小説                                       大西赤人/小説と評論

硝子越しの光 


第1回 七時三十七分の下り電車
第2回 “年末年始は笑って過ごしましょう”
第3回 絵の具みたいな名前
第4回 スパゲティ・ナポリタン
第5回 確率は七分の一
第6回 要するに赤の他人
第7回 ファーザー・コンプレックス
第8回 “誕生パーティー”だというのに
第9回 東京ドームの巨人・阪神戦
第10回 小型トラックの運転手
第11回 新品のカラオケ・マシン
第12回 オールド・パーのオン・ザ・ロック

『硝子越しの光』はPDFファイルで提供します。表示には、Adobe Acrobat Reader(無料)をインストールする必要があります。下のロゴをクリックして、指示に従ってインストールしてください。
すでにAcrobat Readerをインストールされている方でも、バージョンが古い場合は細部の表示が異なることがありますので、最新のバージョンをインストールすることをおすすめします。


小説表紙