今週のコラム                                 大西赤人/小説と評論

『20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説』は、同じTBSテレビながらも、軽薄とさえ言いたくなる世界陸上の作りとは全く異なる、久々に見応えあるドキュメンタリー番組だった

大西 赤人       



 テレビがスポーツ中継を不必要にショー・アップしているとの批判は以前から少なくないけれども、人気アップや放映権など諸々の思惑が絡むから、なかなか競技者(団体)側からのブレーキはかかりにくい。そんな中、次のようなニュースが眼に留まった。
「陸上の世界選手権(8月15日開幕、ベルリン)の独占放送権を持つTBSテレビが、日本陸連から選手のキャッチコピー(CC)を撤廃するよう通達を受けていたことが24日、分かった。

 同局では1997年のアテネ大会から独占放送を続けており、男子短距離の朝原宣治(37)を『燃える走魂』、男子400メートルハードルの為末大(31)を『侍ハードラー』などと日本人選手、有力外国人選手に独自のCCを付け、大会期間中に連呼してきた。だが、ネット上での批判や一部のネーミングに不信感を抱いた現場関係者も多く、高野進強化委員長(48)らが“強権”を発動したとみられる。(中略)
 TBS関係者も『確かにそのような話があったようです。今回は付けるにしてもかなり少なくなるはず』と認め、CCではなく、世界記録保持者など正当な肩書を使用することも検討中という。MCを務める俳優、織田裕二(41)の熱いコメントとCCで盛り上げてきた世界陸上中継が、方向転換を余儀なくされそうだ」(25日付『サンスポ・コム』)

 TBSの「世界陸上」といえば、テンション上がりっ放しの織田裕二を筆頭に相棒の中井美穂やアナウンサーまで含めて、出場選手を紹介するたびごとキャッチコピーを連呼するスタイルが毎度の売り物。まあ、選手を印象づける手法を全否定しようとまでは思わないので、「人類史上最速の男」(アサファ・パウエル)や「ワールドレコードアーティスト」(エレーナ・イシンバエワ)くらいならばまだしも許せるのだが、「ハードルなぎ倒し男」(アレン・ジョンソン)、「王国の幅跳び番長」(ドワイト・フィリップス)」、「モザンビークの筋肉聖母」(マリア・ムトラ)、「弾丸ママはパリジェンヌ」(クリスティーン・アーロン)となってくると、ただただ“ため”にするものでしかなく、スポーツの本質とはかけ離れている。ここはひとまず日本陸連の“英断”と評価するとともに、今後、本番までにたとえば“主要選手に限って許可”というような腰砕け的譲歩が起きないことを望んでおきたい。

 そもそも一流選手の競技を見ることが出来さえすれば過剰な演出は不要なのであり、むしろそれによって見る側の「眼」は曇らされてしまう。先頃の第138回「全英オープンゴルフ」なども、戦前は専ら石川遼が話題をさらっていたものの、彼がタイガー・ウッズともども予選落ちに終って以降は、一時期「イップス(精神的な原因などにより短いパットが入れられなくなる病的状態)」とも言われた古豪――59歳のトム・ワトソンが、何と1983年以来26年ぶりの優勝で大復活を遂げるか否かという劇的展開に惹きつけられた。勝利目前の18番ホールでボギーを叩き、36歳のスチュワート・シンクとのプレー・オフに臨んだワトソンにもはや余力はなく、僅か4ホールで6ストロークという大差をつけられての敗北。多分、最後の頃にはクラブを放り出してしまいたいくらいの絶望感に苛まれていただろうけれど、なおあくまでも淡々とプレーを完了した彼の悲哀に満ちた姿は、何らの描写も修飾も不要に真剣勝負の厳しさと醍醐味とを伝えてくれるものだった。

 このように、スポーツを観ることに単なる娯楽以上の意味合いまでが存在するとしたら、それは、人々が各選手に対して自らの人生を象徴的に投影し、その反映を見出し得る点だろう。そうして我々は、実際には味わい得ない高いレヴェルの喜怒哀楽、歓喜や苦痛を仮想的に体験することが可能になる。

 21日夜に放送された『20世紀スポーツ名勝負 ライバル伝説…光と影 封印された涙の理由』は、同じTBSテレビながらも、軽薄とさえ言いたくなる世界陸上の作りとは全く異なる久々に見応えあるドキュメンタリー番組だった。小谷実可子×奥野史子(バルセロナ五輪におけるシンクロ・デュエット出場選手決定の内幕)。江川卓×西本聖(エリートと雑草が競った巨人のエースの座)。中田英寿×岡野雅行(ワールドカップ予選「ジョホールバルの奇跡」の舞台裏)。松坂大輔×PL学園ナイン(甲子園で延長17回を戦い抜いた二校)。「同じ時代に、同じスポーツを志し、同じように優れた才能を持った彼らは…競い合うことを運命づけられました」(番組サイトより)との観点から四組が取り上げられ、ライバルであり同志でもあった彼らの軌跡が描かれる。往時の実写映像、再現ドラマ、当事者個々の回顧談が織り込まれ、両者の関係性を浮き上がらせる。

 ポイントとなる当事者のコメントを繰り返し小出しに予告する今風に“やらずもがな”の一面はあったものの、再現ドラマ部分にも過度な演出は見られず、特に双方の証言を――同席しない形で――積み上げて行く手法が効果を発揮していた。なかんずく、若い頃から感情の発露を見せることの少なかった江川の場合、1981年に20勝6敗をマークしながら18勝12敗の西本に「沢村賞」がさらわれた経緯、1983年の日本シリーズ(対西武)第6戦で日本一のかかった最終回のリリーフが西本に任された経緯について、珍しく気持ちをストレートに表わす言葉が続き、当時を同時代的に知る僕にとっても、実に興味深いものだった。

 そして、小谷と奥野、江川と西本に関しては、過去の確執を踏まえて久々に設けられる再会の場面が印象的だった。もちろん、誰もが“大人”になっていて、今更険悪な物言いや振舞いに及ぶはずとてないのだが、それでも各人の想いが端々に覗く。ここでも、西本「自分の事をどう思ってくれたのかなあと、まず訊きたかった」、江川「完全な、唯一のライバルですね」、西「ああ……これを聞くとねえ、僕はねえ、ホントに嬉しいの」、江「よかった」、西「うん」、江「よかった」、西「もう最高」……江「ライバルに負けないっていうことが、自分の頑張りになるんだよ」、西「認めてくれたってことね」、江「そういうこと」、西「いや、俺はもう、すっごい嬉しい」というやり取りの中に、むしろ言葉の表層とは裏腹に江川の奥底で未だ揺るがない絶大な矜持《きょうじ》の存在を見せつけられた気がした。

 スポーツ(中継)が悪しきエンタテインメントの枠に押し込められ、また、ドキュメンタリー不毛と言われる時代、シリーズ化をも期待したくなる好企画であったと思う。
(2009.7.26)