象気功


気功進化編第2部
金運チャクラ覚覚醒講座

まあ、なんと申しましょうか、世の中はなんといってもお金である。
お金がないと280円のコンビニ弁当すら食べられないのである。
しまいには住む所がなくなって、うっかりしてると公園や駅の通路に段ボールを敷いたりしてオヤスミになったりする事態になるのである。
ところが、世間を見渡しますと、びんぼーにんの皆さんほど「お金お金」と言ってるのである。
それで、この「お金お金」と言ってるびんぼーにんの皆さんほどお金に縁がないのである。
これはいったいどーゆーことなのかということが、この章のテーマである。
それで、このお金お金と言ってるのにお金がないびんぼーにんの皆さんが共通しておっしゃることは「お金のことをあれこれ考えるのは汚くて卑しいことだ」てな論理ともいえない論理である。
実はこの「お金が汚い」なんてことを言ってるのは為政者や財を持つものの作戦である。
「富」というものは大雑把にいうと、99%の搾取される者と1%の搾取する者がいて形成されるものであるのからである。
世界中の全員が大金持ちなんてことはないのである。
誰かがびんぼーになるから誰かが大金持ちになるのである。
これがびんぼーにんが「金儲けは良いことだ」なんて思うと、大金持ちである為政者や、富を独占している者は非常に困るのである。
びんぼーにんが我も我もと金儲けに乗り出しては、せっかくびんぼーにんをだまくらかして集めた富が分散して、自分もびんぼーにんになってしまうからである。
とにかく、為政者大金持ちとしては、びんぼーにんにはびんぼーでいてもらわないと非常にまずいので、倫理、宗教、教育てなあらゆる手段をもって「お金は汚いもんだから、金儲けを考えることは卑しいことだ」と洗脳しているわけである。
「労働は尊いが、金銭は汚い」てな無茶な論理を幼児期からこれでもかと叩きこむわけである。
いわば大金持ちを教祖とする教団によるマインドコントロールにすっかりハマり込んでおられるわけである。
だから、まず、このマインドコントロールから脱却して「金儲けは良いことだ」ということを心の底から思わなければいけないわけである。
さて、それもこれも含めて、金運上昇にはいかなる秘法があるのかないのか、興味津々津々浦々裏も表もご開帳ということで、金運チャクラ覚醒講座の開幕開演ご開帳であるのである。
象形流気功法宗家 象師匠 合掌 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

リンク


健康象源法

本日の御神託

経済象源論

霊気神気を受ける動画

気功師の紀行的生活

気功師の食事

気功師の珈琲道







⦿七福神真言における金運チャクラ覚醒効果

黎明始動編

大黒天

大黒天2

大黒天3

毘沙門天

弁才天

福禄寿と寿老人

布袋

恵比寿








無断転用転載厳禁
Copyright (C) Zoukikou All Rights Reserved