お問い合わせはこちらから

■東北地方太平洋沖地震・熊本地震により被災された皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。■

 

~ 『いまどきレトロなフィルムカメラ、しかもロシアカメラを修理して使う人なんて、そんな酔狂な人いるの?』

>> いるんです!

ロシアカメラといえども機械カメラ。安いからジャンクのような扱いで玩具にされて、弄くられて、壊されようとも、直す手間はライカやツアイスと同じです。そんなかわいい奴等で写真を撮ろうという人にとっては受難な社会。でも、やっとブームも終わったようでよかったよかった。 しかし修理屋では嫌味を言われながらもしっかり修理代を取られ、すぐに壊れた挙句、「そういうカメラですから」って、おいおい、それはないだろー。でも、フィルムカメラは終わるんでしょうかねぇ〜心配だ。

 

~ 『いまさら修理にカメラを購入した代金以上を支払うのはバカバカしい。それならロシア本国に送って直してもらったほうがよほど安いよ。』

>> こういう方、いるんです!!

そういう方はどうぞそちらに。 修理が一度ですめば幸運かも....。でももう修理ごっこはやめましょう。直せなくて捨てられるカメラが多すぎます。

最近はロシア本国からでも、売るためには何でもやるようになりました。「開けてびっくり玉手箱」状態!です。もはやオリジナルと呼べるものは、かの国からの入手は望めない状態かもね。

 

★レトロカメラを修理して使う。これからは最高に格好よいことかも★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★申し訳ございませんが、中国製機械カメラの修理はご遠慮願っております。差別ではなく、精度に起因する修理不能で修理地獄に陥ることがままあるためです。(パーツが壊れると言うこと。笑)

★★ご注意! 最近「Jupiter8」の調整依頼がありお受けしましたが、一見程度の良い普通の個体でしたが、どうにもピントが出ないものでした。過去キエフマウントの「J-8M」、スクリュウマウントの「J-3」に同様の物がありましたが、これらはあきらかにエレメントが交換されていてピントを結ばないものでしたが、今回の「J-8」は大変綺麗で、交換された形跡は無いのですが、しかしピントの来ないものはどうしようもありません。(昔の話になりましたが、ジュピター3(50/1.5)が市場に少ないのは、綺麗な個体の前玉をツアイスに移植することが一時横行したためと言う話を思い出しました。かの国の話ではなく、ここ日本での話です。 経験しないとわからないのでしょうが、こういうレンズはとても変な描写をします。売りさえすれば後はどうでも良いのでしょう。) このレンズはシリアルから1990年のものでしたが、考えてみればソ連邦崩壊後の2−3年ほどの製品の酷さはレンズに限らず、カメラ(Kiev88,FED-5)等、給料の代わりに闇雲に生産した製品が「新品」と称して未だに販売されていて、これらはパスポートがあっても検品のスタンプさえおざなりですぐ判ります。KIEV88で酷い目に合ったことも思い出しました。この年代のロシア製品は敬遠したほうが無難です。購入した本人も、調整するほうも無意味な労力と散財を強いられます。お気をつけください!

 

 

■ 2017年 修理実績

ZORKI-3/ FED-2 /CONTAX-I /

NARCISS/ FED-1/ Industar-10/

FED28mm / ORION / Jupiter3/

KIEV-4 / KIEV-4a .... / FED-1/

LEICA M3 / KIEV-2A / Nikon-S2/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Russian camera repair workshop

 

    >>> ロシアカメラ修理工房

       
 
   とくにロシアカメラ、レンズに特化した修理をお引き受けいたします。
   
       
 

ロシアカメラだからとにかく安くということはございません。念のため。でもつとめて安価に設定しているつもりです。本業は特殊な製造業で、その余暇を利用してリペアーを行います。とにかく「ロシアカメラが好き」という気持ちは人後に落ちませんので、保障は万全です。(以前は一年の修理保障というのを付けて流石に自分の首を絞めましたが..) 「どこにも修理に出すところがない」 「凄い金額を言われてびっくりした」 「修理したはずなのに...」 このような方、どうぞご連絡ください。LEICA RF全般からCONTAX I〜戦後モデル、CONTAREX, PENTACON Superなど、難度の高い修理実績もございます。ご安心ください。また本業が忙しくなると突然アクセスできなくなりますので(笑)ご了承くださいませ。

 

【 基本修理金額 】

 KIEV-CONTAX系 (キエフ II・III・ IVa・ IV・ V )

シャッターリボン交換 / 二本同時交換、シャッターOH含む     ¥18.000   (Vは ¥20.000〜)

* シャッターリボンはオリジナルです。代用品ではございません。

■ ZORKI, FED 系

シャッター幕交換 / 先・後幕二枚交換、シャッターOH含む     ¥18.000  (DRUGは¥27.000〜) 

