。

2004年の但馬スカイフェスティバルでデビュー。今日に至る。


飛行機 米アビアット社 Pitts S−2B

仕様

全幅6.1m 、全長 5.71m 、全高 2.02m 、重量 521kg

エンジン アブコ・ライカミング社 AEIO-540 水平対向6気筒 260馬力

最大速度 282km/h(巡航)、超過禁止速度 338km/h

最大上昇率 823m/分  、航続距離 513km

G制限 +10G、−6G

プロペラ 2葉(98年まで)、3葉(99年より)

コメント

古くさい複葉機と思う無かれ。この機体は96年7月に完成したピッカピッカの

新品なのだ。原設計は1943年(第2次大戦中!)と古いのだが幾多の改良に

よって現在でも生産されている。曲技用飛行機としてはメジャーな存在で

世界各国で愛用されている。日本にも他に2、3機ある。

# クラリオンの赤いピッツは墜落して大破。今はもう飛んでいない。

古くさい外観からは信じられない程軽快な飛行と、とても飛行機とは思えない

フライトをこなしてしまう凄い奴である。

なお、機体の派手な塗装はピッツS−2Bの標準塗装である。

1999年シーズンよりプロペラを3葉に変更。

2000年シーズン後半より新型のピッツS−2Cを追加。2機体制となる。

因みにピッツS−2Cは主に西日本のショーで使用していたが

2002年シーズンより2機のフォーメーション演技を開始。


関連リンク

 AIRock公式サイト

 勝手にAIRock応援団(休止中)

 HIDEさんのAIRock応援団(休止中)

 航空自衛隊 ロック岩崎の記事(リンク切れ)

 


写真集

デュアルフライト

ロックさんの夢として複数機での編隊アクロがありましたが2002年に

やっと2機で演技ができるようになりました。今後はもっと増やしたいそうです。

2機で飛ぶときはロックさんがS−2C、ノブさんがS−Bを使用します。

ノブさんが編隊長、ロックさんがウイングマンです。

普通は操縦も上手で経験豊かなロックさんが編隊長を行うのが筋なんですが

ノブさんの腕前ではまだまだロックさんの僚機として飛ぶには経験不足。

逆にノブさんを編隊長としロックさんが僚機としてノブさんに付いていく

形にした方が操縦の上手なロックさんがノブさんに会わせて微調整ができるので

編隊として綺麗になるわけです。

ピッツS−2Bとノブさん。

 

ピッツS−2Cとロックさん。

 

2機でロール。他にテールスライドやイーグルクライム等も2機並んで行う。

 

ソロでロールするノブさん。

2機で開始した演技は途中で別れノブさんのソロ演技を実施。

その間にロックさんは高度を取りスパイラルダイブに備える。

 

スパイラルダイブを行うロックさん。

この後はロックさんのソロ演技が行われる。

 

演技終盤再び2機に戻りハートを描く。作り方はブルーインパルスのソロと一緒。

 

最後に行うコークスクリュー。真っ直ぐ飛ぶのはノブさん。

大きくバレルロールをするのはロックさん。

 

着陸後スモークを吐きながらグルグル回り観客に挨拶をするノブさん。

横ではロックさんも同じように回っている。

 


ソロフライト

超低空でスロー・ロールするピッツS−2B。低さがおわかり頂けるだろうか。

 

背面でスピンしながら降下していく”ロックンロール98”

 

ループの頂点で1回ロールする”ハート・ループ”

 

垂直上昇中に速度を落としそのまま落ちていく荒技”テイルスライド”

 

なんか飛び方が変であるが、はっきり言ってこんなのばかりである。

どうしたらこんな飛び方できるのか謎だ。

 

垂直に降下している図... (^_^;)。

 


1998年 展示飛行科目

天候、場所等の条件により科目の一部、若しくは全部について変更、削除が

ある場合があります。予めご了承下さい。

ナレーションはロック岩崎氏の愛娘である。

 0.テイクオフ&イーグルクライム

ベーシックフライト(まずは小手調べから:スモーク無し)

 1.背面飛行通過

 2.ループ

 3.スロー・ロール

 4.キューバン8

 5.2ポイント&4ポイント・ロール

 6.インメルマン・ターン

 7.スプリットS

挨拶(ロック岩崎本人)

本番(スモーク)

 1.ロックンロール98

 2.ハーフ・スクエアループ

 3.連続3回スナップロール

 4.ハンプティバンプ(push)

 5.バレル・ロール 2回

 6.ハンマーヘッド

 7.ダブル4ポイント・ロール

 8.リバース・キューバン8

 9.ハート・ループ

10・ローリング・ループ

11.ハンプティバンプ(pull)

12.エルロン・ロール 連続2回半

13.インバーテッド(背面)ループ

14.8ポイント・ループ

15.インメルマン・ターン

16.ローリング・ターン

17.スプリットS

18.テールスライド 連続2回

19.ハンマーヘッド

20.ラチェット・ロール

21.ハリアーフライト(失速速度以下)

22.ナイフエッジ・パス(300km/h以上)

23・着陸