ブータン


平成16年11月21日(日)

 朝、ホテルの近くを歩いてみる。昨日の日中は汗ばむほどであったのに、朝はぐっと冷え込んで、 防寒着を着込まないと寒い。おそらく気温は5度以下であろう。山の中なので、寒暖の差が激しい。

早朝のティンプー市内。かなり冷える。

 地下のレストランで朝食。ブータン風のお粥、トゥクパを注文。

 朝9時、ガイド登場。今日は日曜日なので、まず、週に一度の日曜市を見に行くことになった。 野菜、果物、魚、さらは仏具まで売っており、結構な人で賑わっていた。また、市場の周りには さまざまな商店や食堂、肉屋などもあった。肉屋では、国産肉と輸入肉の両方が売られていたが、 いずれも、輸入肉の方が価格が安かった。インドからはるばる運んで来るから、国産肉より 高いはずなのにと思ってガイドに理由を聞くと、

「輸入肉は国産肉ほど新鮮でないから、安くても当然だと思うけれども、何か不思議ですか」

という答えであった。

 市場、あるいは市内の商店などでもそうであるが、売られているものはブータンの国産品か インドからの輸入品が主で、中国製品は皆無ではないにしても、それほど多くはなかった。 昨日見たように、外国に通ずる道はインドへの道一本だけであり、中国への道は閉ざされて いるからだろう。その理由はもちろん、チベット問題である。宗教が絡んでいるだけに、 ブータンと中国との溝は非常に深い。インドを追い込みたい中国は、ブータンに経済援助を 申し入れているらしいが、ブータンはこれをかたくなに拒否している。

週に一度の日曜市。割合賑わっていました。

 日曜市を見たあとは、記念塔を見に行った。これは、1974年に建てられた比較的新しいチベット様式 の仏塔で、第3代の国王が亡くなった後に、記念して作られたものらしい。仏を守り、悪と戦うゴンドゥー神 というのが祀られているが、チベット仏教というよりは、ヒンズー教の影響をかなり受けたもののように 見受けられた。やはり、文化の混合地帯なのであろう。

参拝の人々。3代国王の記念塔にて。

 その次に、チャンガンカ僧院を見に行った。こちらは12世紀の建立である。四面如来像が安置され、 ブータン人は、子供が生まれたら、厄払いと名前を授かるためにここを訪れるという。今日は日曜日 ということもあって、大勢の参拝客で賑わっていた。特に子供が多かったが、ガイドに理由を尋ねると、 ブータンではもうすぐ試験の季節で、これらの子供たちは皆、祈願に訪れているのだということで あった。それらの子供たちは、サイコロを利用したおみくじをこぞって引いていた。

 その次に、テレビ塔のある丘に行った。丘からはティンプー市内が一望できる。丘の上には、 色とりどりの幟(のぼり)が立っていた。さらに、経典を印刷したハンカチのような旗が多数、 紐に連ねられていた。

テレビ塔の丘から見渡したティンプー市内の様子。

 丘を降りる途中、動物園に立ち寄った。動物園といっても、狭いオリに動物を閉じ込めるのは国王が 好きでないとのことで、広く囲ったフェンスの向こうに、タキンと呼ばれる動物を放し飼いにしている。 このタキンという動物は、頭が羊、胴体がヤクという、不思議な動物らしい。ブータンにはこの動物に まつわる神話や伝説が多くあり、国の動物にもなっていると言う。

タキンと呼ばれる動物。頭は羊、胴体はヤク。ブータンの国の動物。

 動物園を見て、丘を降りる途中、ブータンの国技である弓の練習をしている人々を見かけた。的まで の距離は何と200mもあるらしい。皆上手で、的に当らずとも遠からずで、200m先なのに、それほど 大きく外れる人はいなかった。この弓は、ダと呼ばれるらしい。

国技のダと呼ばれる弓を練習する人々。

 続いて、デチェンポドラン僧院を見に行った。ここは、少年僧の修行場で、7歳からここに入って 修行をするのだという。私が訪れたときは昼食の時間で、皆そろって、ご飯とバター茶の昼食を 食べていた。

