大西巨人

天路の奈落



 本篇は、1984年10月20日に講談社から刊行された大西巨人著『天路の奈落』に著者が加筆修正を施したものです。
 現在、同書は絶版のため入手が困難な状態にあるので、本サイトにおいてPDFファイル形式で公開します。毎週月曜日に新しいファイルを掲載の予定です。

帯より──
真のマルクス主義とは何か。
「神聖喜劇」の著者が渾身の力をこめて、革命運動≠フ道義を問う。

 時はまだ戦後の混乱が続く1950年、西海は鏡山県における日本前衛党でのことである。西海地方委員会議長杉坂一整が麻薬密売容疑で逮捕される。これに関連して鏡山県委員長鮫島主税は、人間的なマルクス主義の観点から通達を発する。この直後から鮫島スパイ説が流され、遂には拡大地方委員会が開かれて多数派である「所懐派」が「万国派」を追放して行く……。



目次

序曲 麻薬密売

第一 箝口令

     /  /  /  / 

第二 拡大地方委員会の夜

     /  /  /  / 

第三 拡大地方委員会の夜(続)

     /  /  /  /  /
     /  /  / 

第四 拡大地方委員会の夜(結)

     / 二の1 / 二の2 / 二の3 / 二の4 /
    二の5 / 二の6 / 二の7 / 二の8 /
    三の1 / 三の2 /  /
    五の1 / 五の2 / 五の3 / 五の4

終曲 Es geschiet nichts Neues unter der Sonne
    《エス ゲシート ニヒツ ノイエス ウンター デア ゾンネ》

奥書き


『天路の奈落』はPDFファイルで提供します。表示には、Adobe Acrobat Reader(無料)をインストールする必要があります。下のロゴをクリックして、指示に従ってインストールしてください。
すでにAcrobat Readerをインストールされている方でも、バージョンが古い場合は細部の表示が異なることがありますので、最新のバージョンをインストールすることをおすすめします。


表紙に戻る