露出計調整、コマ間調整、漏光、距離計調整・シャッター速度調整・(スロー調整) その他なんでも: ご相談ください。 

■ その他 レンジファインダー機種、レンズシャッターの調整も出来る機種があります。

■ 修理難度の高い特殊なカメラ 

HORIZONT (現存の99%はもはや耐用年数が過ぎて厳密には撮影不能です)

漏光修理 / シャッタードラムを完全に分解して遮光幕を交換しなければなりません。 全調整付き。

¥ 24.000

SPORT(世界初の一眼レフ) LENINGRAD (スプリング切れ修理も可能です)DRUG(他では殆ど修理できないカメラです)  etc

これらの素人分解は厳に慎んでください。修理不可能になります) まずはお問い合わせください。

             ----------------------------------------------

 基本的にロシアの電気制御カメラはその殆どが修理不能です。

 ZENIT系一眼レフ、中版カメラ(kiev 88等)の修理は修理不可能ではないのですが受けません(いないと思いますが)

 KIEV-10 , 15 の修理も出来ますが、修理の難度は上記機種の比ではありません。「是非に」という方はご連絡ください。(いないと思いますが)

(これらはロシアカメラの現状価格にまったく即さない金額になるということです。)

 

■ レンズ調整・修理 (M39、M42、kiev88, pentacon/kiev 6 マウント )

残念ながら流通しているロシアモノはその殆どに手が入っているといっても過言ではありません。個人で分解したり、改造した物が堂々と流通しているのが現実です。レンズの前球が入れ替わっているためにどうしてもピンが来ないなんていうのも当たり前の世界です。非常に残念なことです。入手金額が安いから遊んでも良いという精神でしょうが、人類の遺産を弄んでいるという意識を持ってください。  修理は特殊なことでも可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。         

¥5.000 〜

■ その他

アイレット追加改造、カメラ・レンズ塗装、他 いろいろ。 お問い合わせください。

 

保障期間、その他につきまして 】

■ 手順はお問い合わせ後、現品をお送り頂き、拝見して着手前に再度ご連絡申し上げるかたちになります。(修理に移行しない場合の課金は一切ございません。再考される場合はそのままお返しいたします。ご安心ください)

■ 修理完了品の試写ネガ添付をご希望の場合 +¥2000 です。

■ 修理保障期間は3ヶ月です。

■ すべて送料は依頼者様ご負担となります。  ( 稀にアタリが出ずに数度のやりとりが必要な場合がありますが、この場合の送料もご負担いただいております。ロシアカメラの場合すでに手の入っているものが多く、その迷修理を元に戻して調子を出すのは大変な場合があります。何卒ご了承ください )

■ 修理完了のお知らせ後、ご連絡のない場合の修理品預かり期間は一ヶ月です。申し訳ございませんがそれ以降は処分させていただきます。保管は致しませんのでご了承ください。

■ ご注意! ご自分で修理されて収拾がつかなくなったもの、自己改造品の修理依頼はご遠慮ください。

 

*ナイショバナシ...Contax, Leica, Canon,Nikon, etc. 各社RFカメラ・変わったカメラ・レンズシャッター機、お問い合わせください。(リピーターの方に限ってお受けしてきましたが、比重は実はこちらのほうが...^^.) 

 

    ◆ささやかながら過去の修理実績です。こちらをどうぞ. 

 

ライカ-コンタックス マウントアダプター!人類の遺産「ツアイス・レンズ」をM39ライカ・スクリューマウントのカメラで使用するアダプターです。あらゆるアダプターのなかでも作製が一番難しく、面倒とされるアダプターで、過去においてオリオン精機他の国産メーカー製がございました。製作が大変なのでとても高額なうえ、構造的にかなりきわどい寸法にならざるを得ないので、これら製品はビオゴン等50mm以下の広角レンズは最初から装着できなかったり、トラブルもよく聞きました。 現在、デジタルカメラ用マウントアダプターに同種の物が散見されます。距離計連動構造ではないものや、距離計連動機能を持つ同種のアダプターもあるのですが、すべて中国製(KIxx)で、精度は望むべくもないもののようです。(過去に三人の方が「K**」のアダプターから本製品に買いなおされましたが、全体的な製品精度以前に繰り出しピッチまでも違うようです。) 本アダプターはもともと純正(?)ともいえるキエフカメラのジャンクからマウントを取り外し、殆どの内爪、外爪レンズを装着できるように改造したものです。もちろん距離計にも連動いたします。ゾナー等今ではレジェンドなレンズですが未だにそのシャープさに今更ながら驚かされますし、値段の安さで忌憚を囲っているロシアレンズの力量にもきっと開眼すると思います。 ↓ヤフー・オークションにて販売中 (2017.04.12) !!

http://page15.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t510637884