デチェンポドラン僧院の少年僧たち。7歳からここに入って修行する。

 それで、我々もホテルに戻って昼食。私が手配していたブータンの現地旅行社は、実はオーナーが 日本人で、その人も同席されて、色々なお話を聞きながら昼食。もうブータンに5年ほど住んで いらっしゃるらしい。色々なお話を伺ったのであるが、一番面白かったのは、ブータンの外交 についてのお話であった。ブータンは山の中の小国であるが、ただ鎖国しているだけではない。 チベットからダライラマが追放された1959年以降、中国とは関係が冷え切っており、また、アメリカ は王制を敷く国をことごとく人権抑圧と捉えて敵視するので、アメリカとも対立している。 隣国ネパールは国を開きすぎて、ドラッグの巣窟となるなど、さまざまな問題に直面した。 逆の隣国シッキムはインドに依存しすぎて、結局、インドに飲み込まれてしまった。それらの 状況を見て、鎖国と言う政策を選択したのがブータンである。しかし、鎖国をしても、こんな ヒマラヤの山奥の小国が自給自足できるわけではないから、経済的にはインドに頼らなければ やっていけない。そこで、シッキムと同じ轍を踏まないためにブータンが選んだのは、 インドを逆に手玉に取る外交政策であった。南アジア7ヶ国は、インドおよびインドに同調 する2ヶ国(多分、ネパールとスリランカ)と、パキスタンおよびパキスタンに同調する2ヶ国 (多分、バングラデシュとモルジブ)の真っ二つに割れていて、3対3で拮抗しており、 最後の最後はブータンの投ずる1票で決まる。ブータンはこの1票をちらつかせて、インドを、 ブータンには頭が上がらないようにして、代わりに経済協力させているのである。 インドもインドで、わざとブータンの言いなりになっている振りをして、その1票を 確実にキープする。両国とも、なかなかしたたかである。人口わずか70万人のブータンの ような小国でもこれだけの外交ができるのだから、わが国ももう少ししっかりした外交が できないものかとつくづく思う。

 午後からは、民俗博物館を参観。これはなかなか面白かった。伝統的なブータン家屋の展示で、 1階が牛舎、2階が貯蔵庫、3階が居住区で、居住区はさらに居間、台所、チョサムと呼ばれる 仏間などに分かれていた。台所のかまども、日本のかまどに良く似ていた。ブータン人は日本人に 顔つきが似ているし、着物も和服とよく似ているし、挨拶するときはお辞儀をするし、伝統民家の 構造も良く似ていて、本当に親近感を覚える国である。日本人と同一 ルーツだと言われたら、信じてしまいそうなほどである。

 その次に、ティンプーのゾンである、タシチョ・ゾンを見に行った。1642年設立で、ブータンでも 最も古いゾンの一つである。ただし、11月初旬以降、修行僧たちは冬の首都という別名を持つプナカ に移動してしまったので、今はここには修行僧はいないということであった。プナカはティンプーの 北75kmに位置する町で、標高が低いので暖かく、それで、修行僧たちは、夏はティンプー、冬は プナカで過ごすのだそうだ。

堂々とした建物、ティンプーのタシチョ・ゾン。

ゾンの警備兵と共に。

 これで大体、旧所名跡は見て回ったので、後は、紙すき工場と織物工場に見学に行くことになった。 紙すきの方も、日本の和紙と同じような製法で紙をすく。日本にも留学していたと言う紙すき職人 の人に、紙のすき方を一通り見せてもらった。

 それから、最後に織物工場。こちらの方は、手織りできれいな柄の布を織っていく。布自体は大変 きれいに織り上がっていたが、手作業では大変であろう。日曜にもかかわらずこのように出勤して 布を織っている現地の人々は、きっと貧しい人々に違いない。それを見ていると、何となく悲しく なってきた。

