小説                                       大西赤人/小説と評論

危篤の報 

第一回…………留守電
第二回…………父が倒れた
第三回…………松本へ
第四回…………深夜放送
第五回…………リクエスト葉書
第六回…………建築の道
第七回…………野田外科病院
第八回…………特別室
第九回…………当直の医師
第十回…………CTスキャン
第十一回………脳死
第十二回………説明と同意
第十三回………遺言状
第十四回………オート三輪
第十五回………抜け殻
第十六回………合意
第十七回………携帯電話



『危篤の報』はPDFファイルで提供します。表示には、Adobe Acrobat Reader(無料)をインストールする必要があります。下のロゴをクリックして、指示に従ってインストールしてください。すでにAcrobat Readerをインストールされている方でも、バージョンが古い場合は細部の表示が異なることがありますので、最新のバージョンをインストールすることをおすすめします。

小説表紙