日本→ネパール→(タイ)


平成12年12月16日(土)

 関西空港に午後10時着。バンコク行きのTG627便は深夜1:25発なので、それまで時間つぶし。


12月17日(日)

 出国手続きをするとき、わざと時計を見ていて、イミグレに0時0分ちょうどに並んだ。パスポートにスタンプが押されたのは、手元の時計で0時0分13秒だった。あとでそのページを見たが、日付はきちんと「2000.12.17」になっていた。

 バンコクに現地時間の午前5:50到着。ここで、カトマンズ行きに乗り継ぐ。TG319便は10:30発。4時間ほど待つ。

 カトマンズ行きに乗るのは、日本人、台湾人、韓国人そして欧米人ばかりであった。タイ人もネパール人もほとんどいない。要するに観光客ばかりであった。私の座席の周りも、日本人ばかりであった。全く、いやになる。

 カトマンズに現地時間の12:10に到着。着陸前に、北側にヒマラヤの山々がきれいに見えた。

 ネパールは、日本と3時間15分の時差がある。ビザは空港で取れるが、30ドルもする。要写真1枚。空港内の銀行で50ドル替えて、3610ルピー。

 空港の外に出ると、タクシードライバーが、しつこく「Where are you going?」と言ってくるので、「I go to the moon!」と言ってやったら、どこかに行ってしまった。

 空港前から市バスで市内まで。たったの5ルピー。郵便局の近くで降りて、歩いてタメル地区まで行く。ホテルは腐るほどある。適当に歩いて、Star Guest House とか言う名前のホテルに泊まる。一泊300ルピー、ホットシャワー、トイレ付き。

カトマンズ市内のタメル地区。

 夕食95ルピー。ペプシコーラの1.5リットル67ルピー。絵葉書6枚60ルピー。昼間は暖かかったのに、日が落ちてから急激に気温が下がってくる。部屋の中でも吐く息が真っ白になる。ガタガタ震えながら寝た。


12月18日(月)

 朝から、市内をあちこち歩く。郵便局に行って、絵葉書を出した。日本まで1枚15ルピー。昼食チキンカレーで114ルピー。みかん1kg買って25ルピー。

 ホテルの近くにはインターネットカフェがいくつもある。そのうちのひとつに行く。日本人らしき客がたくさんいるインターネットカフェを狙って入ってみた。予感的中、日本語フォントが入っていた。

 夕食に、ネパール料理を食べる。95ルピー。ここで、ネパールに「どぼん(沈没)」している香港人の楊偉財さんと陳詠さんの2人に会う。まだネパールに来て2ヶ月くらいらしいが、この国が気に入ってしまったので、これからまだ半年以上いる予定らしい。ネパールで沈没するのは、日本人だけかと思っていたが、どうやらそうではないことがわかった。


12月19日(火)

 部屋には暖房がないので、洗濯物は一向に乾かないし、寝るときはガタガタ震えながら寝なければならない。それでも、昼過ぎまで爆睡していた。

 午後から市内をぶらつく。昼食にモモを食べる。中にスープの入った小さな餃子のようなもので、とてもおいしい。上海名物の小龍包(シャオロンパオ)と似たようなものである。一皿にモモが10個乗っていて、12ルピー。

モモの店にて。

 夜寝るときが寒いせいか、少し風邪気味である。夕食はちょっと張り込んで豪華ステーキ。これで風邪を撃退したい。290ルピー。


12月20日(水)

 午前中、スワヤンブナートに行く。スワヤンブナートとは、丘の上の寺院の名前である。入場料50ルピー。その後、国立博物館に行く。これも入場料50ルピー。展示はあまり大したことなかった。今日もモモを食べて15ルピー。

スワヤンブナート。

 昼から、パタンに行った。タメルからテンプーでセントラルバスターミナルまで行き、そこから市バスでパタンまで行った。いろいろ面白い建築物があるが、中に入るのは高かったのでやめにして、外側だけ見て帰ってきた。

 夕食140ルピー、バナナ20ルピー。風邪のせいでのどが痛い。鼻水も出る。微熱がある。


12月21日(木)

 風邪は良くなった。今日、バンコクに戻るのであるが、午前中時間があったので、旧王宮内の博物館を見に行く。外国人は250ルピーもする。

 昼食卵カレー140ルピー。インターネット20ルピー、ミネラルウォーター20ルピー。

 空港までも市バスで行こうかと思ったが、時間がなくなってきたので、タクシーにする。80ルピー。

 空港税はなんと1100ルピーもする。とんでもなく高い。TG320便でバンコクまで戻る。現地時刻の18:30着。これからミャンマーに向かうわけだが、乗るのは明日の朝の便なので、今晩は空港内で寝ることにした。ここは24時間空港なので、まあいいだろう。

 25日にミャンマーから帰ってきて、すぐにベトナムに行く予定だが、ハノイ行きの切符をまだ買っていなかったので、今日のうちに買うことにした。タイには入国しないので、空港内で買うしかない。そうすると、全くのノーマル運賃になってしまうが、バンコク−ハノイは大した距離ではないから、まあ我慢することにする。往復で13670バーツ、カードで払う。買ったのはエールフランスのチケット。接続が良かったことと、マイルを稼ぐのが目的である。もちろん、市内まで行って旅行代理店で買えば10000バーツ以内で買えたかもしれないが、今回はその時間的余裕がない。それに、安い切符はベトナム航空かラオス航空だろうから接続が良くないし、いつも込んでいてすぐに予約が入るかどうかも分からない。本当はノーマルの切符を買うなど、もったいないことこの上ないが、「時は金なり」と自分に言い聞かせて納得するしかない。


 


  ページ目へ


旅行記一覧へ 


トップページへ