紙すき工場を見学。

その次は織物工場の見学。

 全部を見終わったので、再びパロに向けて出発。国道1号線を辿って、2時間かけてパロまで。 途中、山道の売店で果物を買う。みかんが10NU。りんごが50NU。ガイドが言うには、今はシーズンで ないので、果物が一番高い時期だということであった。でも、50NUといえば130円ぐらいである。 それでりんごが見たところ10個ぐらいも入っているのだから、高いとは思わなかった。果物は 輸入かと思ったが、ガイドによると、全部国産らしい。ブータンの大多数はヒマラヤの高地だが、 南部のインド国境付近だけは低地で、みかんはもちろん、マンゴーやパパイヤなどの熱帯果物 の豊富に産するという。一方、寒冷な高地ではりんごやキャベツなどを産し、特にりんごは バングラデシュに輸出していると言う。そう言えば、以前、バングラデシュを訪れた時、しきりに 輸入りんごを勧められたが、あれはブータン産であったのかもしれない。それだけでなく、 ブータンでは松茸も豊富に採れるので、日本にも輸出しているという。 しかも、ブータンでは松茸は6月がシーズンらしく、そのため、日本では特に高く売れるのだ そうだ。このように、ブータンは狭い国土ながら、高低差が大きいので 熱帯から亜寒帯まですべての気候範囲を持つため、ありとあらゆる農作物を生産していると 言っていた。これにはつい、なるほどとうなってしまった。

道端の売店で売られていた果物。りんご一袋で130円。みかん4つで26円。いずれもブータンの国産。

 パロでのホテルは、家族経営の民宿のようなホテルであった。パロの市内ではなく、市内から 少し離れた小高い丘の途中にあった。その付近には、似たようなホテルが何軒か点在していた。 部屋は豪華ではないがきれいに掃除され、電気ヒーターと電気温水器もある。停電に備えてロウソク も用意されている。

 今晩の夕食は、手加減せずに、本場の激辛ブータン料理にして欲しいとガイドに頼んであった。 ワクワクしながら夕食に行く。出てきた料理は、見た目は今までと同じような料理であるが、 味付けは本当のブータン式激辛と言う。早速一口、うん、余り辛くない。ではもう一口、やっぱり 余り辛くない。そんなわけで、パクパクと食べていたが、途中から急に、猛烈に辛くなってきた。 口の中ボーボー、唇はヒリヒリ、涙はボロボロ、冷や汗タラタラ。昔の韓国料理も辛かった (今は、辛さを抑えましょう運動をして、韓国料理も以前ほど辛くなくなった)が、ブータンの 激辛は韓国料理どころではない!!少なくとも、韓国料理の3倍は辛いだろう。辛いものには 自信がある私だが、この辛さは、今までに経験したことのない猛烈な辛さであった。目の前の ガイドを見ると、私と同じ料理を、普通にパクパク食べている。一方の私はもう 辛さで息も絶え絶え、頭はクラクラ、そして、目がグルグル回り始めた。そのうちに、手足が 痙攣したように震い始めた。 手もひざもガクガク。辛さで、スプーンを持つこともできない。これ以上食べたら、死んで しまいそうだ。それでも何とか、だましだまし食べ続けた。一口食べては水を飲んで休憩。また 一口食べては、今度は甘いジュースを飲んで休憩。何とか、全部食べ終えた。偉そうにブータン人 と同じ辛さにしてくれと言ったが、ここまでの辛さだとは思わなかった。予想をはるかに超えた 激辛料理であった。言わば、熱いお風呂が好きですと行ったら、100℃の熱湯がお風呂に入れてあった ようなものだ。いくら辛いと言っても、ここまでの辛さは常識の範囲を 超えていた

 ガイドもさすがに私を見て心配になったようで、「明日、おなかの調子が悪くなるかも」と 言っていたが、私は「大丈夫、大丈夫」と言って部屋に戻った。ベッドに倒れ込んだが、まだ 天井が回るような気がする。そのまま眠り込んでしまったが、胃が痛くなって目が覚めた。 あーあ、ブータンの辛さを文字通り甘く見たからだ。明日、おなかの調子が悪くならないことを 祈る。

これが激辛の夕食。私の想像をはるかに超えた辛さでした。


平成16年11月22日(月)

 朝起きたが、幸い、胃痙攣は治っていた。おなかの調子も悪くない。朝食は洋食風。これはなかなか 美味しかった。今朝は相当に冷え込んで、霜が一面に降りていた。日本の冬と同じぐらい寒い。

ヒマラヤの山々を見ながらの朝食。

 今日は、タクツァン僧院までハイキング。パロ郊外の山の上にあり、断崖絶壁の上に造られた僧院で あると言う。もとは8世紀に造られたものであったが、1994年にランプの火が原因で焼失し、現在のは その後の復元であるということであった。山道を一時間半ほど登ったところにあるという。ただ、 残念なことに、以前は観光客でも内部を参観できたのであるが、2ヶ月ほど前から、内部の参観は 許可制となり、誰でも自由にとは行かなくなったとのことであった。

