日本→台湾→フィリピン→日本



平成10年2月8日(日)

 中華航空機で名古屋を出発。台北に昼前に到着。いつもの旅社に泊まる。また台湾の秋葉原、光華市場や、西寧電子市場などを見て歩く。


2月9日(月)

 午前の中華航空機でマニラに向かう。マニラに昼前に到着。空港内の銀行で両替しようとするが、銀行員はレートを書いた紙を隠してこちらに見せないようにしている。客の顔を見てレートをごまかしているとしか思えない。

 フィリピンでは、タクシーはタチが悪いので、公共交通機関で行くことにする。新交通システムのバクララン駅に行くというと、ミニバスのようなものに乗れと言われた。それで、来たミニバスに乗り、運転手が降りろと言うところで降りたが、全く何もないところで降ろされた。そこから、三輪タクシーのようなもので、住宅街の中を抜けて、新交通のバクララン駅に到着。

マニラの新交通システム。

 とにかく、町の中心のマビニ通りまで行き、泊まるところを探す。1泊400円くらいの安い旅館(スペイン統治時代の名残りで、ホステルとかペンションとか呼ばれている)はいくつもあったが、部屋は蒸し暑く、鍵もしっかりしていなかったので、結局近くのまともなホテルに泊まることにする。Las Palmas Hotel と言う名前で、1泊7000円ぐらいであった。治安の悪いと言われているフィリピンでも、マニラのこのあたりが一番治安が悪いらしいから、お金よりもセキュリティーを優先したのである。

 昼から、市内をあちこち歩く。銀行や官公庁はもちろん、大き目の商店からコンビニに至るまで、機関銃で武装した複数のガードマンで警備されている。ちょっくらびびってしまう。


2月10日(火)

 今日も、マニラの他の地区を見に行く。新交通システムで終点のバクラランのあたりまで行き、百貨店やバクララン教会などを見る。さらにあちこち歩き回る。途中で昼食。それから、ぶらぶらと歩きながら、マビニ通りまで帰ってくる。

バクララン教会。

 昨日、今日と、あちこちを歩いているが、特に治安が悪そうには見えない。少なくとも、昼間はそうである。でも、コンビニでも武装ガードマンが警備しているぐらいだから、油断は禁物。

昼食を食べる。


2月11日(水)

 ルネタ公園とか、博物館とかを見に行く。博物館には生物の展示がいろいろあって、なかなか面白かった。

 夜、近くのレストランに夕食に行く。すると、レストランには、まだ生まれたばかりの赤ん坊がテーブルの上に寝させてあり、母親と思われる若い女性が近くにいた。席に着くと、その女性が、

「日本人ですか?」

と日本語で聞いてきた。

「そうです」

と答えると、

今ここに、あなた以外に日本人がいるのですが分かりますか?」

と聞く。変なことを言うなと思っていると、

「私の主人は日本人です。だから、この子は半分日本人ですよ」

と机の上の赤ちゃんを指差して笑う。

「主人は今出かけていますが、もうすぐ帰ってきます」

と言うので、本当かいなと半信半疑ながら、そこのレストランで食事をしていた。

 すると、15分ほどして、本当に、日本人の男性が帰ってきた。聞くと、フィリピン人と国際結婚してこちらに移住し、このレストランをやっているのだそうだ。その人が、

「まさか、歩いてここまで来たんじゃないでしょうね」

と言うので、

「そのまさかです」

と答えると、

「とんでもない。、この周囲はスラムですよ。昼間でも危ないのに、こんな時間に歩くとはもっての外だ。私はここから徒歩2分ぐらいのところに住んでいますが、店が終わって帰るときは、走って帰る。そうすれば40秒で帰れるが、それでも怖いのに」

と言われた。う〜ん、やっぱりマニラは危ないのだろうか。

 歩くなと言われたが、途中で少し買い物をしたかったので、やっぱり歩いて帰った。ホテルまで徒歩で20分ぐらい、来るときは何ともなかった道が、脅された後では、言われてみれば異様な雰囲気に見える。でも、びくびくしながらおっかなびっくりで歩くことはもっと良くないから、平気なふりを装って歩いた。結局、何事もなくホテルまでたどり着けた。

マニラのマビニ通り周辺。


2月12日(木)

 新交通でバクラランまで行き、少し歩いて教会の近くから市バスに乗って、空港まで行く。渋滞で少しひやひやしたが、何とか間に合った。中華航空で台北まで。台北で4時間ほど待って、名古屋行きに乗り継ぐ。名古屋に夜8時過ぎに到着。

市バスで空港へ向かう。

(おわり)


 私の旅行記をご覧くださり、ありがとうございました。もしよろしければ、アンケートにご協力お願いします。

   5点(とても面白かった)。
   4点(面白かった)。
   3点(普通)。
   2点(あまり面白くなかった)。
   1点(全然面白くなかった)。

  


旅行記一覧へ 


トップページへ