薪ストーブを山小屋に担いで運ぼうイベント 報告


2011 6月 18日  薪ストーブを山小屋に担いで運ぼうというイベントが行われました。

参加者 45名
 




バラバラに梱包された薪ストーブの部材を背負子に取り付けます。
20キロ以上の荷物は、4.5人にチームを作り、荷物を交代で運びました。
その他にも、ストーブで燃やす為の薪も、女性中心運んで頂きました。

今回の最低年齢は、地元の下呂市小坂町在住の小学校3年生の9才!
兄弟とお父さんで参加でした!

今回、イベントに協賛していただいたシキシマパン(PASUKO)様より、長期保存の出来るパンを提供していただきました。

  


 


 
 
ボッカとは荷物を背負った瞬間は、そんなに重たくないと感じても、30分も歩けば、荷物は肩にくいこんできつい!
みんなちょっとばて気味〜

でも、中には元気な人もいます 「気合だー!」




 




小屋に全員無事到着! 小屋の前で記念撮影




そして、バラバラにされていたストーブの組立です。自分が運んできた部品をはどれかな?

 

 

  


そして念願の点火です。ここまでの道のりは長かった・・・
参加者の全員の努力が結びついた瞬間です。
五の池小屋に薪ストーブのあたたかな火がついに灯されました。

 

雪渓の雪で冷やしたビールで乾杯!
そして夜はパーティーの始まりです。

夕食のカレーライスのあとは、新しいストーブのオーブンででピザ大会です。
初めてのピザはとても美味しく大評判!

そしてサプライズはダッチオーブンで作ったローストチキンです!
うまいに決まってます。




 

 

途中この蒔きストーブの製作者である、長野県の八ヶ岳の山麓でケンズメタルワークという鍛冶屋さんをやっている高橋さんにより、
薪ストーブが自然にやさしい理由について講話をして頂きました。


 

 

 

パーティーも大盛り上がり、最後はガッツポーズでイベントを締めくくりました。

皆様のお力をお借りし、無事に薪ストーブを小屋に運ぶことができました。
本当に皆様、お疲れ様でした。そしてありがとうございました。