 タクツァン僧院に行く前に、手持ちのニュルタムが少なくなってきたので、銀行に行ってもらって、 20ドル両替。885NU。銀行員も皆民族服を着て仕事に就いており、そこに一人、軍服のような服を着て 機関銃を持った警備員が立っている。まるで、明治時代の日本のようだ。 でも、カウンターの横から中を見ると、カウンターの女性は下を向いて書類を書く振りをしてお化粧を しているし、奥の支店長室らしきところでは、支店長がパソコンのソリティアで遊んでいるし、のどか と言うか何と言うか、笑ってしまいそうになった。

 無事お金を替えて、それから郵便局へ。家族や友人に絵葉書を数通出す。日本までエアメールで 一通あたり20NU。

 それから、タクツァン僧院への登山道の入り口まで車で行く。ガイドと2人で山道を登り始めるが、 パロは標高2200m。まだ高山病を起こすほどではないが、それでも 坂を上ると息が切れる(平地を歩くのは大丈夫)。ガイドのツリングさんは、トレッキングのガイド もするとのことで、これぐらいの山はすいすいと登って行くが、私はハアハア言いながら着いて行くのが やっと。一時間ほど登って、第一展望台に到着。ここで少し休憩。それからまた半時間ほど登って、 第二展望台に到着。ここから、崖の途中に作られたタクツァン僧院が間近に見える。よくも昔に、 こんなところに建物を建設したものである。本当にびっくりしてしまう。

シッキムから来たという巡礼僧たちに遭遇。

断崖絶壁の上に作られたタクツァン僧院を望む。

 我々は見学許可がないので、これ以上は行けないので、ここで折り返して下山。下山する途中、 若い女性2人が、おみやげ物を売っていた。私は何も買わなかったが、ガイドは登山ナイフを200NUで 買っていた。また、ガイドが言うには、このあたりの山には、「Black Neck Crane」と呼ばれる 鶴が飛来するらしい。稀少動物に指定されていて、ブータンではこの鶴の保護に全力を挙げて いるのであるが、夏になると中国領のチベットに渡ってしまう。中国側では稀少動物は金になる ということで乱獲されており、いくらブータン側で保護しても、これではどうにもならない、 困ったものだということであった。

お土産品を売る地元の少女たち。

 それから一度パロ市内に戻り、またチャロレストランで昼食。午後は、昔のゾン跡と、お寺を 一つ見に行くらしい。朝はあんなに寒かったのに、昼になると、半そででもいいぐらいに 気温が上がってくる。まさに山岳気候である。

 さて、午後、最初に見に行ったのは、ドゥックギャル・ゾンと呼ばれる、ゾン跡である。 今では使われておらず、単なる 廃墟となっている。ブータンはたびたびチベットの侵入を受けたが、それを打破して独立を守り抜いた 国であり、3度目のチベットの侵攻を食い止めたのを記念して、17世紀に造られたという。

今は廃墟、ドゥックギャル・ゾン。

トレッキングに行く人は、こんな山を登るらしい。

ブータンでは、今でも馬やロバが重要な運搬手段。

元気な子供たち。ちょっと緊張気味に写っていますが、後で「カディンチェ」(ゾンカ語でありがとう の意)と言うと、にっこりしてくれました。

 それから、キチュラン寺という寺を見に行った。7世紀に造られた寺で、ブータンでも最古の寺 の一つという。内部に安置されている仏像は千年以上前のもので、しかも、チベットのポタラ宮に ある仏像と全く同じ様式であるという。また、僧が毎日同じところに立って拝んだので窪んでしまった 床とか、寒いパロでは育たないはずなのに一本だけ生えていて実もなるという不思議なみかんの木を 見せてもらった。

 でも、このキチュラン寺で、ちょっといやなものを見てしまった。ブータンでは、 参拝者は日本のお賽銭と同じく少額の寄付をするのであるが、ここの寺では、よく見えるところに、 ドル札とかバーツ札、その他いくつかの外貨のお札が、いかにも目に付くように置いてあるのである。 しかも、そこそこ高額の紙幣も混ざっている。しかし、私は10NU札を一枚だけお賽銭に置いた。 ガイドによると、お賽銭は5NUから10NUぐらいが普通らしい。すると、住職がするすると寄って来て、 私がいくらのお札を置いたのか、わざわざ手にとって確かめていた。チェッ、とまでは言わなかったが、 住職の、何だこれだけかと言いたげな表情と、仏像の前にこれ見よがしに並べられた外貨の札を見ると、 私が置いたお賽銭は住職にとっては期待はずれで あっただろう。一種の「観光公害」がすでにブータンで始まりかけているのを 見た

キチュラン寺に参拝に訪れた地元の人たち。

 観光コースの最後の最後は、パロ市内の観光である。今まで何度も市内を通過していたが、まだ、 昼食と今朝の銀行と郵便局以外に市内を歩いていなかった。ここでしばらく自由散策。まず、お土産屋 でお土産を少し買う。それからまた市内を少し歩く。市内にはブータン人用の食堂兼ホテルが多数ある が、そのうちの一つに入ってみた。すると、何と、我々の運転手のケザンさんがそのでお茶を飲んでいた。 ここの経営者は、ケザンさんの友人という。それで、ブータン人用のホテルも頼み込んで見せてもらった。 1階がレストランで、急な階段を登って、2階がホテルになっている。1ベッド110NU(約260円)だが、 貧しい人の場合は半額にしてあげるということであった。トイレはあるが、シャワーはない。 決してきれいなホテルではないが、一般のブータン人の生活を垣間見た感じがした。

パロ市内のレストラン兼ホテルにて。

 夜は、この旅行会社と契約している農家にお邪魔して、夕食をいただくことになっていた。 一度ホテルに戻り、しばし休憩。それから、その農家に出かけて行った。夕食だけでなく、 ドツォと呼ばれる、石焼風呂もお願いしてあった。これは、焚き火で 焼いた石を、風呂の一方に投入してお湯を温める方式の、ブータンの伝統的なお風呂である。

 我々が到着したときには、すでに焚き火を起こして、石を焼いてくれていた。準備ができるまで、 応接間に通されて、バター茶(塩辛かった!)をいただきながら待つ。その間、この家の5歳の 女の子が、ダンスをしながら歌を歌って見せてくれた。

 さてさて、つにいドツォの準備完了。庭にある小屋の中にドツォがある。その横で石を焼いて いる。もう湯船にお湯が張られ、いくつか石を入れて湯を温めてくれていた。それで私は服を脱いで、 早速お風呂。うーん、なかなかいい湯じゃ。湯温が下がってくると、石を追加してくれる。上がる 前には、湯冷めしないように、5、6個の焼け石を入れてもらう。もう、最高!

焚き火で石を焼いて、石焼風呂ドツォの準備。

焼いた石を湯船の端に入れて、お湯を沸かす。

ドツォに入ってにっこりの私。湯気が写っていないので寒そうに見えますが、実際はいい湯ポカポカ。

 お風呂から出ると、夕食ができていた。ブータン式で、家族みんなで床に座って食べる。いずれも ブータンの伝統料理。ヌエシャ・パというのが牛肉と唐辛子の料理、ケウォダチというのがジャガイモ と唐辛子の料理、ゴンドマルというのが、卵と唐辛子の料理。どれも唐辛子をふんだんに使った辛い料理である が、辛味を抑えてくれていたようである(生の唐辛子の代わりに湯通しした唐辛子を使うと辛くなくなるので、 外国人に出すときはそうするらしい)。昨日の激辛料理並みの辛さを覚悟していたが、それほど辛くなく、 美味しくいただくことができた。あと、アラと呼ばれる、米と小麦から作ったお酒。私は飲酒をしない ので、一口だけだが、酒好きの運転手はガブガブ飲んでいた。帰りの運転は大丈夫かいな??

 夕食はツアー料金に含まれているが、ドツォは別料金なので、ドツォ代300NUをこの家族に渡して、 農家を後にした。ドツォも経験できて、また、ブータンの庶民と同じ食事も食べられて、もう大満足。

農家で出してもらった夕食。左から、ヌエシャ・パ(牛肉と唐辛子の料理)、ケウォダチ(ジャガイモ と唐辛子の料理)、ゴンドマル(卵と唐辛子の料理)。下は、古代米と同じ種類と言われるブータン米のご飯。


  


    ページ目へ


旅行記一覧へ 


トップページへ